So-net無料ブログ作成
検索選択

西伊豆またひとつ失い、、、葉山出船。 葉山船外機 2017/05/21 [ボート釣行記]

今回は、20日土曜日に西伊豆A港の予定でした。先日かなり美味かったショゴカンパチやイサキ、そしてホウキハタを狙うつもり・・・

前日にA港ボート屋の若旦那に予約確認の電話を入れると、若旦那の親父さんの具合がかなり悪くしばらくボートは休業するとのこと。

これでまたもう一つの西伊豆一手を失いました・・・。

それで今回も、21日(日)に葉山船外機にて出ました。

しかしここのところ葉山は予報が危うい。西伊豆なら最近は凪多く、またシケてもすぐ避難できます。

そんな西伊豆感覚になっているので、葉山が少し恐くて・・・。

それでも最近の葉山の南の吹き出しがパターン化しているので、今日は10時戻りを目安に、このところ全然できなかったポイント遠征してみます。

その往き道、ジギングにてベイトの反応に合わせると、かなり強い引きのものが掛かりました。

この強い引きで水面に出てきたのはドデカシーバス。

先日の90cm弱のサワラと同じように網に入らず、モタついているところ尾から入ってしまい、エラ洗いを食らい無念のバラし。

というか、デカ過ぎで、少なくとも自分の土産にはなりませんでしたが(笑)。

そこから少し移動し、これまたジギング予想外のムシガレイ35cm。腹には10cmくらいのイワシが入ってました。
DSC_0317.JPG

その他にはエソ様ちょくちょく。

良好なベイト反応も、遠征先のポイントに近づくにつれ薄くなってきて、何の魚も掛からなくなりましたが、事前にそこを起点にし机上のPC海図で見当つけた方面へむけると鳥が少し多く飛んでいました。

近づくとベイト反応も今日一。時折、イワシがピチャピチャやってます。

雰囲気あり。水深は30m少し。

しかし、トップやジグをキャストしたりバーチカルで攻めてみますが、、、

この反応でダメなのか??

何かアオモン以外の魚がイワシを追っているのか??

諦め気味で、バーチカルジギングでのスロージャークで粘っていると、8時少し前、ようやくガツンときました。

かなりの重量感で強烈な首ふり、真下への突っ込み、ヒラマサきた?

しかしスタミナ切れしてきた?

まさかマダイ?

83cm 6.6kgでした。
DSC_0320.JPG

しかし、大ダイをジギングで水深30m、ドラグ固めでの綱引きは非常に楽しいものでした。

タックルはグラップラーBB B632、オシアコンクエスト301HG、PE1.2、リーダー6号。

ジグはtgベイト80g。

tgベイトはただ巻きとはよく言われますが、ただ巻きでマダイやるんだったらタイラバのほうが断然おもしろい気がします。

今年の私のジギングマダイは全てtgベイトでのスロージャークです。それでも、ただ巻きで釣れるというのは大きなヒントになります。

この場所でさらに粘れば何かきそうな雰囲気ながら、そろそろ9時を回りましたので南風警戒で戻ることに。

急な風が吹いてもなんとか帰港できるところで11時まで粘るも、ホウボウ 45cmで終了。

天候的にはもう少しできそうでしたが、日曜なので12時前に早上がりしました。

【今日の釣果】
ムシガレイ 1 (35cm)
マダイ 1(83cm 6.6kg)
ホウボウ 1(45cm)
エソ様 数匹
DSC_0327.JPG

マダイ釣りはここまでやってようやく終了です。
DSC_0328.JPG

さて大ダイですが、まずは当日刺身にて味見。わりと身がしっかりしていて、脂も乗っていたのでけっこう美味いです。これなら寝かせの握りで間違いなし。また火をいれる料理は大体いけますが、特に、たっぷりのアラで取った出汁での鯛茶漬けは最高です。

あとは粕漬けを仕込み、自宅はもちろん、これを楽しみにしている人たちに配布します。

人に魚を上げたとき、次回会ったときに「美味しかったです」と言われるのと、食べてすぐ電話をしてきて、「美味しいいい~です」というパターンがありますが、私の粕漬けは後者です(笑) 魚嫌いの妹も喜びます。

ムシガレイは半身を刺身にしてみましたが、これも甘くて美味い。残り半身は定番の塩焼きにします。

デカホウボウは、大海荘さんへ。

葉山も素敵な海ですが、釣れても釣れなくても、サラ・オレイン様の曲を楽しむ時間が少ないのだけがデメリットです。


ひとまずコーサン 葉山船外機 2017/05/13 [ボート釣行記]

今週末は日曜日ではなく、予報の悪い13日(土曜)に葉山から出船しました。

今回も講釈なし、そして土産どころか何のGETもなしで終わりました。

完ボウ長官です。

トピックだけ、

・朝、葉山に着いたときはもう日が昇っていましたが、おそらく日の出以前からでしょう、一色沖は、これまでみたことないような漁業作業船が沢山・・・

まあ今日はそこまでいけないから関係なかったですが、夜のうちからか、あるいはかなり朝早い時間から作業してますね。

・予報が南強風で、できてもおそらく朝10時までと踏んでいましたが、結局、危険もなく午後までできてしまいました。ただ、予報が予報だけに、50mポイントすら行く気にはならず、1日近場の浅場(30m以浅)中心でした。

・浅場のベイト反応が凄い。確かに何かいそう。手を考えて準備すればおもしろそう。

・Tシャツにカッパだけで、1日雨の中、釣りしたため、体温がかなり下がり、帰りの車でヒーター最高温度にしても寒かった(笑)。


ここにきて思うのは、

釣りって、魚が掛かったらおもしろいだろうな~ということ。

ワクワクしてきました(笑)。

そろそろ旬のイサキジギングを形にしたいです。


GW締め釣行! 葉山船外機 2017/05/07 [ボート釣行記]

GWラストの7日(日)に、締めの釣行しました。

タイラバ・インチク持込なし、スピニングジギングで。

午前中で南西風予報なのでポイント遠征なし。

結果は、講釈なしの土産フリーで終わりました!

