So-net無料ブログ作成
検索選択

1.X連荘も陰りが出始めました。。。 西伊豆船外機 2016/06/18・19 [ボート釣行記]

先日西伊豆でお話した年配のカヤックの方は、松本市から来ていて、西伊豆に来るときは4連荘くらいするそうです。その時の宿泊は全て道の駅だそうです。

そんな方なので、私がホテル泊と言うと、釣りには合わない・・・風のお顔をされました(笑)。

それでも前日はいつものようにホテル泊。

今回もFさんは用事で同船できず。

一人連荘釣行なので体力セーブプランは抜かりなく。

まず、未明陸っパリはヤメ(笑)。

タックルは、アオリタックル1本に、スピニング&ライトジギングロッドでのスピニングタイラバ兼ナブラキャスト用、そして今回メインで体力セーブのための電動タイラバタックルの3本です。

ところが!

朝、電動タックルを準備しているときに、ドラグ調整ノブが空回り・・・ドラグが壊れました。。。

体力セーブのための電動タックルがこれでリタイヤとなり、タイラバはスピニングタックルだけとなりました。

さらに悪いことに、沖に出るとかなり高いウネリ。

この高波の中で手巻きで巻きとおすと・・・その日は全然OKでも、翌日はかなりやばい体調になってしまいます。

さらに言えば、かなり暑くなるとのこと。。。

まあイイモンが釣れるまで踏ん張るしかない。

結局、5時~14時くらいまで踏ん張りました。

しかし、釣果は・・・

レンコダイ 4
ムシガレイ 1
大サバ1
そしてミズフグ氏 多数
アオリ 1(100g?!)

今回は、ややいい潮面で釣れるだろうという時間をここ直近のベストポイントでやりましたがダメ。

それどころか、ミズフグ氏の出現でタイラバ、インチク、悉くズタズタにされ釣りになりません。

新たな面白みをトライしようと、アオリタックルで一つテンヤにワーム1本を付け、底を這わしていたらアタリが出て何か掛かりました!

重みがあり、時折ゴツンゴツンと頭を振ります、水深10mくらいでもひと暴れあったか? オニカサゴ決定!

連荘の初日じゃあ活かして持ち帰るのは無理だろうなあ、締めるか?といろいろ思いを巡らせ巻いてくると・・・

白くブヨブヨとふくらんだヤツ・・・ミズフグ氏でした。。。

ワームはズタズタ。

こりゃダメだと、一気に北の未開拓ポイントへ向けました。

そこでまずアオリ臭いポイントで、100gアオリ(笑)。
DSC_0866.JPG

恐ろしく小さかったですが(笑)、この小さいのがいるということは産卵場でしょう。新たな海域でアオリ開拓ポイントの確認ができましたが、まあアオリ狙いにわざわざここまで来ることもないでしょうね。

その道中のポイントで、まず大サバが釣れ、レンコダイにムシガレイが連荘食いとなるポイントがありました。

これ残念がるというより、潮の当たりがいいのでしょう、ここで必ずマダイもしくは大型アオモンのいいポイントとなるだろうと今後の一級チェックポイントとなりました。

潮や魚が教えてくれるポイントは結構大切です。

まあ本当にイイモンが釣れるかどうかは次なるトライが必要ですが、ワクワク感でトライできること自体が最高に面白く。

ということで、1日目のB港、第一部は14時で終了。

第二部は、A港に移り17時~19時の夕マズメアオリです。

厳しい~。例の超タイトポイントで、アオリ300g?
DSC_0868.JPG

こんなに小さいアオリでも、アタリは本当に微妙でした。

ショートジャークからのステイで、何かラインが不自然に固定されているような感覚。

何かおかしいので10cmくらい引くと重い、それで一気に合わせて乗った次第です。

終了。

この日のA港の他のお客さんは、やはり朝から19時くらいまでやって、

1艘が、たしか前回夜通しカップルの方でカラ。

もう一艘がアオリ狙いで、アオリはカラ、アカハタ1だったそうです。

ここのところ、どうも海の状態悪し、何かの外的変化がほしいところですね。


その日は南下し、ホテル泊。

部屋でテレビを付けると、AKB総選挙!
(昨年も同様のお断りしましたが、正直、私はAKBはあまりよく知りませんので、オタクの方突っ込みなしでお願いします。)

そういえば毎回このホテルでこの総選挙を見るな??? 

