So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年!おめでとうございます。 [雑記]

あけましておめでとうございます。
2017newyr.jpg
ちょうどホウキハタ&カンパチ刺身盛りが、今年の干支・酉に見えた?(笑)

既に新年も明けましたが、昨年末、最大の懸念だったのが、先月24日に釣ったブリの刺身を1週間後の31日に客に出すことでした。

自分だけで食べるなら何の抵抗もなく10日くらい寝かしても食べるところですが、流石に客人へ長く寝かせたアオモンを出すにはかなり慎重になります。

魚は、脳締め→血抜き→神経締め→冷海水で冷却→冷海水抜きで冷却持ち帰り→捌き→皮つき柵にて冷蔵庫寝かせ
と、抜かりなくやったつもりです。

1日目-刺身にて試食。食感は当然ながら、美味いけどまだまだ旨みがよく出ていないだろうという感じ。この段階なら葉山イナダのほうが美味し!

2日目-握りにて試食。身はまだコリコリしていて少し旨みがある程度。まだ葉山イナダのほうが美味いか?

4日目-握りにて試食。食感もコリっとしながら2日目より旨みが増す。かなり美味く感じるように。

7日目-刺身にて客に。食感もまだまだ残りながらもかなりの旨み熟成!これはかなり美味い。

刺身はその他、アオリ(春アオリ)、オオモンハタ(同じく1週間寝かせ)、買ってきたマグロ中トロを盛り合わせました。

ブリは私的には満足の味になりましたが、その他の料理もいろいろあるので、その中で際立ったかどうかは疑問でした。

妹などはアオリが一番好きだと(笑)。 春アオリは肉厚なので、やり方次第でかなりうまくなりますから。

元旦の夜は、9月くらいに釣って冷凍していたオオモンハタを鍋にて出しました。

やはりこの魚は地元漁師さんも羨む魚、かなり美味いです。雑炊までみんな感動ものでした。

そんなわけでまあ失敗はなかったのでホッとしたところです。

あとは真鯛の粕漬けが大好きな客ですので、今回はブリ粕漬けを土産に持たせました。

しかし個人的にはブリの最高の状態のやつを握り一本で食べたかったです。


さて、いよいよ2017年に入り新たなスタートです。

昨年は間違いなく30回以上は出ていますので行き過ぎ感が残りました。

今年はできれば月2回程度の釣行ペースで押さえられればと思います。しかし毎年こんなことをいいながら増えている気がしますが・・・。

釣り自体は、昨年の延長線上でしょう。
タイラバは原点回帰と、ジギングはさらなる発展形で。
もしかしたらそれらが行きつくところはインチクになるかもしれません(笑)。

狙いとしては、

・デカアオモン3兄弟狙いをしながら、サワラ、ソウダ、イサキ、大アジ狙い。デカアオモンはメーター級を!

・クエ狙いをしながら超絶美味根魚ホウキ狙い。50cmUPで嬉しい!

・さらなる巨ダイを狙いながら美ダイ狙い。巨ダイは90cmUP、美ダイはピンクでグラマーなセクシー系を(笑)。

・シロアマダイを狙いながらアカアマダイ狙い。シロアマは40cmUPのお顔だけでも、アカアマは50cmUPを。果たして紅白水深が合うかどうか。

・アオリは3kgUP。
アオリはやはり私の場合、春うららの心地よい雰囲気の中でようやくアオリ欲が湧いてきます。 超シャロー、超ライト攻めでのモンスター狙いがおもしろい。

ただ昨年のような厳しさの中、超タイトポイントでのピンポイントだけとか、1.X連荘のような夜暗い中のアオリはやめにしたいです(笑)。

今年の春は「ボーナス春アオリ」になる可能性もありますので、それらのハードな要件が必要がないことを祈ります。

逆に、モンスター狙うならいかにキロ級を「避けられるか」をテーマにできるほどなら最高ですね!

そうなれば、その時期、春マダイはクロダイになってしまうので(笑)、ボーナスアオリのほうを1日集中でやる可能性もあります。しかし他の春のジギングターゲットの状況にもよりやらない可能性もあります。

いずれにしましても命をいただく釣り、趣味の釣り人として丁寧に扱い最高においしくいただける範囲の数と型狙いで楽しみたいと思います。


さて、初釣りはどうしようか思案中です。週末の天気も怪しくなってきました。

もしかして葉山も西伊豆も土曜日だけでしょうか?