【釣果】
サバ 1
トラフグ 1
※全リリース。

相変わらずデカいトラフグでした。
DSC_0311.JPG

こんなんでしたが午前の南西風予報も遅れ、午後少し過ぎまでできましたので満足です。

またスピニングで1日しゃくり続けましたが体調もすこぶる好調。

あとは機を待つだけ。

まだ早いですが、スマガツオにヒラソウダが待ち遠しい。


さて、先日のショゴですが、わざわざ書きたいほど、かなり美味かったです。昨年の秋ショゴには無かった味でした。

実はイケスでご臨終させてしまっていたのですが、全然問題なかったですね。

むしろそれで余計美味くなったということはないとは思いますが(笑)。


西伊豆B港カムバックも紅海か! 西伊豆船外機 2017/05/03 [ボート釣行記]

ようやく兼ねてより私にボートを貸してくれると言ってくれていた西伊豆B港の地元の方のボートで出船させてもらう準備ができました。

前日連絡をすると、「ガソリン入れておくから、使ってください」と。ありがとうございます。

私「日の出から出船させてもらいたいので勝手に出船していいですか?」

地元の方「いいよ、最初だから私も朝行くよ」と。本当にありがとうございます。


さて、GW真っ只中で一人で素泊りできるところはありませんので、前日は久しぶりに車中泊にしました。

夜7時に家を出たら交通渋滞もなく、全て順調。

西伊豆C港にて車中泊し、朝5時に港に着きます。

ボートは14フィートくらい、15馬力船です。

一連の係留の仕方を説明いただき、今日のプランとして「一度、昼に上がってガソリンを買いにいきますので」と伝えると、

「いいよ、いいよ、そんなもったいない、1日遊んでなよ」と、ありがとうございます。

ありがたい気持ち一杯で、5時に出航!

またこの港に戻ることができました!!!

しかし、

海の様子が・・・

ここはどこ?
DSC_0288.JPG

紅海か?(本物の紅海は透き通っているそうですが。)

走っている船を見ると、船尾から火を噴いているようなオレンジのラインが出ています。かなり酷い赤潮です。

赤くないところでも、クラドがかなり浮遊していて汚れています。

このクラドにしてもラインにまとわりつかないクラドで、何か違います。

イワシの反応もなし。


釣れるわけがない。


何の魚の反応も感じられません。

苦し紛れに隣のA港湾内に入ってみますと、浅場に小さなイワシが時折ボイルしています。

100gジグをキャストすると、即掛かりました。

丸々としたイナダでした。

ただこれが最初の獲物なので、キープする気も起らずリリース。

また外海に出て、湾口すぐのところの水深14mくらいの浅場でベイト反応。

スピニングで100gジグを落としてシャクってくると、中層でいきなりガツンと!

ドラグを締めこんでいますのでけっこう引っぱってくれます。

ショゴ47cmでした。この時期でもいるのか。
DSC_0291.JPG

土産としてもGood!

なら、先のイナダもキープしておけばよかった・・・。

浅場でいけるなら、同じく美味いイサキジギングを。

ダメ。

富士山と紅海のコントラストが美し・・・くない。 怖い。
DSC_0292.JPG

昼前には漁師さんも全くいなくなり、GWなのにほとんど他の釣りするボートなし。

イワシがいないし一面紅海状態ならインチク巻き通ししかないでしょうと、インチクで粘ることを決意。

困ったときのタイラバは今回持込なし。

13時すぎにミズフグ氏出現。

まあ西伊豆のフグは大人しいからとタカをくくりますが、毎フォールでコツコツ感じ、かなりいるようです。。。

グリーンゴールドインチクがボロボロにされましたので早々にリタイア。

イカパターンであれば効果抜群のクリームグローの100gインチクで攻めてみます。

この頃には南風が強くなってきて、潮もかなり速くなってきました。

投入したインチクはあっと言う間に、150~160mくらいラインを出されます。

ただインチクが横姿勢で泳ぐようになるので、これはいいぞ!と。

すると何かグンと当たりました。

これを誘うべくさらにライン出ししながら着底させていきますが、もしかすると200m近く出ていたかもしれません。

するといきなりクン、グ~ンと持っていかれました。大量ライン出しと速潮でかなりの重量感でした。

水面に出てきたのは60cmくらいの真っ赤な美ダイ。やはりイワシがいないからイワシ真鯛ではなくエビカニ真鯛でしょうか。

脇にあるネットを手にとろうと少し魚を水面から吊るし、マダイだからと油断してしまいました・・・。

ネットを魚に差し出した瞬間に、フックアウト・・・

慌てて掬いますが、逃げられました。。。

この真鯛は100m水深のマダイなのに、底から水面まで突っ込み続ける元気なマダイでした。こういうのは経験上かなり美味いんですが・・・。

イワシ真鯛は脂の乗りがいいですが、エビカニ真鯛は身の旨みが多いそうです。

残念・・・。

インチクは遊動式のタイラバよりかなりバラしやすいですし、ジギングに合わせてドラグも強めにしていますので身切れも多くなります。今後の課題です。

まだ続くと信じ、150mオーバーのライン出しを喜んで巻き通しますが、それが1瞬の時合でした。

途中、カンコさんが釣れました。と思いきや、斑点の縁取りも淡く、胸鰭軟条数が17だったんでカサゴですね。
DSC_0295.JPG

南風が強くなり、あっと言う間に距離流されましたが、さすが15馬力船、風も波も上がる中での流し直しも、私の借りているどのボートよりもスピードを出して楽に戻せました。

