So-net無料ブログ作成
検索選択

とうとうきた残念な知らせ [訃報]

今週は、土曜日が私用と仕事、日曜日は悪天候のため釣行は中止しました。


土曜日の夜、西伊豆の地元の方から電話がありました。

先日来、体調を崩していた西伊豆のボート屋のご主人、亡くなられたそうです。

心よりご冥福をお祈りいたします。


先月2/26に、予約もないのに西伊豆のボート屋さんから着信がありました。

嫌な予感がして、すぐ折り返すと、ここのボート屋さんでよく会いしお話する地元のおばさん(ご親戚かも)が出ました。

ご主人の知人かも、と、かけてきたのでしょうか。そのときは「間違いでした」と。

それ以降、ボート屋さんに何度も電話を掛けましたが、誰も出ることがなくなってしまいました。

気のせいか、今年の1月か2月に電話で話したご主人の声がむしろ元気で、ずいぶんやさしくなったなあなんて感じてましたが。


西伊豆釣行は釣りだけでなく、

海に出ると非日常的な荘厳な景観の中で浮かび、

釣りで疲れても、陸に上がれば、地元ののんびりした雰囲気と、ここのボート屋さんの優しさ、あたたかさに安らぎ、

帰りには温泉に入りリフレッシュし、釣果がどうあろういつも往きより精神的に希望溢れるマインドでドライブ帰宅。

釣り道具も、ボート屋さんで水洗いさせてもらい、その後、奥さんが山のようなタオルを持ってきてピカピカにしてくれましたので、帰宅してもほとんど乾かすだけで済みました。

そんな心の故郷が一つ無くなったようです。

かなりご高齢でしたから覚悟はしていましたが。

これまで、ありがとうございました。という言葉しかありません。

前回も書きましたが、地元の方がご自分のボートを自由に使って、と言ってくれてます。

まだまだ西伊豆とは繋がります。

大海荘さん訃報 [訃報]

大変遅ればせながら、大海荘さんの常連として大変お世話になった
大海荘代表、沼田朝臣さんが亡くなられたのをお伝えします。

昨年12月20日にご病気で亡くなられました。享年73歳でした。

昨年からの悪天候、また私は西伊豆釣行していたので、それを知ったのが昨日1月29日、同じく大海荘常連のFさんからの電話でした。

私自身、船舶免許を取ってから、そのほとんどを大海荘さんで船外機ボート乗船してきました。

初めての日は、沼田さんご自身がボートを出してくれたのを思い出します。その目の前でアクセルの反応が良すぎたのもありますが、グルングルン回転して・・・あいつ大丈夫かと思われたでしょうね(笑)。

とにかく葉山へ、大海荘さんへ行く週末が待ち遠しくて仕方ありませんでした。

いろんな面で快適で、毎週のように利用させていただきました。

そんな大海荘を作られ経営されてきた沼田さんに感謝してもしきれません。

沼田さんは元葉山町議会議員をやったり、葉山のいろんな組合に貢献されてきました。

またウクレレやハワイアンの歌もとても上手くて、時折、大海荘さんのお客さんに聞かせているのを釣りの道具を片付けながら聞かせてもらいました。

確かCDなんかも出したことがあると聞いています。

体調が悪い、身体が痛むと言いながらも、昨年11月では見た限りでは元気なご様子でした。

その後、検査入院されるということで、しばらくはボート出船もむずかしいかなあと覚悟していましたが、それでもなんとか出させてくれました。

最後にお会いしたのが、その検査入院直前の週末で、なぜだか葉山で2連荘釣行してしまった日です。

1日目は奥でお休みになっておりお会いできませんでしたので、私がご家族に「具合はいかがでしょうか?」と聞いたのをご本人が聞いて、連荘2日目に出てきてくださり

「私のことで迷惑かけて申し訳ない、すみませんでした。ボートのことは私がいなくても続けるから心配なく」と、自分のことより一介のボート客のことを・・・。

まさかそれが最後になるとは。

検査ではもう手術もできないと告げられたそうで、余生を大好きな葉山と大海荘で過ごされるとのことを聞いていました。、

そのため2017年になっても半年、いや少なくとも3ヶ月は、衰弱されながらもお会いできるかと思ってました。

結局、そのまま病院で亡くなられたようで、大海荘には帰れなかったんでしょうか。とても悲しいことです。

いつもボートで出て沖から戻ってくると、必ずニコニコしながら様子を伺いに「どうだった?」と聞きに来てくれました。

大ダイを釣ってくれば、大変感心してくれ写真を撮ってくれたりと。

思い出を語ればキリがありません。

未だに急なことで信じられません。

今はただただご冥福をお祈りするとともに、これまでのお礼をお伝えしたいとともに、まだご存じない知人、お客さんにお伝えできればと思います。

合掌。

コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る