正月の飲み食いのせいか、胃が食傷気味でこれぞ狙いたいというのが出てきません。

やはり釣りはおもしろさにも増して、胃がやる気を支えているのがよくわかります。(笑)

そろそろマダイか?

それとも・・・

昨年末、私の釣行後に、西伊豆の乗合船がジギングをやっていて、アオモンはイナダのみでしたが、憧れのホウキハタ(おそらく船中1尾のみ)、その他はオニなど私の敬愛する魚を上げてました。

初釣りは、ホウキorクエコースでいくか?! 

今年はネギンガー元年になるかもしれません。

拙い内容は変えられませんが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

新年が日本、そしてできるだけ多くの国の人が安全に安心して生きられる年になりますよう。

2016年総括的・・・ [雑記]

2016年の釣りは握りに始まり握りで終わりました。

ここに超端的に総括させていただきます。

サラ・オレイン様ありがとうございました。

京都ありがとうございました。

西伊豆ありがとうございました。

葉山・そして大海荘さんありがとうございました。

ホウキハタ超絶美味ありがとうございました。

全ての釣れてくれた魚ありがとうございました。

そして皆様本当にありがとうございました。

その他のありがとうは直接に。

今この瞬間こそが最高だと気づくことが最も大切な総括だ!と感じます。

DSC_1113.JPG
ホウキハタ&カンパチ

釣りお休み記録だけ [雑記]

年末は忙しいので釣りはお休みしました。

といいますか(笑)、土曜日、西伊豆は西風でNG。葉山もNG。

そこで日曜日の葉山ですが、北風が強そうなので止め。

西伊豆なら喜んで出るレベルの風予報ですが、葉山では面倒そう。

それでも釣りはしなくても風の現況チェックの悲しい性。。。

(10:30現在)船外機だと、そんなには風強くない???

前日、土曜日の乗合船の釣果を見てみるとデカアマダイ連発など、全体的に魚活性アップの潮エエ週間に入っている気がするので選択間違ったか。ジギングも何くるかわからんような!?

まあたまには休日は休みましょう。タックルを磨きながら。

先週は葉山イナダと葉山炙りサゴシの握りで
DSC_1172.JPG


3連休レポート [雑記]

3連休は釣りは断念。

初日土曜日は西伊豆予約していたんですが、仕事の関係で先週にキャンセル届け。

この土曜日は西伊豆では弱風でボート釣り自体はできたようですが、午前中は豪雨だったそうです。こんな天気がまだ続きますね。

ところで、私のアフターフィッシングの最高の喜びは握り寿司。今回は、カンパチとイサキにて。
DSC_1027.JPG


さて、ここ最近ジギングをやってきて、数年前のジギング期間では気付かなかった、これはダメだなあというところがいろいろ体感できてます。

その一つが、接続スナップ。

ヘビージグ、スピード&アグレシッブ系ジャークを行うと、引っ張り強度は十分な強いスナップでも必ず変形してきます。

こんなところでデカアオモンが掛かったら簡単にグンニャリでしょう。

横着せずパワースイベル&スプリットリング接続でいきます。左がどうしてもグンニャリしてしまうパワースナップです。右のパワースイベル&スプリットリングに替えてゆきます。
DSC_1028.JPG

今週は・・・ [雑記]

今週は9日土曜日が雨陽気で、西伊豆A港内はナギそうなので西伊豆釣行にしようと考えました。

それで木曜の夜にA港ボート屋の若旦那に電話すると、予約状況がわからない場所にいるので、翌日金曜の「朝一」に電話くれるとのこと。

そしてちゃんと平日金曜の朝5時に電話くれました。

いつもとは逆で、今度は私が電話で叩き起こされました(笑)。

「いっぱいだね~」

そして昼にB港ボート屋に電話してみます。こちらは先週に既に予約が入っているのは知ってましたので、

(私)「明日は雨なんでキャンセルないですか?」

(ボート屋ご主人)「キャンセルないよ」

(私)「明日のお客さんは雨でキャンセルする人でしょうかね?」

(ボート屋ご主人)「明日の人は雨だろうがキャンセルしないね~」

完全にあぶれました。

そこで今日、日曜日の葉山なんですが、予報では波高し。

葉山は西伊豆と違い距離走るし、マダイしかやる気にならないので遠い沖合はさらに波高いでしょう。

釣りはヤメました、という短いお話でした。

no title4 京都2日目 [雑記]