不思議だ・・・というより、総選挙が6月にやるのが決まっているのでしょうか?また私も6月は連荘シーズンでこのホテルによく泊まるだけで(笑)

2位の発表で、1位も誰か決まるのですが、残るサッシーもまゆゆも1位か2位かで相当険しい顔をしていました、、、

2位じゃあダメなんでしょうか?


翌朝、2:30起床。

体調は悪くありませんでした。

4:00にアオリスタート。

カラでした。。。

朝8時に上がり。もう少し粘りたいところですが、日曜日ですし、朝の雰囲気の西伊豆道ドライブは逃したくありません。

9時過ぎ港を出発。ナビの帰着予想時間が11:50。

しかし途中、強烈な眠気。

危険なので途中で仮眠。20分のつもりが1時間も寝落ち(笑)。

13:45に帰宅しました。

【今回の釣果】
レンコダイ 4
ムシガレイ 1
大サバ1
そしてミズフグ氏 多数
アオリ 2(100g?!、300g) ※水中にてリリース。

タグ:アオリ

1.X連荘ももう少しの辛抱 西伊豆船外機2016/6/11・12  [ボート釣行記]

1.X連荘は、2日目早朝をアオリでなくても青物ジギング一本でも勝負したいところです。ポイントも2日目によく使うA港から近くにいいジギングポイントがあります

しかしそれも7月半ば以降には海遊びの人が増え、そのため土曜日の宿が一人では取れなくなるし、車中泊では暑くて寝られなくなります。

そう1.X連荘は泣いても笑ってもあと数回です。。。

さて今回の釣行ですが、11日(土)がピーカン予報になってしまい、タイラバに時間を取れそうということで、かねてより同船希望のFさんを誘い同船することになりました。

プランとしては、前回と同様、

(土曜日)
B港朝マズメ陸っぱりアオリ→ボート朝マズメアオリ→午前・午後タイラバ→A港夕マズメアオリ

(日曜日)
A港朝マズメアオリ一本

という予定で行きます。

土日2日とも2:30起床予定なので、恐怖の連荘体調悪化症だけは避けるため体力セーブだけは慎重にいくつもりです。

その一環で、今回同船するFさんを指導しながら徹底的に巻き通してもらい、私は時折、タイラバを落とす程度にしようと考えていました。

ところが、、、

いつものように前日ホテル泊で、そろろそろ起きようかという時間近くにメールの着信音。

見るとFさんからで「車がパンクしていていけません・・・」と。

さあ大変!体力セーブのプラン練り直しです(笑)。

最近調子いいスピニングタックルは主にナブラ待ち用で、今回は電動リール中心にて体力セーブ、さらには午前上がり・・・

そんなプランにしました。

両日、朝アオリは予定通り。


(土曜日)
2:30起床、3:30チェックアウト

4:00陸っぱりアオリ開始。

ダメですね~。

ただ一度だけいきなりグイ~ンと強烈に持っていかれるアタリがありました。タメも合わせの時間もなくそのままスッポ抜け。

4:45にボート屋さんに。

前日「早くいきますので・・・」と伝えていたので、もう既に起きて待ってくれてました。

いつもは「早いねえ~」の一言ですが、今回は「遅いじゃねえか!」と怒られました(笑)

5時過ぎに出船。

B港のアオリポイントを探るもダメ・・・。ピーカンのためアオリは中止。

6時くらいにタイラバにチェンジ。

今日はイワシの反応が凄く、何かありそうな気がします。

早い段階で、グ~ンとロッドをもっていかれるアタリも乗らず。しかし活性高そう。

と思うも、その後全然ダメ。

結局、タイラバで、
マトウダイ 1
アオハタ  40cmUP
カンコ 1
カサゴ 1 27cm
DSC_0848.JPG
DSC_0849.JPG

インチクで
大サバ 45cmUP 1 ※リリース

という感じでした。

イワシの反応から今日はナブラでるなあと思っていましたら、昼近くにやはり出ました!