今回バラしたマダイも海況悪い中で大きく戻した1投目でした。

やはりボート性能は釣果に大きく関わりますね。バラしたのは完全に腕の問題ですが(笑)

終了。

やや強い南風であんなにあった赤潮も消えましたが、押し流されて岸にきてました。
DSC_0299.JPG

今日のインチクです。
DSC_0296.JPG

紅海、クラド状態に、これまでの西伊豆ではほとんどいなかったフグにも邪魔をされ、かなり厳しい釣りでしたが、久しぶりにB港出船でき嬉しかったです。

この日、乗合船もマダイ狙いをしていましたが、マダイは船中ゼロだったようです。

【釣果】
DSC_0301.JPG
イナダ 1 ※リリース
ショゴ 1(47cm)
カサゴ 1(33cm)
ミズフグ氏

前日車中泊で睡眠約3時間強、80~150gジグ・インチクを、速潮でラインだし150m以上で1日シャクリ、巻き通しましたので帰りが心配でしたが、当然、GW中なので泊まれるところなどなし。

いつもより設備の大きい温泉施設に寄り、そこにあるジャグジーで身体をマッサージ、炭酸風呂とか死海風呂などのお陰か、それほどの疲労感なし。

さて残りの休日、土・日はダメそうですね。

これで連休の釣りはお開きになりそうです。

タグ:カンパチ

GW第一釣行 葉山船外機 2017/04/30 [ボート釣行記]

GWといっても29、30日の土日の週末となんら変わりませんが、中2日の平日は静かなので、休日気分で仕事できます。

まずは、4/30(日)に葉山にて釣行しました。

予報では、午前から南風が強くなる予報なので、早朝だけでもと迷いましたが南のジギングポイントは断念しておきます。

それでも最近、イワシが入っているということでしたので、ジギングにて真鯛、アマダイ狙いで。


とことんダメでした。予報どおり南風も強くなってきたので午前で終了。


終わり間際に、カナガシラ、そしてジグ1つに2尾の大サバダブル(43、45cm)。

サバも1尾だけでしたらリリースしていたでしょう。

サバすら連荘しないので、お慰めのダブルでした。ありがとうございます。

今回実験で、首折りだけで内臓は出さずに持ち帰り。

もちろん自宅で厳正なアニサチェックをしましたが1尾もいませんでした。

これも2尾しかないからできる技でしょう(笑)。

見た目そんなには太ってはいませんでしたが痩せてもいないマサバで、締め鯖は身割れなくハリのある身でけっこういけた感じ。

残り1尾は、近海サバでは一番美味いと思う塩サバで。

温度管理と鮮度がかなり重要になってきますが、できるだけ元の姿で持ち帰るのが一番美味いのかもしれません。

【今日の釣果】
サバ 2
カナガシラ 1

ジギングでのあの手この手を尽くしましたので、GW第一釣行からヘトヘトになってます(笑)。

いろいろ悩む西伊豆A港 西伊豆船外機 2017/04/22 [ボート釣行記]

どうも西伊豆B港ボート屋さんが無くなってから、今更ながらその距離を感じる今日この頃ですが、先週に引き続き西伊豆A港にて出船。

前日はやはりホテル泊。

日の出時間もかなり早くなったので、西伊豆にいながら3時起床。

5時にボート乗り場に着。

B港ボート屋の若旦那を起こすべく電話をします。

しかし・・・でません。

鳴らしっぱなしで10回以上電話しましたが、全くでません。こっちも何かあったのか?

今日も「陸っぱり占有アオリ師」がいましたが、彼が言うには「爆睡してますよ、先日もそうだったから」と。

こちらは日の出の朝マズメアオリを狙って、わざわざ3時起きしているのに・・・

釣り師にとって早起きを無駄にされることほどイラつくものはありません。

しかし、どんなことがあろうがイラつく波動は全て自分に返ってくるので、ここは諦め、陸っぱり占有師との雑談で楽しみます(笑)。

その雑談中、別のお客さんが何度か電話してようやく起きてきました。

5時には出るつもりが6時出船。

時間を削られたので、朝アオリはジギングポイントへの往き道アオリ程度にしておきます。

今日は完全無風で、シャロー、超タイトポイント日和だったんですが。。。

ここの超タイトポイントは、陸側のキャストポイント30cm外すだけで数mの水深が違うところも多々あります。目測を誤ってキャストすると根掛かりで釣りになりません。

まずは、過去、日の出時間であれば、キロオーバー1杯は取れる私しかやらない超タイトポイントから。

いつもとは90°違う地点からキャストしてみます。

ダメ。若旦那遅せえよ!(笑)。

ふと穂先を見ると、木の枝のゴミが絡んでいるので取ろうと。
DSC_0259.JPG

ウワァァアアア、木の枝じゃなくて折れた穂先じゃん・・・故M師から授かったメモリアルロッドなのに。。。

もう1本シマノのティップランロッド―セフィアを用意してますが、今回こちらは真鯛ジギング用でPE0.8。風がないから大丈夫そうですが、ピンポイトかつ軽いエギを操るには太くても0.6でないと・・・。

まあティップランからキャストまでアオリ釣りは手首のクッションでやりますので、折れた故M氏のロッドで続行します。

そもそもこの故M氏のロッドもティップラン用ですが、これまでキャスト利用ばかりですし、シマノのセフィアはもっと多くキャストで使い、それだけでなくキャスティング鯛ラバでもジギングでも多用してます。そういえば本カツオを上げたのもこのセフィアで、PE0.6&リーダー2.5号、完全のエギングタックルでした。

気を取り直し、折れた穂先は綺麗に第2ガイドで折れていたので、そのまま穂先をラインから取り外し再チャレンジ。

鉄板ポイントはスカりましたので、その場所から方角を変え、過去春の小アオリしか釣ったことのない方面へキャスト。

超タイトポイントは根もきついので、絶対着底はさせられません。上からの誘いです。

底から1m目安のカウントで、2回目のソフトジャーク、再度フリーフォールか食わせのステイのつもりが、このソフトジャーク開始のタイミングで根掛かり?

穂先を見ると、グイングインしてます。

1.5kgアオリでした。
DSC_0256.JPG

写真のイケス内にイワシも沢山映っていますね、前のお客さんがイケスに残していったものか?

これだけの恵みがあるので、今日は泳がせでヒラメでも釣りましょうか!?

その後、ジギングへの往き道のアオリ実績ポイントを攻めてゆきましたが、全く気配、アタリなしでアオリ終了。

ジギング開始です。

イワシの反応がよく何かいい感じですが、逆にベイトのほうが多い感じで平和的な魚探反応です。

そんな中、9時過ぎに何か掛かりました。

重いだけ、そして水深10mくらいでブルブルと暴れました。

大したブルブルではないので、これは40cm弱のオニ様だなと。

ところが水面には期待したオレンジ色ではなく茶色?

53cmのヒラメでした。
DSC_0262.JPG

しばらくして、水深90mくらいなのに魚探水深が19mになる鬼ベイト反応。

PE1.2号&リーダー6号のベイトジギングのほうはインチクを付けていたのと、PE0.8号&リーダー3号のセフィアのスピニングのほうはマダイジギング用で60gジグを付けていたので、即座にセフィアのほうを投入。

水深10mくらいで何かに掴まれた感触。

ガンとして動かない重量感で根掛かりのようでしたが「これは泳ぎだすぞ~」と覚悟して追い合わせと巻き上げ。

すると、

ギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュル~~~~

ギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュル~~~~

ギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュル~~~~

と真下へノンストップで突っ込み初めました。。。

これまで何度か80cm級の大型アオモンをPE0.8で上げてきましたが・・・今回だけは正直ビビリました(笑)。

当然、ただ走らせるとそのまま走りますので、スプールを軽く手で押さえ出来る範囲で何度もブレーキ負荷を掛けましたが関係なくガンガン潜っていきます。

水深10mから90mですから、一気に80m引き出されました。

底に着いたのかようやく止まったと思ってからしばらくして、引っ張る間もなく、

プツン・・・。

PEではなく、リーダーがジグから50cm~1mくらいで切れてました。根があるところなので底で切られたと思います。

リーダー切られたからとはいえ間違いなくサワラではないですね。真下に潜っていきましたし、先日大型サワラ釣ってますから重量とパワーがまるで違います。

悔しいという気持ちはまるでなし。これは細PEでは無理でしょうという清々しい気持ちでした(笑)。あとこんなんいるんだ~という希望(笑)。

その後は、

10:20にジギングにて56cmマダイ
DSC_0263.JPG

10:45にインチクにて63cmマダイ
DSC_0265.JPG

両方ともルアーカラーはグリーンゴールドでした。

ジギングマダイのほうは、底からのジャークからややスピード巻きでガツガツとくるも掛からずでしたが、アオモンだと思ったのでまたスピードタダ巻きさせると追い食いしてきて掛かりました。完全にアオモン的でしたね(笑)。

インチクは、タダマキからガツガツっときたので、そのまま合わせず巻き誘いで掛かりました。タイラバテクでした。

この約20分の時合が過ぎるとかなり厳しい低活性に。

主にインチクでホウキハタ狙いをしますが、魚の活性なし。

ようやく11時にインチクにてオニカサゴ(フサ)。待望のオニ様も小さ目なのでリリース。
DSC_0267.JPG

魚の活性もなく、南風が強くなったのでインチク・ジギング終了。

帰り道アオリも、風が強くなり全然ダメ。

終了しました。

結局、イケスに入っていたイワシは全然使わず。それなのに帰る頃には1尾になっていました。

あんなにいたイワシを、イケスのアオリやヒラメが食べたようには思えないので、どこか逃げ穴があったのでしょうか。

そういえば前もここのボートでそんなことがあったので思ったのですが、もしかして係留しているときにその穴から入ってきたとか?

【今日の釣果】
アオリ 1(1.5kg)
ヒラメ 1(53cm)
マダイ 2(56cm、63cm)
オニカサゴ1(小・リリース)
エソ様、ヒメ様 各数匹
DSC_0258.JPG
DSC_0270.JPG

私のマダイもほんの20分くらいの時合チャンスだけでしたが、他のお客さん(西伊豆ジギンガー先輩)は2人で30cm台のマダイ2尾だけだったそう。近くで見たときお一人はあまりの低活性なのか寝てましたが(笑)。

この西伊豆ジギンガー先輩は、以前、自作タイラバを見せてくれた方なのでマダイはタイラバで釣ったのではないでしょうか。

陸っぱり占有アオリ師は1.5kgを頭に4杯だったそう。泳がせだと思います。エサはいつもその場で釣れるネンブツやハゼなど使ってます。アジなんて使ってませんね。ポイントにいる魚だからいいのだとか。

ただ、この人は昨年も、前回も、今回も、私が来たとき帰るとき、いつもずっといますから、一体どれだけここにいるのか? ここに住んでいるのか(笑) 湘南ナンバーの方です。

本当にいい人で、ボート屋の関係者でもなんでもないのにボートのちょっとした準備とかけっこう手伝ってくれます。

それにしてもやはり思うのは、先日ご主人の亡くなられたB港がいかに快適だったかよく実感しました。

西伊豆2泊1時間の旅 西伊豆船外機 2016/04/15 [ボート釣行記]

15日(土)は、葉山も西伊豆もシケ予報。

この機会に、私にボートを貸すと言ってくれる西伊豆の人に挨拶に行くことにしました。

釣りは南西シケでもA港湾内はできそうなので、X連荘の軽いやつ、土曜日夕方と日曜日早朝だけのパターンでいくかも? 現地で決めることにしました。

それで西伊豆の「夢見のいい」ほうのホテルで金・土で2泊予約しました。

土曜日は、朝10時に地元の人と、今は無いボート屋さんの前で待ち合わせ。

ボート屋さんは完全に戸締りされてました。どうもお母さんも具合が悪く入院しているとか・・・。もう言葉もありません。

まだボートはありました・・・
DSC_0242.JPG

地元の人に会い、ボートの説明を簡単にしてもらい、いつでも自由に使ってくれとのこと、嬉しいです。

その後、花見!
DSC_0233.JPG
DSC_0234.JPG
DSC_0240.JPG

まばらなのは鳥が食べ排泄した種から発芽したサクラとか
DSC_0236.JPG

時間がたっぷりあるので、いつも私が釣りしているところが見られる展望台へ。けっこう丸見えなんですね(笑)。

乗合船を見てると波でかなりバッタンバッタンしてました。

そしてまた元の港に戻り、散歩がてら藻場調査。

アオリ乗っ込み期、暗いうちは、陸からのサーフでもいけそうだなあと、こんな感じで写真も撮っておきます。この写真の上部中央あたりによく小魚がたまっているのを昨年把握しています。
DSC_0238.JPG

次に、A港へ。

もう既に展望台の上り下りや散歩でクタクタで、車で一寝入り。

これで釣りする気持ちが一気に失せました(笑)。

一応、行くかもしれないことをA港のボート屋若旦那に伝えてましたので電話しておきます。

私(港にいながらわざとらしく)「今日は風でだめですねえ~」
若旦那「こっちは止んでるよ、今日来るんでしょ?」
私「今、行きます・・・」
というような流れで出ることになってしまいました・・・。

16:30頃、ボート置き場に着くと、やはり今年も陸っパリ占有アオリ師がいました(笑)。

全然釣れてないようなので、今回はシャロー省略。

いくつかあるブレイクの15~28m攻めのプランにします。

半分やる気ないというか翌朝期待のため、タックルはエギング1本だけ、クーラーも乗せませんでした。

まずはティップランから開始も、アタリも水流気配もなし。

風も無くなってエギも真下状態なのでティップランプラスで攻めますが同じく気配なし。

陸から見てたときに湾内に鳥山ができていたのと、ベイト反応が凄かったので、アオリタックルでエギをジグに変更。

しかし、ジギングでも何も当たらず。

いかにも食いそうな反応なんですが、手持ちがないので他のジギング一手もできず、アオリに戻します。

昨年は全然ダメだった、かつてのアオリA級ポイントへ大きく移動。

ボートが流れないのと水深18mくらいに来たので、これもかつての私のエースエギ、2秒/1m沈下のディープタイプ、オリーブマーブル4号でキャストエギング。

着底から軽いソフトジャークのステイで、バンと叩かれるような1発アタリ。

魚の可能性もあるが・・・

ここはより丁寧に着底からソフトジャーク3回でステイ。

すると穂先が小さくクインクインしました。合わせ1発!

乗りました。

アオリのような? 魚のような?

アオリだなと確信。ドラグを鳴らし走りましたが600g級か?

にしては中層から上層まで上げてくるたびにドラグを鳴らして突っ込み、なかなか上がってきません。

デカイのか???

ようやく水面に出てきましたが、やはりデカそう。800g~1キロぐらい?

タモ入れキツ~。

水面でもネットを見るたび何度も突っ込みますので、疲れ果てるマダイとは違い苦労します。

かつて葉山で2キロサイズを水面でバラした悪夢が蘇り、掛かりどころをきっちり確認。OK!

なんとかタモ入れ成功。キロオーバーは確実のガタイでした。
DSC_0245.JPG

このボートにはイケスがないので、こんな状態で保管。へたすると沖干し(笑)になってしまうので終了。
DSC_0249.JPG

17:30頃に上がり、約1時間の釣りでした。

陸に戻ると、陸っパリアオリ師が、「デカいね~2キロ半はあるね~」と。

内心で、「そんな無いだろう~」

これで一仕事終わった感があったので、翌朝出船はなしで。

キャンセルというか、夕方、朝込みで1日分払ってますので問題ないのですが、1時間でこの金額(笑)。当然ですが。満足ですし。

それより、出船前、翌朝のことを確認したら、若旦那「他に予約あるかないか、帰って確認するら~たぶん大丈夫ら~」とか。

おいおい、たぶんじゃあないでしょうが(笑)。

ホテルに帰って温泉でまったり、レジャー気分に浸ることにしました。

翌朝は、朝5時過ぎにチェックアウトし、8時少し過ぎに帰宅。

帰宅の早朝道中はドライブ花見に、サラ・オレイン様三昧。サラ様の声は、普通に聞かす声の背景に心地よくなるいくつかの声が同時に出てますね~。

ニュー・アルバムも最高! そこで思うのはやはりサイン会を逃した大後悔と、これらの曲を生で聞けたのかと思うと・・・。


【今日の釣果】
アオリ 1(2.4kg)
DSC_0252.JPG

さすが陸っぱり占有アオリ師!長年のアオリ経験者ですね。アオリを遠目でその重量をほぼ当てました。重量は家で計測しました。少し沖干し状態?(笑)でしたので、船上で即測れば2.5、2.6kくらいはあったかもしれませんね。

DSC_0250.JPG

ただ、船上での計測は、よほどの凪でないと波が上がってきてる状態で安定するのでそれが本当の重量ではないでしょう。陸計測とけっこう変わるんじゃあないでしょうか。

写真のスケールも「WeiHeng」ですが(笑)、水の重量で合わせてみてますがかなり正確です。

まあ今年の2キロオーバーは昨年の状況からすればボーナスアオリですね(笑)。昨年全然釣れなかった旧A級ポイント復活からも窺えます。

次回は、美味い根魚を獲りたいですね。あとマダイもまだまだ美味いでしょうね。

タグ:アオリ

西伊豆は縁遠く、、、葉山船外機 2017/04/02 [ボート釣行記]

今回は4月1日(土)に西伊豆A港予定でした。超絶美味のホウキハタを狙おうかと。

ところが、前日夕方から夜にかけ箱根や伊豆の峠に雪・・・

もう4月ですよ・・・仕方なくキャンセル。

葉山の土曜日も北風強風でしたので、日曜日出船となりました。

タックルはいろいろ迷いました。

サワラはまだまだジギングでチャンスがありそう。

ということはリーダー6号で狙ったらダメだなと、50lbリーダーでキャストもバーチカルもできるようなスピニングジギングタックルを用意。

その他のタックルは、ベイトジギング、スピニングタイラバ、そしてそろそろとアオリタックルも準備。
DSC_0169.JPG

予報は日曜も北風強しになってしまいました。

これでは恐らく、鶴丸さんに案内してもらったサワラポイントへは厳しいでしょう。

そういえば昨年、イナダや、サゴシを釣ったりリーダーを切られた反応濃いポイントではダメなんだろうか?そこならもう少し近いし、と頭にいれておきます。


朝、浜では風はそれほどではなかったのですが、沖に出てみるとどんどん強くなり、波も高くなっていました。

まずは久しぶりに往き道アオリから。流石にまだティップランでやります。

3投目くらいで、竿先固定アタリ・・・波などで多少揺れる穂先が不自然に安定・・・で合わせ乗りました。

600gアオリでした。
DSC_0161.JPG

その後、すぐ数投目で根掛かり高切れでアオリ終了。

ジギング開始します。

しばらくしてガツンとくるアタリがあるも乗らず。

水温も下がったようで、アタリはあれども食いが浅いようです。

すると今日も鶴丸さんが寄ってくれました。というよりサワラポイントまで行こうとしたものの風強く、波があるので断念した帰りだそうです。

しばらくマダイ狙いのジギングを続けます。

鶴丸さんがどこかに見えなくなったときに、若干、風が弱まりました。

風に流されたか、魚探の海図を見ると、昨年のサゴシポイントも近くなっています。

まだ嫌な波ですが、近いので行ってみましょうか。

そのポイントのやや手前に潮面が違う(ように見えた?)ポイントでジギング。

オシアコンクエスト、PE1.2号 & 6号リーダータックルでした。

着底から、軽くポ~ンポ~ンポ~ンとシャクっていると、何かが掴んだようなアタリで合わせます。

乗りました。

デカいのは間違いない手応えですが、ブリほどのパワーなし。

時折、食い上げなのかフワッとなりバラしたか?と思うような感触とともに、オシアコンクエストのドラグもやや鳴らします。

これはサゴシだな。

上げてくると・・・水面にフワ~~~っと魚体が、

ドデけえ!!!

ショゴカンパチはその強烈な引きから、水面に出てきた魚体に「小せえ~?!」と驚きますが、その真反対(笑)。

引きから予想していた大きさよりはるかにデカイのに驚きました(笑)。

ブリが入ったネットでも、どうしても入りきりません。

ネットを置き、フィッシュグリップで掴んでハンドランディング!

サワラ87cm―3.6kgでした。
DSC_0163.JPG

40Lクーラーも・・・2Lペットボトルも・・・
DSC_0164.JPG

今季の寒サワラは半ば諦めてましたが、なんとか釣れてくれました。

リアフックが完全に食いちぎられていましたので、リアにつけていたタコベイトに食いつき、ファイト中にフロントフックがのど元に刺さったのか?が幸でした。次は無いでしょう(笑)

アオリもあるし土産はこれ1尾だけで十分ですから、また出船海域に戻りアマダイかマダイを狙います。

鶴丸さんにも報告したいのですが見当たりません・・・。

一度、アマダイジギングの(私の)セオリー、高速巻き上げ・シャクリ後の着底&ただ巻きでガツンときて、間違いなく良型アマダイが掛かりましたがバレました。

その後、かなり近くで浮かんで流す人が。

ボートがプカプカなのと、斜め後ろでよく見えず、最初は鶴丸さんかと思いました。

にしては全く話しかけてこないなあ?