DSC_07081.JPG

京都御所(御苑)を朝散歩していると、日が昇り始めた。

前日、木屋町の店で、マダイ刺し研究。
身が透明で弾力があり、旨みもしっかり。かなり美味いマダイでした。
お兄さんに聞いてみると、1時間前に捌いたという。
型が30~40cmくらいなら当日でも旨みがしっかりしているし食感もいいので、その日の刺身でかなり美味いでしょう。以前、血抜きもできずにイケスでそのまま野死にしてしまった30cmクラスの真鯛の当日刺身がめちゃくちゃうまかったのを思い出します。

no title3 [雑記]

DSC_0705.JPGDSC_0706.JPG

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

non title2 京都 2016/04/01 [雑記]

4月1日(金)一応、仕事なんで、これらからの事業プランを手書きで練る。パソコンじゃあダメ!そして普段の場所でもダメ。
DSC_0617.JPG

ここ新幹線内がベストなんです!仕事スタート!!!あくまでも仕事です。

この夜は先斗町で、4~5年前に入ったことのある鳥刺しのある鳥料理の店で。

レバ刺しが美味くて、お勧め、お勧めで日本酒ハイペース。同時にそれに負けないワラサ・ブリのレバ・ハツ刺しも恋しくなりました。

まだまだホロ酔いかと思いきや、店をでるとき足元がけっこうフラついてる(笑)。ペース早すぎました。

私の場合、日本酒でこんなになるとその後かなり危険なんですが、やはりここは京都、その後もけっこう元気でした。

そのまま木屋町の桜ライトアップ、そして円山公園のしだれ桜のライトアップに。
DSC_0621.JPG
DSC_0628.JPG

四条大橋からの夜の景色は魅惑的。
DSC_0638.JPG

宿泊のホテルは河原町のホテル。
DSC_0640.JPG

西伊豆の夢見のいいホテルのそのさらに倍の値段ですが、この時期の京都なら全然OKでしょう。

翌朝は私の京都訪問定番の京都御苑から。
DSC_0642.JPG

デカイですね。異様にデカい空間です。非日常的空間です。

桜も素敵です。
DSC_0643.JPG

まだつぼみもたくさん。
DSC_0645.JPG

DSC_0647.JPG

そこから徒歩で平安神宮へ。
DSC_0652.JPG

ヨサコイ祭りやってました!
DSC_0655.JPG

この娘たちはみんな小学生? バック転などアクロバット的な動きから、正体は体操選手ではないかと踏んでます???
DSC_0660.JPG
DSC_0662.JPG

生ですごいヨサコイを見れて感動しました。ありがとう!普段、凄い特訓をしてるんでしょうね。

引き続き徒歩で、知恩院へ。
DSC_0663.JPG
DSC_0666.JPG
DSC_0668.JPG
DSC_0669.JPG
DSC_0670.JPG


そこからまた昨夜行った丸山公園へ。
DSC_0673.JPG

えっ!?こんな淡いピンク色してたんですね。白い花かと思ってました。

そこから徒歩で、実は初の錦市場へ。

人が多い多い・・・。

お昼時間でしたが、この状況だと京都駅に行ってから食事をしたほうが無難だなと、タクシーで京都駅へ。

しかし・・・ここも人が多い多い多い・・・。

どこの店も空席待ちの人で、昼ごはん食べられない。

何とか京都タワーの地下で、天ぷら定食。

人が多いと、そういったご飯を食べるなどのデメリットがありますが、歩いて巡る限りでは、不思議とここ京都では心理的な抵抗がないのが不思議です。

今回、オミットしてしまったのは、鰊ソバと鴨川畔散歩でした。

4月2日、京都2日目の朝、NHK朝ドラ「あさが来た」の最終回でした。

昨年の紅葉の頃も京都でこのドラマを見て、それが異様に記憶に残っています。その最終回をこの京都で見ることができました。

キャストの皆さんお疲れ様でした!(このブログ見てるわけないですがw)最高でした!