一投だけインチクキャストで間に合いましたが、その一投は残念エビってましてボツ。すぐナブラは消滅してしまいました。

まあそれでもブリではないでしょうね。イナダクラスでしょうか。

12時に早上がりも、マダイ無しの早上がりだと、ちゅ~とはんぱ感ハンパねえ~

陸上がりしてボート屋ご主人や、いつも私のボート予約を確認してわざわざ会いに来てくれる地元の方々と歓談。

ご主人の話では、先週くらいに3kg弱のアオリを上げた人がいたそう。

なんでも「サビキ」で釣れたとのこと・・・

サビキに掛かった小魚を抱いて針掛かりしたのでしょうか?

また来週は某アオリプロが腰すえて3連荘とのこと。

その後、アオリイカ天ざるを食べにいくも準備中。コンビニにて軽く済まします。

次のA港にて前回同様、1時間ほど昼寝。今回は少し暑くなってきましたが、海の街でのんびりウトウトやるのは最高!

休憩後、本日第2部、夕まずめアオリです。

こちらボート屋の若旦那の話では、

「今日は潮がおかしいですよ。潮位が逆ですよ~これじゃあ食わないですよ!近いうち大地震が来るんじゃないか???」と、、、、、

乗る前から嬉しくない話を・・・。

この日のA港ボートの全お客さんの釣果はカラだったそうです。

また例の車中泊陣取り陸っぱりアオリ師も一晩やってカラだったそうです。

そして私も17時~19時までアオリをやりましたがカラでした。

ちなみこの若旦那は、大海荘同士のFさんのことも知ってますが「Fさんはいつもカラがないね~」と(笑)。

20時に宿泊するホテルへチェックイン。

体力セーブともうもう一つ体調悪化防止に重要な事項、「前夜は軽食」を守ります。実はこれによりダイエットも実現できます。

部屋は海沿いなので、窓を開けると波の音・・・

心が落ち着く波の音、と言いたいところですが、

ボート釣り師の悲しき性、波が少しでも強いと落ち着きません。

そうはいっても寝不足と疲れからあっという間に寝落ち。

思うに、この寝落ちするくらいの深い眠りは時にとても大切だなあと思います。

(日曜日)

2:30起床、3:30チェックアウト。

4:00時スタート。1.X連荘の目的はほぼこれです。葉山ではどうあがいても今の時期、日の出船は無理なお願いとなってしまいます。

あと今回わざわざ西伊豆で連荘決定した理由は、予報が完全曇り天だったからです。

それが・・・

日の出とともに明るく、どんどんピーカンに。

まあこれで心置きなく早上がりできます。逆に曇り雨天で何も釣れないと、今か今かと夕方までやってしまう可能性がありますから(笑)

案の定、朝マズメで高い確率で良型アオリの乗りがあるタイトポイントですらダメ。

あるポイントで、そういえば昨日はここで小イワシがたまっていたなあと、エギをリアルコノシロに変更。

キャストし水深半分から細かく小さくジャークしながら時折ステイ&カーブフォール。

正直、少し疲れているようでしたので景色を見ながらリラックスしようと、穂先またはライン注視でのアタリ見を、左手の指をかけてのアタリ取りに変更。視線を変え、せっかくの朝の西伊豆の景観を楽しみます。

魚のヒラ打ち程度の弱小ジャーク数回ステイ&指感知を数回繰り返していると、指にかけたラインが引かれました!

