So-net無料ブログ作成

幾月の夢-にし船乗船実現で釣り納め 2013/12/29 [ボート釣行記]

年末年始も仕事をしなければならなくなりそうな状況と、悪海況予報連続で、釣行できるとしたら29日しかなさそう。

今年2013年の新年会のときからお願いしていたボート仲間のにしさんとのオニ参り。最近にしさんのブログによるとアマダイを好釣している。

ここはにしさんでしょう!
オニ参りならぬアマ参りで出船依頼のメールしてみると、「いいですよ」の返事。

出船場所は、にしさん任せ、私にとって初の場所です。

集合時間の朝6時に現地につくと、まだ暗いが、駐車場の近くに既にボートを用意したにしさんとお会いする。何もお手伝いできずすみません。

にしさんとは約1年ぶりに会うのだが、ブログでいつもやりとりしているから昨日会ったばかりのような感じ(笑)

いざ出航!

ちょうど去年の今頃も一度、にしさんボートに乗せてもらったことがあります。その時はにし1号でゴムボートでしたが、今回のにし3号はパーフェクター13で、同船者にもシートが用意されています。3号ですから3艘も所持されている人です。

空気は澄み渡り、気温は低いが風がないので、最強の防寒をしなくてもちょうどいい感じ。そしてシートが最高に快適! いつも私は1日スタンディングで釣りをしていますので、これだけでもう最高の気分です!

今日は例え釣れなくても最高の日になるな!と、美しい朝日の中、既にまったり、かつ何か充実した気分です。

もちろんボートなので狭いのだが、このボートでは道具を目の前に置くことができて、釣りするのも非常に便利でやりやすく、とにかく1日快適でした。

にしさん今日は本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

終わり。。。

ではな~く!

朝一からアマダイ狙いです。

私のほうはポイントに着き、すぐに釣りスタートさせてもらいましたが、最初のうち、にしさんはまだ釣り開始せず、前回釣って食べられない魚のアラをクーラーに持参してきていて、それを鳥に与えています。所謂、アンデスの鳥葬儀式です。何か呪文を唱えていたかいないかは記憶にはありません(笑)

到底食べられない部分でさえもゴミにせず、海に帰すといった、なんと神々しい方のボートに乗せてもらったんでしょう。

儀式を終えようやく釣り開始したにしさんを見ていると、ムシャクリ返上宣言したアマダイ誘い釣り。教科書に載っているような美しい誘い、そして食い待ち。エレガントな達人の誘いです。

私のほうは、例の開発中の自作誘導エビラバでチャレンジ。これは前回も書きましたが、まず一つテンヤの親針と孫針をシーハンター8号で結び、それにタイラバのスカートとラバーを付けたものです。これにより、普通のタイラバ針の小針2本で大エビを付けるより、エビが安定して付けられますし、エビの曲りを矯正して真っ直ぐにします。NCM_0171.JPG

この開発も、今年の3月の葉山で一つテンヤに100円タコベイトを付けて1.3kマダイを釣ったきっかけからスタートして、だいぶ改良してきました。そしてアマダイの実績もあります。

しかし、そんな自信作も隣のにし達人に砕かれます。

にし達人は、早速40cm弱のアマダイを上げます。

その後もにし達人がソコイトヨリなどちょこちょこ上げている中、私にはアタリすらありません。

しかし、普通のオキアミ仕掛けとどういう差があるのかを掴めるいい機会です。ボウズでも意義があります。このまま続けます。

ようやくガツンというアタリが来ましたが乗りません。そしてまだ迷いがあります。一つテンヤ式に瞬発で合わせるのか、タイラバ式に乗った重みが出るまで待つのか・・・。

アマダイ狙いですから着底から3~5回巻きか、ボトムバンピングや、スローリーリング、3回巻き毎にステイなど、いろいろ探ります。そして時折、マダイを意識して10~20mまで上げてゆきます。

あるときタイラバ式で巻き上げ途中底から3m~5mでしょうか。

たしかゴツンと1,2回当たった感触があり、来てる!とそのままタイラバ式に巻き上げていくと、そこから根掛かったようにどんどんロッドがしなってゆきます。

ロッドが海面に入りこむまで曲がりこみ、動かない。

よし乗った!で電動巻上をオン!