個人的には、メガネっ娘ののぶちゃんが大好きでした。

Yahooのある記事で、こののぶちゃん演じる吉岡里帆さんを画像検索すると前のめりになる人が多いのでは、と書かれてましたが、ホント私もその一人でした(爆)

次の朝ドラの主演は高畑充希さんですが、この人は、やはり朝ドラの「ごちそうさん」で出ていて、けっこう注目していました。

ミュージカルでも実績を積んでいてかなり歌のうまい人で、味がある女優さんだと思います。それだけに脚本だけは外さないよう祈るのみです。

とにもかくも毎月1回は京都が必要になってきました。

けっこう歩いたなあ。
Screenshot_2016-04-02-18-41-35.png


20日土曜日は。。。 [雑記]

20日土曜日、予報を見ると、

天気は西から悪化の途上で西伊豆はダメそう。

葉山は午前中なら大丈夫そうなんですが・・・

大海荘さんに電話をすると、絶対ダメとのこと。

では久しぶりに東京湾タチウオ乗合でもいくか?

しかし、冷凍庫にはまだまだ魚の山。

ワラサにマダイ、昨年の1.8kgアオリの破片もあります。

頭だの骨だのアラだのと無駄なくありがたく残すのもいいのですが、かなり可食量が増えてしまいます。

ちょうどいいので、ここは丁寧に食べる切る時期とします。

そして、今週も大人しく仕事をしておきましょう。

ところで、やはりこのオモリが欲しかったので揃えておきました。
DSC_0523.JPG

葉山に長井に西伊豆とアオラバ(カンラバ)への希望はどんどん膨らみます。

ただ、今年こそ京都の桜は見逃したくない。


私の釣りを振り返り思うこと・・・ [雑記]

今週、釣りは断念というか、仕事が山積みなので丁度よし。

先日に大阪の生産管理システムの大統合も実現!

ところが、全ての工程管理システムを繋げると・・・

製造業なので各工程に年配の方もいらっしゃるわけで、なんと、マウスのカーソルが見えないので入力できないとのこと。タブレットでもなおさらダメとのこと。

システム統合は完璧にできたかと思ったのですが、思いもよらぬ障害。

そこでもうひと踏ん張り、そういう方のための専門の入力画面、バーコードとテンキーだけで間違いなく入力できる小システムを今日ほぼ構築しました。

これだから仕事も、釣りに負けないくらいおもしろさがあります。

また最近、ヤバイ組織の被害の相談を受けるところからのシステム相談があり、めったに入らないようなところへも行ってきました。もし仕事を受けられれば、長くしっかりサポートさせてもらい、何かの協力でオレも闘いたい気持ちがあります。

本の出版でも、これまで私が企画構成した本が数冊あり、最初の1冊は自著で増刷7回、初版から10年以上経っても今だに売れるIT分野では異例のロングセラーだそうです。これはAmazonの存在も大きいこともあります。もっとも現在の印税は年間1万円代になってますが(笑)。

実は、今春もまた別の技術系出版社からのオファーが来ているのですが・・・もう出版はゴメンという気分です(笑)。

またIT技術だけでなく、新規案件などで、小規模から大企業に行って営業折衝の仕事もけっこうこなしてます。

私の仕事はIT技術者のようでもありますが、元々は広告系の仕事、そして会計の仕事もけっこうやってきています。

それに私の扱うプログラム言語自体は、ギョーカイではローテクのほうです(笑)。

ですから本来、私は理系ではなく完全文系人間です。

というか・・・文系の勉強もサボってきた人間が文系と言っていいのだろうかは大きな疑問ですが(笑)。

会計もITも語学も全て実践で鍛えてきました。


さて、前置きが長くなりましたが(笑)、最近自分の釣りについて思い起こしていました。

最初に釣りをしたのは、名古屋に住んでいたときで、その時に一緒にいた友達から考えると、幼稚園だったか小学低学年だったでしょうか。

都銀銀行マンで普段日曜日もまず家にいなかった私の父と友達3人で、近くの川でハヤ釣りをしました。

その時、オヤジが「〇〇君には負けるなよ」と私に耳打ちしたのをしっかり記憶しています。

私は子供心ながら「釣りに勝ち負けなんてないだろ」と、内心、小さいことを言うなとガッカリしたのも覚えています。

そしてホントの釣りキチになったのは、中学生になってからです。

主には、知多半島にてカレイの投げ釣りばかりでした。また近くの池でしょっちゅうフナかモロコ釣りをしていました。

その他、ライギョとかナマズとかフィッシュイーターが好きで、釣ったやつを家で飼っていました。

そのときに釣友だった友達はクロダイ名人になったらしく、数年前に某クロダイ会で年間表彰されている写真と記事をネットで見つけました。

当時、その友達と一緒に、特に海釣りのとき、解放感から酒をくらい、誰かとケンカをしてきたりと、どんどん素行が悪くなっていきました。。。

その友達も中学生なのに、どこかで酒をかっくらって泥酔し、私が不在で妹がいるときに勝手に家に上がりこんで真っ赤な顔して寝込んでいたこともありました。。。

その彼も大学を卒業し、以前、名古屋では人気のある若手歌手のプロデューサーをやっていたのですから笑います。

その時期、私の父は某都銀の関東の支店長で単身赴任しており、私と母と妹と3人で名古屋に分かれて住んでいました。

3人ともそのまま名古屋にいたかったのですが、あまりにも私が勉強はしない、悪くなる一方なので、とうとう東京に引っ越すことになってしまいました(笑)。

そして中3から東京三鷹の中学校へ。

とにかく環境がガラッと変わるわけです。そしてそのときの中学校は、本当にいい学校でした。

担任の先生、そしてすぐに釣り好きの友達ができました。また転校生ながら別のクラスの人間とも友達がたくさんできて、自分で買わなければいけないようなクラスのバッチなどをくれたり、いろいろ面倒をみてくれ、本当にやさしい友達ばかりでした。

虚勢をはっていても転校でだいぶメンタル的に揺らいでいる時だからこそ、そのときのことは感謝してもしきれません。

釣り好きの友達は、毎日曜日に、奥多摩、道志川、相模湖などへ連れて行ってくれました。

ヤマメやニジマス、オイカワやブラックバス、ニゴイなどなど釣りましたね。

そういえばフライフィッシングもやりました。私はオイカワを釣ったかな?友達はハスを釣ってました。

私はその頃からテレビの見すぎで目が悪く、またカッコが悪いのでメガネはかけていませんでした。それでラインにつけた目印でアタリを取るのに非常に苦労し、いつもその友達には釣果では敵いませんでした。釣りに勝ち負けはありませんが(笑)。

でも渓流のあの景観、空気というのは最高だったですね。私にとって釣りとは今でも「それ」です。

それから高校では部活で釣りやる暇なく、大学ではバイクのロードレース一筋(そもそも学生がそれに一筋というのが大きく間違ってますが)でほとんど釣りせず。

卒業後、私がこれまで会社員でいたのはほんの4年だけ。そのときの会社の仲間で釣りやキャンプをしました。

西伊豆には毎週のように行っていた時期がありましたし、会社の海外旅行でシイラのトローリングもやったことがあります。先輩が130cm超のシイラを上げました。私はメーターなかったと思います。まあこれは順番制なので(笑)。

あと、手漕ぎですが、会社の先輩と仕事仲間の地元葉山在住のカメラマンと、たぶん一色の池田ボートさんだと思うのですが初めてのボート釣りをやりました。カワハギ狙いでしたが、地元の人をさしおいて私だけカワハギを数匹釣ったのが嬉しくて、この時にボート釣りにかなり興味を持ちました。

30代初めには会社を退社し、もう仕事で独立してました。この頃はほとんど釣りはしてません。格闘系武道の稽古、トレーニングに明け暮れ、海外単身旅行や、また仕事に関する勉強に一生懸命で、あまり釣りしたい気分にはなりませんでした。

この頃の釣りの思い出は2つ。

一つは、なぜだか革靴を履いて(笑)、今のオオモリボートさんの前身、アライボートに行きました。そのときに居合わせた人と同船を勧められ同じボートで釣りしました。釣果は同船者はカワハギだけ、私はウマズラだけ、その他ミノーを泳がしたりしておもしろかったです。

もう一つが、ニュージーランドでの釣り。
ニュージーランドへ10日くらい語学だめし程度、また研修目的なので一人でホームステイに出かけ、そこで釣りをしました。マダイ釣りなのですが、ブッ太いハリスにかなりデカイ針に、スーパーで買った魚の切り身を付けます。こんなんでマダイが釣れるわけないだろうと・・・すると、ほんの1時間程度で30~50弱が立て続けに5尾。同船の白人のオバさんはけっこうデカイのを釣り上げてました。これが本来のマダイではないでしょうか。

こんなに簡単にマダイが釣れるのに、NZではたしか30cm以下は死んでも持ち帰り不可なんですね。

そしてようやく40代になって釣りが本格化してきました。

とはいえ、今でこそ魚の内臓を生で食らいますが(笑)、実は、自分の釣った魚が気持ち悪くて全然食べられなかったんです。中学時代はカレイを釣っていましたが、カレイだけは食べられました。

釣った魚が食べられないので釣りがそんなにおもしろいわけがなく。それで家の近くで、リリース前提のシーバス狙いをやり始めました。

ある日、甥を乗合に釣れてゆき、甥が釣ったカサゴを家で煮てもらって食べたらメチャクチャ美味く感じました。それがきっかけでようやく自分の釣った魚を食べられるようになりました。そして釣りもおもしろくなってきました。ある意味、甥が私の釣りの師匠です(笑)。

そして葉山森戸の小松ボートさんによく行きました。手漕ぎですからコマセ釣りをよくやりました。

また同時期、毎週、乗合でタチウオジギングばかりやってました。

その後、家の近くのスミイカ乗合に乗りその時に竿頭で味をしめて、久比里のスミイカ乗合に。

久比里のスミイカ乗合は、午前はアオリも狙うんですね。私はその時アオリなんて知りませんでした。

そのためアオリを狙っている時間も、私だけはあまりしゃくらずアタリを取るスミイカ釣法で、というより知らずにスミイカを狙ってますから(笑)。

すると最初から600gくらいのアオリが乗りました(笑)。当日、アオリ釣果は私だけした。

スミイカと違って、墨が茶色で変なイカだなあという感覚でした(笑)。

その次の久比里のスミイカ乗合でも、アオリ釣果は私ともう一人だけ。

そんなわけで、アオリは必ず釣れるものとして暗示がかかります(笑)。

そういえば森戸の手漕ぎボートでもアオリやってたな、ということでチャレンジ。

道具も、釣り具屋でシーバスセットを買って持ってましたのでそれを使ってました。2.7mロッドにダイワの4000番くらいにPE1.5号!

それでも、すぐ500g、次にキロオーバーを釣ることができました。そのときあまりにもデカいメスアオリだったので怖くなりリリースしました(笑)。あの胴の太さの感覚から1.4kgくらいはあったように記憶しています。

アオリ釣りにはワクワクしましたが、手漕ぎボートだとすぐポイント目一杯になり、また曳船してもらうといいポイントに入れないためいつも浜から手漕ぎ競争です。

いいかげんイヤになり手漕ぎアオリは卒業、今度はアオリ乗合三昧でした。

乗合だと一日シャクリまくりです。頭の中は常にエギをフォールさせるカウントが支配して、普段の余計な思考を全て排除できます。

またアオリの気配がまったくなくても、他の魚釣れるかな~とか余計なことは考えられません。

このアオリ乗合通い時期、釣り以外でも意味あったなあ~と今感じますね。

心がブレれている状態ではどんないい結果だしても満足にキリないですから、やればやるほど自分が追い込まれます。

常に心は今をカウントし集中できれば、実はそこが最高の地点なんです。

あと、私は仕事では、ITで会社の効率、スピード、成果を上げてゆくのが役目なのですが、釣りでは真反対のことをやりたいですね。

できるだけ生身の感覚で釣りをして、自分の感覚をブラッシュアップしたいというところでしょうか。

本当にむずかしい問題・課題というのは、頭で考えても、いくら調べても、人に聞いても解決できないことをいいます。その答えを導く能力を遊びの釣りで楽しく鍛えたいということです。

そして葉山もすばらしいですが、西伊豆というフィールドで楽しめること自体、その道中も含め他に何を求めることがあるでしょうか、というほどの感覚の世界になりました。

これがあるからこそ、普段でも、少なくとも自分の身の回りの人、関係する会社にいかに貢献できるかに力を注ぐことができます。


さて、春一番も吹き、そろそろおもしろい季節が近づいてきますね!

昨年1年通して、戦略的にタックルを具体化してきましたので、まだ超低水温の3月を迎えますが、これからが本番です。

確かに昨年の今よりもっとワクワクするぜ!

ありがとう! 若かりし自分。君がいつも助けてくれてる♪


メッセージを送る