指掛け分少し溜めになりますが、合わせ一発! 乗りました。

メスアオリ800gクラスでした。一応手にふれずにネットから直接イケスへ。
DSC_0852.JPG
DSC_0853.JPG

しばらくして迷いましたが抱卵メスアオリなので、ラバーネットで掬い静かにリリース。

その場にて、これにつくであろうオスアオリを狙いましたが反応なしでした。

あとは300gあるか200gかのチビアオリ1で終了。
DSC_0858.JPG

8時終了。

9時に港を出て、12時に帰宅しました。

【今回の釣果】
マトウダイ 1
アオハタ  1
カンコ   2
大サバ   1 ※リリース
アオリ   2(800g、200g?) ※全リリース

マトウダイはかなりおいしいと聞いていたので、食べたい魚の一つでした。

肝はクセもなくカワハギよりアン肝に近く、かなり美味いですね。刺身も美味い!アラも味噌汁でかなり美味いそうで楽しみです。

黄色なのにアオハタ・・・鱗は包丁で削いでみました。
DSC_0859.JPG

大サバは未だ食べる気が起きないのでリリース。

A港の若旦那は、シイラの刺身が大好物らしいです。味噌と玉ねぎのみじん切りを混ぜ刺身にあえるそうです。

私が、「シイラの皮膚には毒があるから気をつけないといけないんですよね~」と確認したら

若旦那「私らは、それ知らないけど~」と。大丈夫な人は大丈夫なんですね!

確かにシイラの刺身が食べたいこの頃で、釣果も聞こえてきました。

ただ私の場合、シイラは食べる釣りでゲームフィッシングにはならないでしょう。


タグ:アオリ

1.X連荘 ボート屋はしごパターン 西伊豆船外機 2016/5/4・5 [ボート釣行記]

先週末は、金曜日から日曜まで仕事&西伊豆1.X連荘でずっと外泊でした。

その疲れが酷い。

釣りの疲れを仕事には影響させたくありませんが、大阪出張の疲れが強かったのでは。


いつもの西伊豆のとおり金曜夕方に出発しホテル泊。

またいつもの夢見が悪いホテルですが、この時期は部屋が空いていて海側の夢見が良さそうな部屋がとれました。
DSC_0831.JPG

(土曜日)
早朝チェックアウトし、朝4時から先日1.5kgアオリを釣ったポイントで陸からやるつもりです。が、ちょうど満潮。ポイントに入れるか?

2.5mほどの石垣を降りるか、海岸の壁際を海に浸かりながら渡っていくか。もちろん釣り禁止の看板はありませんが無理は禁物。

しばらく悩み、結局、海を渡ることにしました。

最初、海水はヒザ下でしたが、段々膝を超え、一波くれば腰、胸までびしょ濡れになりかねません。

まあ西伊豆はこの日朝は凪でしたので、腿下くらいまでで渡れました。

しかし、苦労してポイントに入りましたがダメ!

やはり藻が無くなっています。。。

30分くらいやりましたが諦め、また海に浸かりながら戻り、B港ボート屋さんへ。

それにしても海水が冷たい。釣りには嫌な予感。


5時くらいにボート出航。

タックルは今日もエギング、タイラバのスピニング2本です。
DSC_0835.JPG

まずはB港のアオリ実績ポイントにて。

一度だけデカアオリらしきパンチもしくは魚なのかアタリがありましたが、全然ダメ。

ボート屋さんの話では、ここ最近、某アオリの有名プロも小アオリ1~2杯だったそうです。

1時間弱ほどアオリをやりましたが、予報に反してピーカンになってしまい、時合予想時間をタイラバでいくことにしました。

スピニングタイラバへチェンジ!!!