よく見ると、船体にBlueBell、ともじさんではないですか(笑)リアルでは数年前の飲み会以来、久しぶりにお会いしました。

流石、いぶし銀のタイラバ師、この渋い中で小型ながらもマダイ、その他の魚を上げたそうです。

今のマダイはかなり美味いので。私も小・中型マダイが欲しいところ。

少し浅めに移しジギングでマハタ33cmが来ました。
DSC_0165.JPG

しばらく小移動をしながら、ようやくスピニングタイラバでアマダイ36cm。
DSC_0168.JPG

日曜日なのと土産十分なので12時に終了、上がりました。

ボートの荷物を片付けていると、地元の漁師さんが大海荘の女将さんに渡した何袋かのワカメのうち、そのまま1袋いただきました。けっこう大量!これは嬉しい土産です。


【今日の釣果】
アオリ 1(600g)
サワラ 1(87cm-3.6kg)※血抜き後自宅計測
アマダイ1(36cm)
マハタ 1(33cm)
エソ様 2

バラクーダーかっ! 台所でさらにデカく感じ驚く(笑) 
DSC_0174.JPG

陸上がり後は、大海荘さんでも道具を綺麗に水洗いできます。

今日は早上りしたのでのんびり洗っていたら、小さなお客さんがやってきました。

近所の小2の女の子です。これまで何度も私が釣った大きな魚を見せてあげているので少しは顔見知りなんですが、今日はやけにお話をしてくれました(笑)。

「今度アイススケートがあるから不安なの、でもローラーブレードができるから5分でできるようになるわ」
「私は世界で一番お姉ちゃんが嫌いなの」
「お姉ちゃんはねえ、部活で凄い人なの」(本当はお姉ちゃんを尊敬してて大好きなんでしょうね)
「パパは葉山で2番目にタコ採りが上手いのにタコは食べないの」
「パパはワカメが嫌いなのにワカメを採ってくるの」(パパの話が多いのでパパが大好きなのは間違いないですね)
などなど。

今日この頃の小さな乙女の悩みを数々打ち明けてくれました。(笑) おもしろくてかわいい。

この時間には日差しも暖かく、安らぐひと時でした。


来週末、金・土・日と関係先企業の招待旅行で九州へ。確か博多~湯布院~大分のコースです。

釣りでも平日釣行は控えているのに、金曜日の朝からとは・・・まあ移動しながら何も考えず飲んで食うだけなので、まったりしてきます。

とうとうきた残念な知らせ [訃報]

今週は、土曜日が私用と仕事、日曜日は悪天候のため釣行は中止しました。


土曜日の夜、西伊豆の地元の方から電話がありました。

先日来、体調を崩していた西伊豆のボート屋のご主人、亡くなられたそうです。

心よりご冥福をお祈りいたします。


先月2/26に、予約もないのに西伊豆のボート屋さんから着信がありました。

嫌な予感がして、すぐ折り返すと、ここのボート屋さんでよく会いしお話する地元のおばさん(ご親戚かも)が出ました。

ご主人の知人かも、と、かけてきたのでしょうか。そのときは「間違いでした」と。

それ以降、ボート屋さんに何度も電話を掛けましたが、誰も出ることがなくなってしまいました。

気のせいか、今年の1月か2月に電話で話したご主人の声がむしろ元気で、ずいぶんやさしくなったなあなんて感じてましたが。


西伊豆釣行は釣りだけでなく、

海に出ると非日常的な荘厳な景観の中で浮かび、

釣りで疲れても、陸に上がれば、地元ののんびりした雰囲気と、ここのボート屋さんの優しさ、あたたかさに安らぎ、

帰りには温泉に入りリフレッシュし、釣果がどうあろういつも往きより精神的に希望溢れるマインドでドライブ帰宅。

釣り道具も、ボート屋さんで水洗いさせてもらい、その後、奥さんが山のようなタオルを持ってきてピカピカにしてくれましたので、帰宅してもほとんど乾かすだけで済みました。

そんな心の故郷が一つ無くなったようです。

かなりご高齢でしたから覚悟はしていましたが。

これまで、ありがとうございました。という言葉しかありません。

前回も書きましたが、地元の方がご自分のボートを自由に使って、と言ってくれてます。

まだまだ西伊豆とは繋がります。

鶴神さまに導かれ 葉山船外機 2017/03/18 [ボート釣行記]

3連休ですが、たぶん初日の18日(土)だけ釣りの予定です。

もうそろそろ最後のサワラチャンスでしょうか・・・これまで1回もキャストすらしてませんが(笑)

朝一サワラ狙いで、その往復でジギング予定です。

往きは、先日、魚っ気のあったポイントで止まってジギング。

今日もシーバスが来ました。53cm。
DSC_0132.JPG

まだまだいけそうなベイト反応がたくさんありますが、ここで長居するとサワラチャンスを逃す可能性もあります。

切り上げようかウダウダ迷っているところへ、鶴丸さんが寄ってくれました。

「サワラ一緒に行きます?」と誘ってくれます。ありがとうございます!

鶴丸さんの後方を走っていきますが、あちらは2人乗船なのに一人乗りのこちらが若干遅れ気味。

なんとか大きく離されずにポイントへ。

サワラのハネ待ちします。

その間、目ぼしい潮面からジギング開始。

少し流された数投目。

魚探も、ロッドへの反応も感じられないので、底からあまり離さないでチョンチョンと極軽くしゃくりステイ。

するとガツガツとアタリ!