竿先を叩きながら泳いでいる感触もあります。大ダイを確信!

タックルはいつものタイラバタックルで、3000円ロッドと、シマノフォースマスター400電動に、PE0.8号でリーダー2.5号を5mです。

感触から前回の葉山大ダイより明らかにデカそうなので、ドラグをさらに少し緩め、巻上を中低速にします。突っ込み時は、今日は座っているので膝のクッションは使えませんので、肘のクッションでかわします。(正直な話、座っていたら膝のクッションが使えないので、大ダイを上げられるのだろうかという不安を持ち続けていました。)

大ダイというのは、少しでも強引に上げると怒ったようにかなり激しい突っ込みをしますので、上げてないよ、上げてないよ、とそろりそろりとやる必要があります。それでもやはりある程度巻いてくると激しく突っ込みます。

だいぶ上がったかなと、水深メーターを見ると85m・・・引きだされて斜めになった分がけっこうあります。やさしく上げても戻され、上がってこない(泣)

もういいかげん疲れてくれ! 「バテろ!」「バテろ!」と声に出すと、隣のにしさんも一緒になって声に出してくれます。こういうとき仲間がいると心強い!

ん? なにかにしさんのは一文字違うぞ? にしさんの唱えているのは「バレろ!」「バレろ!」だ!!! こりゃやばい(笑)

どの水深に来てもドラグをヒュンヒュンだして突っ込みますが、さすがに上のほうでは少しはバテてきたのを感じます。とはいえ油断すると一気に突っ込みラインを切られ、にしさん悲願(笑)「バレて」しまいます。

ようやく水深10m。水中を見ると、凄い空気泡が出ています。これはまずマダイです。

水面に浮いてきました!

なんだ!こいつは! 水中ではオバケ金魚のように見えました。

にしさんにネットインしてもらいますが、ネットからはみ出す大きさ(笑)無事ネットイン!
NCM_0148.JPG

出ました!にし船で大ダイ!
いくらバレるのを祈っても、これはにしさんの釣果でもありますよ!
残念ながら(笑)上げた以上は、全て水に流します。(笑)

メス 70cm 4.5kg!(血抜き後、自宅検量)でした。

よく見ると、本当に美しいメスマダイでした。釣れてくれてありがとう!

今回の大ダイは、完全、自作遊動エビラバ仕掛けで上げましたので、これでこの仕掛けも一先ずの完成形を得たことになります。

そして、にしさんにも居合わせてもらい、やはり一人で上げるより断然嬉しいものです。当然、このポイントを選択したにしさんの技量あってのものですし、また操船のうまさもあります。

私はいつも書いていますが、面倒なのでまずドテラ流しです。にし船ではスパンカーと減衰装置がついているので、しっかり潮に立ち、二人違う釣り方で近くでやってもオマツリはほとんどありませんでした。

逆に言えば、私もマイボートを持って装置を付け、にしさんばりの操船技術を持てば・・・スゴイよ(笑)

その後は、私の自作遊動エビラバ仕掛けにカンコ連発!4尾GET。最大40cmオーバー1.3kgでした。その中で、親針にカンコ、孫針に小レンコさんという珍しいダブルもありました。

にしさんはというと、流石!アマダイ誘い釣り達人。

私がアマダイを一匹も釣れないところを5匹も上げました。最大は完全40cmオーバーのグッドサイズ。

結局、私にはアマダイは釣れませんでしたが、一つ収穫がありました。自作遊動エビラバでのアマダイは、よほど食いが良くないとダメだということ。アマダイでボウズになりたくなければオキアミをフワッと落とすことだと。

こんな釣果で、今日は、にしさんの大型クーラーも満杯で大満足の1日でした。

ちょ~とまった~!!!

今日はまだこれで終わりません。

にしさんによると、カワハギ鉄板ポイントがあるとのこと。上がりの1~2時間やりましょうとのこと。ちょうど正月にカワハギキモ和えが大好きな客人も来る。

カワハギ開始!

流石、にしさんポイント。一発目からにしさんがカワハギを上げます。にしさんは電動リールでのカワハギをだいぶ極めています。

私のほうは、最近めったにやらないカワハギですが、元はといえばこのカワハギこそがボート釣りにのめり込む原点の魚です。一番最初は20台後半のくらいの頃、葉山ボートで、地元のカワハギが上手い人と当時の会社の社長と3人で同船し約3時間くらいですが、他の2人が釣れない中、私だけ4匹上げた実績もあります。

今日の私のカワハギタックルは、カワハギ専用竿が無いのですが、固けりゃかけますよ、てなもんで(笑)、西伊豆で6kg大ダイを上げた3000円ロッド改。穂先カットでかなり固くなり、このまま普通にオモリ120号くらいは背負えるようになってしまいました。

挙句に、根がかりでPEを傷つけたり失いたくないのでPE0.8を巻いている電動フォースマスター400は使いなくないし、また電動カワハギは私にはまだ無理でしょう、そこで手持ちのリールでPE1.5号が巻いてある、いつもジギングで使用しているスピニング3500番を使いました。

こんなでたらめのタックルでも、かなり釣れましたね。一重ににしさんのカワハギポイントの凄さでしょう!

二人でリリースも含め、20匹以上は短時間で上げました。

てなわけで、これで本当に納竿です。

にし船のシートは快適、天気も最高、そして釣果も最高!
最高の釣り納めができました!
ありがとうにしさん。

【今日の釣果】
マダイ 70cm 4.5kg
NCM_0158.JPG
カンコ4、全て私が釣る。 最大40cm超、1.3kg
NCM_0152.JPG
アマダイ5は、全てにしアマ達氏が釣る。
NCM_0153.JPG
カワハギ おそらく2人でリリースも含め25くらいは?
NCM_0154.JPG
にしアマ達氏とのカンコ-アマダイトレードにての持ち帰りの図
NCM_0162.JPG

さて、今回釣ったマダイを捌いてみると、尾の腹側に包丁を入れると、ガツンと何かあたります。

もしや!と思い慎重に捌くと!

また出ました! 鳴門骨。前回の葉山の大ダイのものよりでかいコブ骨です。心して味わいます!
NCM_0168.JPG

全てに感謝。
最後まで読んでいただき感謝。
そして今年一年、このブログにご訪問ありがとうございました。

※追記:一つ記録すべきことを忘れていました。 真鯛をはじめ、カンコなど、エサは前日スーパーで買った甘海老で食ってきました。一つテンヤ用のエビも悪くはなかったですが。



鳴門骨 [食べる]

先日釣った葉山大ダイ>>
NCM_0135.JPG

もう頭の半分とアラだけしか残っていません。

大ダイの味はどうとかよく言われますが・・・まだ3kg級は旨い範囲なのか、、、
お裾分けもありましたが、あっというまに腹の中です。
特にお頭が旨く、残りの半分は正月用です。

今日は、お昼にマダイのアラで味噌汁を作ったんですが、その骨をしゃぶっていると(笑)、、、

不意にガツンと歯にあたる異物を感じました。

骨を見ると、、、コブが出来ている。

奇形です。。。

NCM_0147.JPG
すみません、齧った直後の絵で・・・

ではなく!!!

偶然にもつい最近、この真鯛のコブの記事を見ていてピンときました!

そうこのコブは鳴門骨とも言われる、鳴門のような潮の速いところで切磋琢磨したマダイだそうです。

そういえばこのマダイ、尾びれが美しく逞しいと書きましたが、それを物語っていたんですね。

またタイラバハイスピード巻き上げで食らいついたのもこういうマダイだからだったんでしょうか?

この骨コブ付きマダイは、かなり味がよくマダイの中でも高級天然マダイになるそうです。

どうりで旨かったはず。もう少し早く気付けば、口の中で味わう滞在時間がもう数秒ずつ伸びたことでしょう。

葉山にはこんなマダイがいるんですね。

釣れてくれて感謝です。



冷たい西伊豆 2013/12/23 [ボート釣行記]

連休は、大海荘さんボートもお休み。仕事もかなり詰まっているし、、、

釣りはやめようか。。。

しかし天気予報を見ると23日(月)はナギそう。雪の心配もなさそう。

連休2日間仕事をして、3日目に西伊豆決定!

もう何回西伊豆へ行ったろうか? 今ではほんとうに距離を感じません。むしろ道中が魅惑的で(笑)あっという間に着いてしまうような。

いつものように前夜にC港泊。

寝つけはスペイン産ワインと洒落こみました。1ボトル500円の(笑)

翌朝、6時にボート屋さんへ。まだ暗い。

ボート屋のおやじさん、会う早々「今日は何狙うの? 昨日の風でかなり水温が下がっちゃったよ・・・」

なんでも前日出たボートは、朝9時には風とシケで撤収してきたとのこと。

まあ、今日は1日できそうなだけでもラッキーか。

朝一はアオリ狙い。ようやく今季初使用ティップラン専用ロッド、シマノBBボートの登場!
やはりいいですね。釣れそうな気がする。

風がないのと、波がまだけっこうあり、まあここはいつものようにキャストで対処。もちろんキャストといっても、アンダーで振り子キャストしますが、このロッドはテップランエギのキャストでも安心感があり、そしてよく飛ぶ!

しかし・・・ダメ。

まあアオリ狙いのA港ではなくB港なので何とも言えませんが、実績の14mから始め、水温が低いため30m~50m弱まで落としてみましたが、一度だけイカパンチらしきアタリだけ。

その途中、魚探で魚の反応があったので、このロッドに40gキャストスロジグを付けて狙うと、ホウボウ30cmくらいのが掛かりました。

早々に、魚釣りへ変更します。

まずは自作遊動一つテンヤから。まあこれはコンセプトの失敗。しかしエビエサながら実績の30mでもアタリ一つありません。

今度は、自作遊動エビラバ。これは一つテンヤ用親針&孫針にタイラバのネクタイとスカートをつけ遊動式にしたものです。ダメです。マダイ実績30m、40mのポイントでも外道のアタリすらありません。

前にマダイ連釣した水深80mへ移します。ここもアタリなし。
ほんとうに全くアタリがないので純粋なタイラバにしたり、そしてインチクで攻めてみたり、もうフォーカスボケボケです。

その中でも、インチクで底から10mくらいのところでガツンガツンと来て、一瞬重くなったアタリもありましたが、やはり活性が低いのか2度3度同じところへ落としても追ってきてはくれませんでした。

しかしこの死の海状態でインチクだけ手応えがあったのは嬉しかった収穫です。

次に事前に新規にプロットした水深140mへ移してみます。

そこで自作遊動エビラバで巻上中、アタリがありました。

しかしあまりにもボケボケ頭だったので、アタリがあっても「あれっ?これはタイラバ式で合わせるの?一つテンヤ式に瞬発で合わせるの?」と迷っている間にアタリが遠ざかります。

それでももう一度落とすとまた来てくれました。仕方ないのでタイラバ方式で、かなりゆっくり巻上げ、重くなった時に瞬発合わせをしました。

乗りました!

しかしマダイではなさそう。オニ? いや中層以上でのパワー不足。それでもこの水深で掛かり、重みはあるので「イイモンでしょう」と考えながら電動で巻き上げる。

水面に出てきたのは、カンコ37cmでした。

続くかと思いましたが、近くを探索してもダメ。

大ダイポイントの100mを攻めると、アタリはあってもかからず。エサ取り?

水深50mへ移してみます。タマガシラ一丁!リリース。

もう何もできずに時間ばかり経ちます。

ほぼマダイ実績ポイントを一巡し、元の30mへ戻ってきます。

普通の一つテンヤで、アタリがありますが掛かりません。エサ取り?

そしてようやく掛けました。竿先をたたきます。30cm弱のマダイでしょう。

水面には・・・小せええぇえ。20cm前後のチャリコでした・・・。リリース。

まあ。。。今日もマダイを釣ったということで。。。

また魚探に反応。

スロジグで合わせてみます。何も掛からず・・・とよくジグを見てみると何か引っ付いている。

あああ。。。10cmないエソ様です。ジグより小さい(笑) ちゃんと口にフックがかかってます。

ラストは自作遊動エビラバで終了にします。

ホウボウ35cmくらいGET。リリース。

最後の最後で、ガツン!とアタリがあります。一度目は掛からず。2度目に竿先を持ってゆくアタリ・・・。

25cmくらいのアカハタでした・・・。リリース。

終了。

【今日の釣果】
カンコ1 (37cm)
チャリコマダイ1
ホウボウ2
タマガシラ1
ミニチュアエソ1
アカハタ1

カンコさん37号が宝となりました。

こちらでは、この日の朝の予想気温は1度。しかし風がなかったので、それほどの防寒をしなくても寒くなく。むしろ気持ちいい1日でした。

満たされました。ホントよ(笑)


アマダイはいずこへ?しかし○ダイが来ました・・・ 葉山大海荘 2013/12/7 [ボート釣行記]

12月7日、土曜日に、葉山大海荘ボートから釣行しました。

ターゲットは、アマダイ、マダイなので、前日に車で大手釣具屋に大エビを買いにゆきます。

しかし、何ですなあ、横浜の某大手釣り具屋に置いてある大エビは子供騙しですな。

冷凍が解けてくると、頭がフラフラになったり、小さいエビが混じっていたり。
あと見た目ましな感じの商品も買いましたが、人間界の食品偽装と反対で、本物の芝エビらしきエビ。すぐ頭はとれないだろうか?

前にも書きましたが、西伊豆のときに立ち寄る沼津の釣り具屋トージンは、良質の大エビをいつも在庫切れなく置いてあります。このエビが葉山の釣行時にも手に入れば、釣果もだいぶ違ってくるでしょう。

いつものことですが、最初はポイントへ向かう途中でやる「ちょっと立ち寄りアオリ」から。今回はジギング、インチクはやめときました。

北風があるので素直にティップランで。

早速、手応えのあるのが乗ります。

モンゴウ 1.5kgでした。これはキープ。

すぐ次のポイントで、スミイカ 600gくらい? デカモンゴウがあるのでリリース。

ん?モンゴウ、スミイカ連釣? 水温が低くなってる? これで一先ずティップラン終了。


次に、遊動タイラバ!
いつものようにPEは0.8号でリーダーは2.5号を5m弱で、電動リールです。

アマダイ実績ポイントへ向かうところどころで水深を見ながらトライ。

最初はアタリがありませんでしたが、水深60mくらいからいろいろ反応が出始めます。

早速、マダイかと思う引きの魚がかかりましたが、ハナダイ33cmでした。

その後、飽きない程度にアタリがあり、イヨトリをGET。

前回釣ったイトヨリは干物にしましたが、家族があの黄色いラインが気持ち悪いということで、いつも自分だけで食べていましたが、この干物を食べさせたらかなりの絶品だったらしく、これなら是非知人にもあげたい、ということで、歓迎してソコイトヨリをキープします。

そうこうしながらアマダイ実績ポイントに到着です。

釣り方は、遊動タイラバに一つテンヤ用のエビをつけるエビラバです。一つテンヤ用のエビと言っても最初に書いたよう、貧弱で小さいエビで、逆にこの釣り方に合ってます。(笑)

アマダイですから底狙いですので、まず着底させ手巻きで3回か5回巻いてまた着底という繰り返しです。

時折、イトヨリだろうアタリはあるのですが反応悪し。。。

何回かポイントも変えやってみましたが、
ダメ。。。仕掛け回収! 電動リールをハイスピードで巻き上げます。

その巻上げ中、底にまだ近いところですが、ガツンガツンと穂先が踊ります。

どうせサバだろ。。。いやいやサバは「いいもん」です。しめ鯖が頭を過ぎり少し嬉しくもあります。

ん?しかし、サバ的な食い上げアタリからガンガン頭振りに変わる?

