So-net無料ブログ作成

サバ祭りも終わりに近いところでようやく最高のものが 2013/7/28 [ボート釣行記]

朝一は、毎度のアオリ占い。

反応なし。そこで思い出したのが、最近、根回りのカマスが調子いいとのこと。

エギを20gジグに変えてキャスト。ショートジャーク&ステイの繰り返し。

すると一投目からカマスのアタリ。よしっ乗った!

しかし、フッと軽くなる。ばれた感覚ではなく切られた感覚

巻いてみると、やはりリーダーから切られその先のジグがない

これではアオリができなくなるのでカマスは後回しに。

その後、アオリ700gメスGET。

少し粘るが、今日は、水上バイクの方々も朝早い。アオリポイントを爆音と奇声で走り回る。こりゃダメ・・・。

アオリを終えて、またカマスに戻す。

もうデカイフックのジグしかないのでリーダにサビキ仕掛けを付ける。

何やらちょこちょこサビキ針にかかるが全てウルメイワシ。イケスにキープ。

イワシも10匹くらいになったので、いざ電動リールインチクへ、水深100m超えポイントへ向かう。

途中、一つテンヤをやってみるとソコイトヨリ。その後、アタリがないので見切りをつけ電動リールインチクポイントへ向かう。

アタリなし、なし、なし。
電動リールインチクはしばらく休止!

イケスのイワシは全部亡くなってしまい、オニ仕掛けで、死にイワシ餌を流す。

アタリなし。

同時に手巻きのインチクをやるとペンペンシイラ。さらに30cmくらいのサバ。

イワシ餌をオキアミに変え、ヒメコダイ3。そしてようやく40cm少し超えの待望のサバ。丁寧に処理してキープ。

また一つテンヤに戻し、そこそこのアタリが出るようになるが掛からず。

一つテンヤでも仕掛けを上げるときにペンペンシイラに見つかり、何度もヒットしてしまう。以前、サバだったのが今ではシイラに。

南風が出てきて波立ってきたので、浅場に戻りカマス攻めアゲイン。

フックが大きいジグしかないので、なかなか掛からない。

ようやく36cm筆頭に数匹のカマスGET。

しかしやはり6号リーダーでも切られ、ジグを数個なくす。

ここで朝はイワシしか掛からなかったジグサビキにしてみると、即かかる。が、仕掛けをめちゃくちゃにされる。

残るタックルは、電動リールタックルだけ。水深10mで電動タックル(笑)

疲れて数回でやめました。

カマスは今かなり反応いいので、かなりおもしろいですね。10m以下の浅場で40cm近いのがゴロゴロいるような感じです。

【今日の釣果】
アオリ1(700g)
イトヨリ 2
ヒメコダイ 3
サバ 3くらい(30~42cm)
ペンペンシイラ 4~5
カマス 5(25cm~36cm)

サバも以前のように鳥山も立たず、デカいやつが入れ食いというような状況でなくなってきました。今日釣れた40cmサバは非常に貴重なものとなりました。もう一匹かなりの引きのサバをインチクで掛けましたがバラしてしましました。

この前の西伊豆で持ち帰ったサバの締めサバ失敗から、いろいろ検討し、以前から知ってはいたけど敬遠していた砂糖で締める方法を試してみました。

大正解でした。かつてない旨い締めサバが出来上がりました。

参考サイトで調べてみると、砂糖は塩よりも高い脱水力がありながら塩辛くならず、最初に約40分くらい砂糖で締めれば、その後は塩で締めてもあまり塩を吸収しないそうです。そのせいかサバの脂とそのうまみがかなり際立つものとなりました。(参考サイト:「ガッテン流しっとりしめサバ」) 砂糖のあとの塩締めはこのサイトの時間より短くても長くても好みでいけると思います。

こうなると、うまいサバをもっともっと釣りたい。しかしもうサバ祭りは終わりか。。。

カマスのほうは、水っぽく刺身には向かないとは聞きますが、釣った当日限定?歯ごたえがあり炙りとあわせてなかなかのものでした。以前、スーパーで買ったものでも美味しかった記憶があります。

今日は、今一魚の活性が低かったように思われます。ここ最近の天候不順、特にゲリラ豪雨などの影響があるのでしょうか。



タグ:アオリ

葉山いつもの活性はなかったか 2013/7/20 [ボート釣行記]

私の第二のホーム西伊豆が大雨で床下浸水など大変なことになってしまっていました。釣りだけでなく行くだけで心安らