So-net無料ブログ作成
検索選択

鶴神さまに導かれ 葉山船外機 2017/03/18 [ボート釣行記]

3連休ですが、たぶん初日の18日(土)だけ釣りの予定です。

もうそろそろ最後のサワラチャンスでしょうか・・・これまで1回もキャストすらしてませんが(笑)

朝一サワラ狙いで、その往復でジギング予定です。

往きは、先日、魚っ気のあったポイントで止まってジギング。

今日もシーバスが来ました。53cm。
DSC_0132.JPG

まだまだいけそうなベイト反応がたくさんありますが、ここで長居するとサワラチャンスを逃す可能性もあります。

切り上げようかウダウダ迷っているところへ、鶴丸さんが寄ってくれました。

「サワラ一緒に行きます?」と誘ってくれます。ありがとうございます!

鶴丸さんの後方を走っていきますが、あちらは2人乗船なのに一人乗りのこちらが若干遅れ気味。

なんとか大きく離されずにポイントへ。

サワラのハネ待ちします。

その間、目ぼしい潮面からジギング開始。

少し流された数投目。

魚探も、ロッドへの反応も感じられないので、底からあまり離さないでチョンチョンと極軽くしゃくりステイ。

するとガツガツとアタリ!

すかさず合わせると乗りました。

マダイ55cmでした。
DSC_0133.JPG

そのとき、鶴丸さん艇がすいぶん離れたなあと見ていると、他の船、ボートの動きが慌ただしくなっています。

これはハネが出たな?

私も直行するも、静かになっていました。

ここでジギングをしている鶴丸さん艇に近づき、近くでジギング開始。

すると、鶴丸さんが「デカイの来た!上げられない」と。

クエか?(笑)

本当にしばらく上げられないようです。タイラバでワラサか?と思いましたが、ジギングロッドのようです。

何度もかなりの突っ込みをしているようです。

ようやく魚が浮いてきたようで、それを見た同船者さんが「カンパだ!」と叫びました。

えええっ、この時期に?! あのファイトだと明らかにショゴクラスではありません。

体長・重量は聞いてませんが、見た目にも良型、大きいカンパチでした。
(73cm- 4kgだったそうです。)

これは羨ましいことこの上なく!!!

私も頑張ってシャクリ続けますがウンともスンとも。ベイト反応もなし。

そのうち鶴丸さんたちは少し遠目に移動していきました。

私も魚探で底質を見ながらポイントを移動し、さらにジグをインチク150gに変更しオニ様期待。

インチクを着底させ、巻き上げるとフワッと軽くなりました。

なんだ???

これはアタリだ!と気づき即座に巻き合わせ。

グ~ンと重くなりました。

上げてくるにつれどんどん引きが強烈になってきました。

アオモンには間違いない。オレにもカンパか!

ただカンパにしてはパンチ、初速のトルクがないなあと。それでもかなりの重量感で強い引きです。

PE1.2号 & リーダー6号で、ドラグも少し強めでいけますので、タイラバタックルと違いいい感じでファイトできました。

また新しい相棒のオシアコンクエストのドラグ音を鳴らせられたのは最高でした!

ようやく魚体が見え、一瞬頭の八の字が見えた気がしたのですが、それは自分の欲望が見せた幻でした(笑)。

水面に近くなるにつれ八の字が消え、イエローラインが強くなってきました(笑)。

上げると83cmブリでした。もちろん大歓迎のターゲットです。
DSC_0142.JPG
DSC_0143.JPG

その後、鶴丸さんたちは戻るそうで、私もそうします。

ただ私のほうはスピードを出すとイケスの水が抜けてしまい魚が死んでしまうかもしれませんので、かなりゆっくり戻ります。

ちょうど腹も減ったのでパンでも・・・

えっ?!食べモンすべて車の中に忘れ・・・何も食べるものなし。

かろうじて先週寒くて飲まなかったジャスミンティー1本だけがツール箱にあってそれで腹を満たします。

気を取り直して、戻りながらジギング。

海も静かなので、サラ・オレイン様の曲をかけてまったりのんびりやります♪

ある投入のフォールでテンション抜けアタリ、すかさず合わせると乗りました!

得意のデカトラフグ!
DSC_0146.JPG

今日もリリースですが、、、そのうち食っちゃうぞ~(笑)

そういえば今日はタイラバをやっていないのを思い出し、タイラバにチェンジ。

一度、けっこうな重みが乗り、一気合わせ!(してしまいました) 少しの間いい重量感でしたがバレました。

終了です。


【今日の釣果】
DSC_0150.JPG
シーバス 1(53cm)
マダイ 1(55cm)
ブリ 1(83cm)
デカトラフグ 1

大型アオモンの締めは大変です。最後まで元気だし、脳締めしておとなしくなった後も急に大暴れ、血抜きでボート内、血だらけ、自分も大量の返り血を浴びます。


さて、前回書いたとても心配な西伊豆の件ですが、地元の知り合いの方の連絡先を会社名を元にネットで見つけ出したものの、一向に電話に出ません。

その電話はFAXに通じているようでしたので、そのままFAXにて要件と私の連絡先を送ってみました。するとすぐ向こうから電話をくれました。

お話しによると、どうも・・・

西伊豆のボート屋のご主人、ご容態がかなり悪く、もう近親縁者の方々を呼んでいる程だそうです。

とても悲しいです。

ボートのほうは馴染みのボート屋が隣のA港にもありますし、こちらのB港にももう一軒、また乗合船の船長も船外機ボートを貸しているような情報もあります。

さらに嬉しいことには、この地元の知人の方が電話で「私のボート好きなように使っていいよ」と言ってくれました。

ただ、これまで本当にここのボート屋さんには釣り以上に快適な思いをさせてもらい思い出もたくさんです。

そこが無くなるのが非常に辛い。

ご主人は最初に会ったときから80才を超えていたと思いますが、干潮のときに岸壁から私を引っ張り上げるくらい強健な人でした。

いつも帰りには「気をつけて帰ってね」と一言いただき、必ず見送ってくれた姿が忘れられません。

せめてボート屋は無理でも、少しでも回復し、ご自宅に戻れることをお祈りします。


昨年末に、葉山ボートの大海荘さんのご主人が亡くなったのはお伝えしたとおりですが、実は、今年の1月にやはりお世話になった人を亡くしています。

この方は本当に魚好きで、無駄なく大切に食べてくれる人なので、それまで何度も私の釣った魚をクール便で送っていました。

けっこう心理的にも重い感じの今日この頃です。

そんな中で、今日は本当に楽しい1日でした。

葉山はマダイもA級ですが、鶴丸さんが大型カンパチを釣り、続いて私もブリ、そんなエキサイティングな海なんですね。

その奥深さを改めて教えてもらいました。鶴丸さんありがとう!

タグ:ブリ マダイ
メッセージを送る