So-net無料ブログ作成
検索選択

敬愛違い 西伊豆釣行 2015/02/21 [ボート釣行記]

週初めから週末の予報を見ていると、土曜日は凪予報。

西伊豆もよさそう。さらに木曜から週末は天気も晴れで気温も高めで、難所の雪の心配もなさそう。

水・木曜日は仕事で大阪出張で、その後の京都滞在ではんなりするか、西伊豆瞑想か迷うところでしたが、雪の金閣が望めないので、西伊豆に決定!

木曜中に帰宅し、いつものように釣行前日の金曜夕方に出発!

今年初の西伊豆です。

やはり2日間連日の出張先でのクライアントとのミーティングの疲労からか、往きの運転中から眠くて眠くて。。。

前夜から朝の予報最低気温は確か2度くらい。零下ではないのでホテルではなく、C港での車中泊にします。

気温的には車中泊で快適でしたが、腰が痛くて何度か目覚める。今後、別の車中泊問題が出てきました(笑)。


そして朝6:45に出航しました。

今日も、タイラバタックル2本(電動・手巻き)、スピニングタックル1本で、タイラバに臨みます。

ボート屋さんによると、どうも水温低下の不漁で休んでいる漁師さんも多いとのこと。

まあ、素人は採算関係ないので、1~2尾のマダイに出会えればよしですから希望は捨てません。

朝一から何の気配も反応もなし。とはいえ苦戦は覚悟の上。

第一号は、クンクンクンと当たってきました。

掛かったようです。しかしやや重いだけでマダイではないのは明らか。

水深10mくらいで引き込みあり。これはいいもんか?!

やはりオニカサゴ28cmでした。(その時は35cmくらいはあると思ってました・・・)

私が敬愛するマダイ様、オニカサゴ様ですが、敬愛違いでも大歓迎です。

そういえば、いつもマダイ狙いのタイラバでキロ級オニカサゴを釣っていますが、それにしてもここは浅場(水深50m~)からよくオニ様が釣れます。

普通のオニ狙いタックルでやるとおもしろいかもしれませんね。

続いて、カンコ30cm。

魚の活性が上がってきました。時合か!

特に根魚が釣れ始めるということは底潮の流れが良くなった証拠。

しかし、マダイの気配なし。

小さい根魚のほんの短い時合でした(笑)。

その後も沈黙、沈黙、沈黙。

ようやくマハタ25cm、レンコダイ26cm。

タイラバであまりにも魚の反応がないので、様子見で一つテンヤでやってみると、即アタリ!

タマガシラ25cmでした。。。

その後のタイラバも、ほんの数回、ゴツンとあたりがありましたが、マダイではなさそう。

マダイ気配一切ありません。

それでも、やるからには最後まで釣れる気で臨みます。

若いときから「心の折り方」を知らないので大変です(笑)。日も伸びたので16時まで徹底的です(笑)。

終わり間際、規模は小さいですが、鳥山と、1尾1尾で白波が立つほどの大型魚のナブラ発生。

今日はタイラバタックルだけなので無理ですし、近づくこともできないほどの足の速さでした。

おそらくイワシを追うブリでしょう。そろそろジギングタックルの用意が必要です。

不思議と、ナブラを見るだけで疲れが吹き飛びます。疲労回復のアドレナリンドリンクでしょうか(笑)

そしてさらに海は静かになり、たいむあ~うと!!!

いいでしょう!タイラバ道ごうか~く。

これだけの無反応で、釣るという1点に釣れる気で約9時間集中できれば、座禅以上の体験ですし、本当に釣れる日の糧となるでしょう。


【今日の釣果】 全て30cm以下。。。
オニカサゴ 1
マハタ 1
カンコ 1
レンコ 1
タマガシラ 1
DSC_0114.JPG
DSC_0112.JPG

ある家では、これらを、
オニカサゴ 1
クエ 1
アコウダイ 1
マダイ 1
と主張するところもあるとかないとか(笑)

いずにせよ? 食べるお土産としては、ごうか~くでいいでしょう!

オニ様は、いつものようにクーラーに魚体がかぶる程度の海水を入れブクなしで持ち帰り。

そのままで翌日の今も活きています。その偉大な生命力をありがたくいただきます。



休日を感じる・様々なアイディア(妄想)がフツフツ [雑記]

まず最初に、前回記事にて、敬愛する真鯛様に向かって「口先野郎」と暴言を吐いたことを、この場をお借りしお詫び申し上げます。自分が釣れないことで真鯛様に責任転嫁し、取り乱してしまいました。ごめんなさい、許してください。


さて、この週末、14、15日は、西っ気が強くボートは断念。

土曜日は仕事をして、日曜日に久しぶりにタチウオ乗合にしようかと。

家から車で5分で船宿がたくさんあります。

かつてタチウオは、ジギング船に毎週毎週乗って、ジギング修行をしていた時期もありました。

まだスロジグが知られていない頃ですが、このタチウオジギングではスロジグ的なアクションでよく釣ってました。浅場時期ではワームもやりました。

タチウオはエサ釣りでも難しい部類ですが、ジギングも同様で、けっこういい経験になったと思います。

毎週毎週、タチウオを食べていた記憶があります(笑)。

それで食べ飽きたことと、アオリ道に突入したこともあり、しばらく遠ざかっていました。

ところが、昨年、葉山で釣ったタチウオが、その当時よりかなり美味く感じたことと、近所にタチウオが大好きな人がいるので、行こうか!と。

今、出ている乗合はエサ釣りですが、水深70mくらいで、ここ最近、けっこう型も数もいい。

土曜日の釣果を見ると、10~39本・・・。

これで引きました(笑)。

当然、いつも釣れるわけはありませんが、タチウオが20本も30本も釣れたら嫌だなあ~(笑)。

私的には、どうも数釣りは食指が動きません。

途中で5本くらいでやめたら、おそらく船長に怒られるでしょうし(笑)、それに自分的にも止められないでしょう。

妄想し過ぎて(笑)、今回は止めました。

妄想は、西伊豆瞑想では大敵となりますが、休日くらいはいいでしょう!


久しぶりに、釣りも仕事もしない休日です。

なにか嬉しい。大切に過ごしたいですね。

でかい本屋を巡りながら、ビジネスアイディアを練りに行き、

釣り具屋でフィッシングアイディアを練り、

帰りはベイサイドマリーナに寄り、マイボート所有のアイディアを練るとしますか!

しかし、これが一番の難問なんです(笑)。

葉山は今後も大海荘さん出船でいいから、私の場合、マイボートならやはり西伊豆になります。

中古か新艇か?

アオリ狙いのタイトなポイントへ入るには、やはり大きくても16ft前後か、

カートップでは、降ろす場所でいろいろ問題があるし、

出船がサッと出来、帰りもサッと帰るには、係留か、しかし係留だと、むしろメンテが大変?

実際にマリーナにメールしましたが、返答なし。。。

結局、要望を考え巡らせると、レンタルが一番という結論になってしまいます(笑)。

そういえば西伊豆のボート屋さんでは昨年、お客さんの事故でボートを一艘失っています。

ならば私が購入したボートを協働ビジネスとしてレンタルボートにしてもらうか?

私はそれで収入が無くてもかまわないし期待もしません。日常メンテをしてもらい、ボートの優先利用、簡単な艤装などができればおもしろそう。

しかし他の客がぶっ壊したらどうしよう・・・

妄想はどんどん、どんどんはらみます。

結局、理想のスタイルを実現するには、西伊豆の漁協や、地元の人とのコネをさらに開拓することが重要という結論がでました。その上でいいスタイルができそうな気がします。

ところで、今のハイスピードネット時代、私の仕事では、世界のどこのクライアントの企業でもサポートが可能になってきました。

実際、現在、東京、横浜、大阪のクライアントのシステムのサーバーにリモートアクセスし操作できるようにしています。またクライントではその支社で世界にまたがってそのシステムを利用しているところもあります。今後さらにやりやすくなるでしょう。

そうすると、西伊豆にオフィスを持っても仕事はできることになります。

また西伊豆近辺で仕事上の顧客を持てば、正当な費用を会社経費とすることができます。小さな売上でもいいことになります。

私は、今はWebデザイナーではありませんが、Web制作を開始したのはインターネットというキーワードがようやく日経に載るようになった頃(199?年)からスタートしています。その最初のHP制作である某会計事務所のHPから新規顧問契約をどんどん取りました。また某企業のショッピングサイトのロボットのような自動管理システムも構築したことがあります。

ただ現在は、主に、企業システム構築とサポートがメインで、極小企業ながら某自動車メーカー系2社、製造業の生産管理システムから某弁護士界、某税理士会、総研、有名アパレル、その他、様々な業種の中小企業の数多くの顧客管理、各種業務管理システム構築、サポートをしています。

西伊豆の企業(個人も)様ならかなり低費用、もしくは「成功報酬」にて仕事を賜ります!

