So-net無料ブログ作成

雨が心地よいこの頃・・・少し寒く 2013/8/25 [ボート釣行記]

8月25日(日)に葉山大海荘からの出船です。

そろそろマダイ様ご機嫌伺いの一つテンヤと、今日一番ターゲットはソウダ。マルそしてヒラを。


朝は、浅場でカマス土産確保のため、今日はジギングではなくサビキを付けたジグサビキで。

やはりサビキにはよく掛かります。ただそのせいなのか、活性なのかわかりませんが、20cmくらいのチビカマスばかり掛かります。

なんとか30cm超えのアカカマス1尾GET。これ以上のサイズでもう1~2尾ほしかったですが、あとはチビカマスばかり。

その他、ワカシも時々かかります。前回もそうですが今回も35cm弱のが掛かります。一尾、かなりの引きで、もしかするとイナダくらいの大きさがかかりましたが、新品のフックなのに折れてバレてしまいました。

あと、念願のマルソウダ35cmもGET。以前、嵌っていたミリン干しが食いたかったんです。一応、刺身も念頭におきましたが、いざ実物を見ると腰が引けました(笑)。

カマスも静かになり、浅場はあきらめて一つテンヤ&インチクで沖に向かいます。

浅場の活性のわりには、沖の魚は静かな感じ。

ペンペンシイラもいつもより少し活性が低かったですが、ジグからインチクまで、やはり変わらずかかってきます。

60gインチクをキャストして、底を探るアクションで。

すると急に重くなる。そんなには重くはないが、何かがかかっている。

けっこうデカいマルイカでした(笑)

そういえば一つテンヤでも、クッと引き込むアタリに合わせ、グ~ンと重くはなるが途中で軽くなること数度ありました。この日はけっこうマルイカの活性が高かったんでしょう。

インチクでイカを釣ったのは、デカモンゴウに続き2回目。これであとアオリを釣ればイカチク免許皆伝です(笑)

もう一つ初めての出来事がありました。

一つテンヤで、エサ取り系のアタリが多くなかなか掛からず、エサを確認しようとテンヤを上げ、水中を見ていると、テンヤにフグがチェイスしてきました。

リーダーを切られるとやばい!と急いで巻くと、勢い余り、水面からテンヤが飛び出しました。

その瞬間、フック指貫通事件と同様、またスローモーションになりました(笑)

・・・このフグ、完全にトラフグの模様と色合いをしているぞ~。

・・・間違いないトラフグだ!!!

・・・テンヤを上げる速度を遅める! しかし時すでに遅く水面からテンヤが飛び出る。。。

・・・フグも水面に出たテンヤを追ってジャ~ンプ! シイラか(笑)

そのままお帰りになりました。フグはどれも凄い執念を持つ魚ですね。

そのあと一つテンヤではソコイトヨリだけ。インチクで中サバ。

大粒の雨も時々降ってきて寒くなるほどです。

一つテンヤに見切りをつけ、ラストは浅場でジギング。デカカマスの土産のためには、ジグサビキで。

やはり小型カマスばかり。3本あるサビキ針も噛み切られ1本になってしまってます。

さて、終了しようかと、片付けを開始したとき、背後で魚のボイル。

ジグサビキを投げてみると、何か掛かりました。

軽い?しかしかなりスイミングパワーがある、プルプルした感触・・・ソウダですな。

小さいマルソウダか・・・しかしよく見ると、これぞ今日の第一ターゲット、ヒラソウダでした。ラストに残ったサビキ針にかかっていました。

小さいながら30cmは超えていましたので嬉しい土産となりました。


【今日の釣果】
カマス 12くらい? 30cm超1匹のみキープ
ワカシ 4 全リリース
カサゴ 1 リリース
シイラ 6くらい? 全ペンペンサイズ・リリース
マルイカ 1
ソコイトヨリ 1
サバ 1
マルソウダ 1
ヒラソウダ 1


今日はカワハギのベテラングループが7,8人くらいで出船していましたが、全然ダメだったそう。ダメというのはボウズという意味ではないとは思います。

カマスは塩焼き用に冷凍キープ。

マルイカの身とエンペラは刺身に、ゲソは冷蔵庫放置式スルメに。

ソコイトヨリは昆布締めとフライ。昆布締め技術があればアマダイと肩を並べますね。そういえば、あるデパート地下の鮮魚店では、ソコイトヨリがアマダイ並の値段してました。

マルソウダは待望の味醂干し。

ヒラは刺身に。確かにヒラの刺身は美味い。これから秋に向かって脂がさらにのってたまらんでしょうね。なんとかヒラ取り術を身につけたいところです。




今日も何か起きそうな不気味な・・・葉山2013/8/11 [ボート釣行記]