マダイみたいな引きをするサバだなあ(笑)

そして何度も真下に突っ込む。その突っ込み時もベイトリールが唸りを上げるときの「ヒューーーン」という音とともにドラグを引き出してゆきます。

スピニングだとジリジリ音でその魚の強さ大きさを判断できるが、無音の電動ベイトリールということと、まだ新タックルに慣れていないせいかデカイのか小さいのかよくわからない。

巻きは電動中速に変更しています。突っ込み時に電動音が唸り、スプールを見ると完全に空回りしている。

おいおいおい、これかなり引いてないか??? どう考えてもサバでなくマダイだろ。まあサバでもなくとも、マダイでもなくても「いいもん」に違いない。

西伊豆のときは水深100mから6kg大ダイを手巻きで上げているので、それと比べれば電動での巻き上げはあまりにも楽(笑)水深メーターを見ながら、バレないのを祈り、慎重に竿を立てることだけ。突っ込み時はヒザのクッションを利かせるくらいでしょうか(笑)

さてさて、そろそろだぞ!
リールに水深メーターがあるので、今回はほんとに「そろそろ」なんです(笑)

海中を見ていると、、、マダイならまず白く見えるはず。。。

なんだあ??? 七色でやけに長い魚。スターのようにオーラがかかってる(笑)
これが第一印象でしたが、、、



うわっ!キター!



やっぱりマダイだ!でかい!

64cm 3kg(血抜後、自宅検量)でした。
NCM_0134.JPG

この写真、合成写真のように見えますが(笑)マダイの目のあたりにあるのがタイラバ紅牙の100gです。ラバーも紅牙です。このフック、マダイの上唇に2本とも縫ったようにかかってました。まずこれならバレなかったでしょう。

そういえば上の写真では、尾びれが養殖イケスから逃げたやつのように見えますが・・・

どうです、力強く美しい尾びれです。精悍なオスマダイでした!
NCM_0135.JPG

よし、残すところはアマダイのみ。

ダメ。。。

アマダイ仕掛けに一つテンヤエビの小さいやつを付けてトライもしましたが、エサ取りの齧りもなしです。

しかし、この時点でまだ10時頃。心配なのはマダイが狭いイケスで1日生きているかどうか。今日は大型クーラーをボートに持ち込んでいません。中型クーラーは2つも持ち込んでいたんですが。

やはりマダイを放置死にはさせたくないので、この渋い時間に、一度、大海荘へ大型クーラーを取りに戻ります。

時間を取られましたが、気持ちいい仕切り直しです。

再出航で、またアオリポイントで寄り道アオリをやります。

ここで400gアオリGET。

またアマダイポイントへ戻り、普通のアマダイ仕掛けに小さ目の一つテンヤエビで攻めますが、相変わらずエサ取りもなし。

試しに、自作遊動テンヤに変えると、即アタリが出るようになります。ソコイトヨリが乗りましたが、やはり感触悪くない気がします。

同じような状況が続き、時間も迫ってきたのでアマダイは諦めます。

帰りは南回りで、手巻きでの一つテンヤをやるも全くアタリなし。そのままエギに付け替えてアオリ狙いへ変更。するとスミイカ500g。モンゴウがあるのでリリース。

時間となり終了です。

【今日の釣果】
マダイ1 64cm 3kg(血抜き後、自宅検量) 遊動エビラバ
チダイ1 33cm 遊動タイラバ
ソコイトヨリ 3  遊動エビラバ&自作遊動テンヤ
(イカ系)
アオリ1 400g ティップラン
モンゴウ1 1.5kg ティップラン
スミイカ2 リリース  ティップラン&キャストティップラン
NCM_0145.JPG
マダイの尾のあたりにある黒ずんだビニル袋はモンゴウとアオリが入っています。この後、流しが真っ黒に。。。

昨年、アマダイポイントでイナダが入れ食い状況だったことで、やはりアマダイのいいポイントは潮流れがいいと書きました。さらに今年5月の西伊豆での大ダイが砂地狙いで釣れた経験から、葉山のアマダイポイントでのマダイ狙いはいけると踏んでいました。それで敢えて本来マダイ用の釣法、タックルをアマダイ狙いに使っていました。

しかし今回のマダイは、タイラバにエビを付けていたから食ったのか、エビなしでも食ったのかは、わかりません。いずれにせよ、ハイスピード巻きで速く上がってゆくタイラバを下から追い上げて食いついた感じでしょう。だから掛かった瞬間はガツンと来ず、サバの食い上げのように感じたのだと思います。

最後にまた安物自慢ですが(笑)
西伊豆の小~大ダイと今回の葉山マダイとも、この安物ロッドで上げてます。タイラバではかなりいい感じで、自分としては今後この竿の調子が基準となりそうです。


メッセージを送る