とりとめもなく、妄想飛躍しすぎ、何もない休日の解放感ゆえ、お許しください。
ありがとうございました。



口先だけの野郎どもめ! 葉山釣行 2015/02/07 [ボート釣行記]

西伊豆の海況予報もよかったのですが、先日の雪の残りで道中凍結の可能性があるため、今回7日(土)も葉山・大海荘船外機にて。

先週出られなかったので、またタイラバ・マダイ専心の意欲が湧いてきました。

アマダイは、アマラバで1回釣れたので、もうしばらくいいやという感じです(笑)。

タックルは、電動フォースマスター400&紅牙ロッド(PE0.8)、手巻きICV&紅牙ロッド(PE0.8)、スピニングタックル(ボートエギング用 PE0.6号)の3本立てです。

まずは浅場からスピニングタックルタイラバを開始も、全く反応なし。

実績ポイントをどんどん深場に移してゆきます。

当然、ここはと思ったポイントでも落としてゆきます。

電動タックルに変えたところで、ガツンとデカい一発アタリ。

その後、反応がないので上げて見ると、ネクタイだけがきれいに抜かれています。

強いアタリ一発でネクタイを抜くのは、そこそこの型のマダイでしょう。

その後、移動先の各ポイントでも、同じような強い一発アタリで、ネクタイだけを抜かれる事件連発。。。

大ダイ感触ありありながら、一発アタリだけで、ネクタイしか咥えない現象。

それに対応すべくスロー巻きにすると反応がありません。

ではエビを付けてエビラバにすると、これもエビは齧らずネクタイだけを抜き取ります。

まあ活性が今一と言えばそうなんですが、フックの数センチまで来ているのですから、非常にもどかしい。

サバフグやエソならネクタイだけでなく、スカートやフックが切られたり、小さいアタリでしつこく追ってきます。

見事にネクタイだけを一発のアタリで抜き取るのです。重量のある魚であるはずです。

これまで、タイラバがダメになれば、そのままユニットごと交換し、根掛かりロスト含めても1~2個あれば足りました。

またネクタイなど各パーツの予備も持ってきていましたが、いつも個別に使う必要がないので今回から持参していませんでした。

あっというまにこんなに・・・。
DSC_0111.JPG

サバフグやエソと違い、スカート被害は全くなしで、ネクタイの破片がないので、切られるのではなく綺麗に抜かれています。

実績タイラバが尽きました。

活性が高ければ、ネクタイなしでも食ってきますが、そんな活性ならとうに掛けているでしょう。

そこにマダイがいて、確実にタイラバに興味を示してはいるのですが、食う気で追ってこず。

なんとかデカソコイトヨリを1匹です。

午後になり、完全に潮が止まり、全く魚の気配がなくなりました。

タイムアップ終了!

マダイ不発でしたが、やっている最中は、マダイらしき反応があったのでかなりスリリングでおもしろい1日でした。

またこういう状況の場合にどうするか、一つの課題を得たことが収穫です。

マダイ意欲がさらにフツフツと湧く釣行となりました。

これからさらなる水温低下で厳しくなるかもしれませんが、本番は春ですから。

【今日の釣果】
デカ-ソコイトヨリ 1

ソコイトヨリを、中華蒸し&昆布締めにて、存分に堪能しました(笑)。

そういえば、前回、アマダイとマダイを釣りましたが、流石のアマダイもそのままの刺身では、マダイと一緒に食べるとその影が薄れてしまいました。一緒なら昆布締めにして毛色を変えるべきでした。

このアマダイも、身がしっかりしていてかなりの質だったはずなのですが、やはりこれからの時期の天然マダイの活け締めは格別です。

またこの本の料理で、マダイ頭の酒蒸しというより、酒煮を試したら・・・めちゃくちゃ旨かったです。


その他にも料理店独自の工夫の簡単魚料理がいろいろあり、アフターフィッシングが楽しくなります。


この日、大海荘の他のお客さんでは、アオリグループがいつものように別海域にて、2人乗り、一人の方がキロ含む4杯、もう一人の方もそれと同等くらい上げたそうです。


メッセージを送る