8月11日(日)に、葉山大海荘から出船しました。

朝は、浅場でキャストジギング。

カマスは相変わらずの活性。キャスト毎にアタリがあり、掛かります。

今日は、アカカマスが顔を出す。型も35cm前後まあまあ。大型2匹をキープ。

小型はヤマトカマスばかりでした。

前回、ヤマトカマスを刺身で食べましたが、旨くない・・・。やはり刺身はアカカマスですね。しかし、ヤマトカマスも塩焼きにすると、これまた恐ろしく旨い。

その他、ワカシもちょこちょこ顔を出します。まだまだ小さいのが多いですが、大きいのは30cmを超えてきました。

途中ジギングをしていると、何やらガスがかかってきました。かなり濃い霧で、陸も沖も見えなくなってしまいました。

長年この地でやっている大海荘さんもこんな霧は初めてと驚き、心配して電話をくれます。

「戻ってきてもらいたいが、この状況だと危険なので、なるべくその場を動かないように」とのこと。

霧はなかなかとれません。姿は見えないのに近くで人の話が聞こえると思うと、数mくらいでそのボートが幻想のように浮き上がって見えてきます。

ガスとしてはかなり長い時間かかってましたが、ようやく晴れる。

もう大丈夫だろうと、水深60~70mポイントへ。

途中、インチクやキャストジギングをすると、依然状況変わらず、ペンペンシイラがどんどん掛かってきます。

置き竿で、電動リール&オキアミ&イカ短、流し。

早速、イシモチが掛かる。これは知る人ぞ知る旨い魚。

続いて、30cm級アジのダブル。この水深だからどうせマルアジだろうとリリースしよう思いましたが、よく見てみるとマアジでした。

その後、置き竿では、ソコイトヨリ、ヒメコダイ、そして待望の40cm級のゴマサバ。

このオキアミ&イカ短仕掛けを上げるときもペンペンシイラが掛かってきます。

キャストジグならシイラが掛かったらジャンプの時、ラインをフリーにします。すると、大体フックが外れます(笑)

ただ今度、ペンペンでも1匹くらいは持ち帰りしてみようかと思います。

そうこうしているとき、この沖合にいるときもまた濃いガスがかかってきました。

朝と同じように、沖も陸も全く見えません。

GPSがあるからまだ気分的に余裕があるのですが、何もないとかなり不安になる状況です。

さらに厄続きの身、このガスがまた次なる災難につながるのではとヒヤヒヤでした。

しかし今日は無事終了!

釣果も旨くて食べたい土産ばかりでしたので、これで万事OK!です。


【今日の釣果】
カマス? 大型アカカマス2匹のみキープ
ワカシ 2
シイラ ?
イシモチ 1
マアジ 2
ソコイトヨリ 1
サバ 1




厄続きも開き直りの恍惚感 2013/08/03 葉山 [ボート釣行記]

8月3日(土)葉山大海荘からの出船です。

朝一は、いつもどおりアオリをやるも反応無く、すぐカマス狙いに変更。

30分もしないうちにすぐ10匹くらいGET。

前回は、アカカマスばかりでしたが、今日はヤマトカマスが大半です。

葉山一色の水深10m前後はカマスだらけです。30cmオーバーがけっこう多いです。

こんなにカマスだらけだと、アオリの赤ちゃんはどんどん食われてしまうでしょうね。

その後、沖に出て、一つテンヤやインチク、ジギングなど。

そこで今日も(笑)、ちょっとしたアクシデントが発生しました。

沖でジギングをしていると、相変わらずシイラばかりかかります。

ペンペンシイラばかりで持ち帰る意志はないので、アオリの生存重視のリリース法、海面リリースをシイラにもしていました。

しかし、シイラはアオリと違い、いつまでもめちゃくちゃ暴れます。

ペンンペンシイラのかかったジグをアオリのエギと同じように手に持って、フックを海面上で外そうとしたときです。

その瞬間がスローモーションになりました。。。

シイラが暴れる・・・

手に持ったジグが滑って跳ねる・・・

ジグのフックの先端が左手中指に掛かっているのが見える・・・

少し痛みを感じた瞬間、自分の中指の画像が、暴れるシイラの画像に遮られる・・・

シイラが暴れる絵を見ながら、フックが中指に刺さってゆく感触・・・

所謂、あの事故が起きるのか・・・

そんな馬鹿な(笑)

シイラが視界から外れ、自分の中指が見える・・・

ああああああああっ!!!

中指第二関節腹から突き刺さったフックがカエシを出して第一関節から貫通している絵が見える・・・

おぞましい光景、、、とうとう自分に起きてしまった・・・

あれっ、でも想像したよりあんまり痛くないな。。。

そういえば、ほんのつい最近、外国人がYouTubeでフックの外し方を、わざわざ自分の腕に刺して解説していたのを見たぞ!

そこではカエシ(バーブ)を突き抜けさせる痛そうな場面があったが、私の場合、もうカエシは突き出ているから楽でしょう♪

しかし、その解説どおりフックを切断できるのか? ツールは?

あれっ!?

以前、オニの棘を切るためにオニカサゴ乗合のときはいつも常備していたが、ボート釣りではオニ狙いでもまず持ってこなかったニッパーが今日はなぜか用意されている(笑)

これで完璧に落ち着く(笑)

それではせっかくだから記念撮影して、、、
NCM_0055.JPG
残念ながらブレてました。気分を害される方もいるかもしれませんが、誰でもこういう危険性があるということを受け取ってください。事実、私自身こうなるとは一切思っていませんでしたので。

カエシ側のフックをニッパーでパチンと切断。

無事フックが抜けました。

一応、感染症が怖いので、その後、赤ちゃんのように中指を四六時中、チューチューして血を吸いだして吐き捨てるを繰り返す。

そのうち血もでなくなり、そのまま釣りを1日貫徹できました。
しかし、この種のアクシデントは今後大いに気を付けたいと思います。

【今日の釣果】

カマス 多数 ※7匹だけキープ
シイラ 多数 ※全リリース
サバ 3(20~35cm) ※小さく痩せていたので全リリース
イシモチ 1(35cm)
ソコイトヨリ 2
ワカシ 1 ※リリース
ソウダ 1 ※ナチュラルリリース(笑)

そういえばですね、、、
1匹のカマスにアニサキス君がいましたよ。ご注意を。



メッセージを送る