潮面はけっこうよく。

時合予想時間から1時間も外れましたが、いつものスピニングタイラバにて、

マダイ66cm 3kgUP
DSC_0833.JPG

その後沈黙。結局、気配、反応含めアタリはこのマダイ1回だけ。。。

まだずいぶん早いですが、手巻きでガンガンやってましたので連荘体調悪化恐怖症もあり、潮止まりの朝10:50に終了。上がりました。

昼ご飯は、これからアオリを釣ろうという釣り人が様にならないとは思いましたが(笑)、そば屋にてアオリイカ天ざるを。

それからアオリ狙いのA港に移動し昼寝を約1時間強。

先週からの疲れもあり、この海辺での昼寝時間が最高に気持ちいい時間でした~。

昼寝を終え、A港のボート乗り場へ16時着。この日第二ラウンドの夕マズメアオリをやる予定です。

しかしこの時間じゃあここの客は誰も戻ってきません(笑)。まだ乗れるボートなし。

また今回も車中泊陣取り陸っぱりアオリ師たちもいました。

その連泊陣取りアオリ師をして、沖のイケスにボートを繋いで釣りしているカップルを指さし「あの人たちはねえ、昨夜の12時からあそこでずっと釣りしてんだから」と呆れていました(爆)
※イケスへの係留は、ここのボート屋さんとイケス所有者との関係で容認されています。外部からのボートがそんなことをやると大きなトラブルになりますので注記しておきます。

ここはキ〇〇イしかいないのか。。。

ようやく17時くらいになって続々とボートが戻ってきました。

ワラサが釣れているようでした。

あとマダイも2人乗りボートで5枚。手で示す大きさから40cm前後でしょうか。

戻ってきたボートを借りて、暗くならないうちに約1時間強、夕マズメアオリへ、。

厳しい~!!!

300gアオリ1でした。。。リリース。
DSC_0836.JPG


その日は、南下しホテル泊。

温泉に入ったらマッタリしてしまい、正直もう帰りたい・・・ホームシックになりました(笑)。


(日曜日)
翌朝は2:30に起床。

流石に昨年・先日のような連荘釣行での体調悪化地獄を恐れ、午前早上りした上、昼寝、そして夜は軽食にしていましたので体調はバッチリでした♪

朝4時に釣り開始。

30分くらいして、ストラクチャーに囲まれた超タイトポイントにて、フォールのアタリ取りで1度だけクンと鋭く穂先に反応。

イカだ!と思いましたが、そのままウェイトしフォールを注視すると穂先にやや違和感。

合わせると乗りました!

乗せたのはいいのですが、ここはストラクチャーに囲まれているので、以前デカアオリを2回ほどバラしたポイントです。

右へ逃げられるとまずい、なんとか左側に走ってくれましたが、今度はボートの下から反対舷にまで泳いできました。

今年からシャロー対策のためPEを0.4にしています。あれやこれやと非常にやりやすくなっていますが、もしストラクチャーや船底擦られるとより簡単に切られます。実際、藻掛かりを外すのでも何度かやると不意に切れました。

獲物を無事上げると手応えにしては小さかったですがまあまあの1.4kgアオリでした。

その後、各実績ポイントを巡り、6時前でした。

縦のフリーフォールを見せてからの、着底近くでラインを張っていると、フルフルフルフルと穂先が揺れているのに合わせると乗りました!

1.2kgアオリでした。

その他、漁師さんでしょうか、連荘でかなりデカイ魚を上げていました。

見ているとエラ洗いジャンプをしていてスズキのようです。たぶんあれがボート屋の若旦那の言うヒラスズキでしょう。実際間近で釣っているのを見るとやりたくなりますね。今度夜通しやってみますか(笑)

今日は日曜日なので釣りのタイムリミットは朝7時前後。

7時になってからタイラバに変更。

イワシの反応に合わせタイラバを落としてみると、一発目で何かに引き込まれましたが、針掛かり悪くすぐバレ。

30分ほど湾内で何度かタイラバを落としましたが全然ダメ。外海に出るときりがないので止めておきます(笑)

終了し、朝8時には陸に上がりました。
DSC_0842.JPG

今日のヒットエギはこれ。信頼のオリーブはもちろん、空が暗いのでオーソドックスなピンクからオレンジまで試しましたが、この作りの安っぽいブラウンマーブルでしかアオリは乗りませんでした。
DSC_0840.JPG

上がる旨、ボート屋の若旦那に電話すると、
「なに~もっとやっていきなよ!」と憤慨していました。今日はデートはないようで(笑)

後片付けをして、9時にはボート乗り場を出発。

12時に帰宅できました。

【今回の釣果】
マダイ 1(66cm、3kgUP)
アオリ 3(300g、1.2kg、1.4kg)

今年は水温は高めなんですが、不安定なためなかなかいい日が続きませんね。






メッセージを送る