すかさず合わせると乗りました。

マダイ55cmでした。
DSC_0133.JPG

そのとき、鶴丸さん艇がすいぶん離れたなあと見ていると、他の船、ボートの動きが慌ただしくなっています。

これはハネが出たな?

私も直行するも、静かになっていました。

ここでジギングをしている鶴丸さん艇に近づき、近くでジギング開始。

すると、鶴丸さんが「デカイの来た!上げられない」と。

クエか?(笑)

本当にしばらく上げられないようです。タイラバでワラサか?と思いましたが、ジギングロッドのようです。

何度もかなりの突っ込みをしているようです。

ようやく魚が浮いてきたようで、それを見た同船者さんが「カンパだ!」と叫びました。

えええっ、この時期に?! あのファイトだと明らかにショゴクラスではありません。

体長・重量は聞いてませんが、見た目にも良型、大きいカンパチでした。
(73cm- 4kgだったそうです。)

これは羨ましいことこの上なく!!!

私も頑張ってシャクリ続けますがウンともスンとも。ベイト反応もなし。

そのうち鶴丸さんたちは少し遠目に移動していきました。

私も魚探で底質を見ながらポイントを移動し、さらにジグをインチク150gに変更しオニ様期待。

インチクを着底させ、巻き上げるとフワッと軽くなりました。

なんだ???

これはアタリだ!と気づき即座に巻き合わせ。

グ~ンと重くなりました。

上げてくるにつれどんどん引きが強烈になってきました。

アオモンには間違いない。オレにもカンパか!

ただカンパにしてはパンチ、初速のトルクがないなあと。それでもかなりの重量感で強い引きです。

PE1.2号 & リーダー6号で、ドラグも少し強めでいけますので、タイラバタックルと違いいい感じでファイトできました。

また新しい相棒のオシアコンクエストのドラグ音を鳴らせられたのは最高でした!

ようやく魚体が見え、一瞬頭の八の字が見えた気がしたのですが、それは自分の欲望が見せた幻でした(笑)。

水面に近くなるにつれ八の字が消え、イエローラインが強くなってきました(笑)。

上げると83cmブリでした。もちろん大歓迎のターゲットです。
DSC_0142.JPG
DSC_0143.JPG

その後、鶴丸さんたちは戻るそうで、私もそうします。

ただ私のほうはスピードを出すとイケスの水が抜けてしまい魚が死んでしまうかもしれませんので、かなりゆっくり戻ります。

ちょうど腹も減ったのでパンでも・・・

えっ?!食べモンすべて車の中に忘れ・・・何も食べるものなし。

かろうじて先週寒くて飲まなかったジャスミンティー1本だけがツール箱にあってそれで腹を満たします。

気を取り直して、戻りながらジギング。

海も静かなので、サラ・オレイン様の曲をかけてまったりのんびりやります♪

ある投入のフォールでテンション抜けアタリ、すかさず合わせると乗りました!

得意のデカトラフグ!
DSC_0146.JPG

今日もリリースですが、、、そのうち食っちゃうぞ~(笑)

そういえば今日はタイラバをやっていないのを思い出し、タイラバにチェンジ。

一度、けっこうな重みが乗り、一気合わせ!(してしまいました) 少しの間いい重量感でしたがバレました。

終了です。


【今日の釣果】
DSC_0150.JPG
シーバス 1(53cm)
マダイ 1(55cm)
ブリ 1(83cm)
デカトラフグ 1

大型アオモンの締めは大変です。最後まで元気だし、脳締めしておとなしくなった後も急に大暴れ、血抜きでボート内、血だらけ、自分も大量の返り血を浴びます。


さて、前回書いたとても心配な西伊豆の件ですが、地元の知り合いの方の連絡先を会社名を元にネットで見つけ出したものの、一向に電話に出ません。

その電話はFAXに通じているようでしたので、そのままFAXにて要件と私の連絡先を送ってみました。するとすぐ向こうから電話をくれました。

お話しによると、どうも・・・

西伊豆のボート屋のご主人、ご容態がかなり悪く、もう近親縁者の方々を呼んでいる程だそうです。

とても悲しいです。

ボートのほうは馴染みのボート屋が隣のA港にもありますし、こちらのB港にももう一軒、また乗合船の船長も船外機ボートを貸しているような情報もあります。

さらに嬉しいことには、この地元の知人の方が電話で「私のボート好きなように使っていいよ」と言ってくれました。

ただ、これまで本当にここのボート屋さんには釣り以上に快適な思いをさせてもらい思い出もたくさんです。

そこが無くなるのが非常に辛い。

ご主人は最初に会ったときから80才を超えていたと思いますが、干潮のときに岸壁から私を引っ張り上げるくらい強健な人でした。

いつも帰りには「気をつけて帰ってね」と一言いただき、必ず見送ってくれた姿が忘れられません。

せめてボート屋は無理でも、少しでも回復し、ご自宅に戻れることをお祈りします。


昨年末に、葉山ボートの大海荘さんのご主人が亡くなったのはお伝えしたとおりですが、実は、今年の1月にやはりお世話になった人を亡くしています。

この方は本当に魚好きで、無駄なく大切に食べてくれる人なので、それまで何度も私の釣った魚をクール便で送っていました。

けっこう心理的にも重い感じの今日この頃です。

そんな中で、今日は本当に楽しい1日でした。

葉山はマダイもA級ですが、鶴丸さんが大型カンパチを釣り、続いて私もブリ、そんなエキサイティングな海なんですね。

その奥深さを改めて教えてもらいました。鶴丸さんありがとう!

タグ:ブリ マダイ
メッセージを送る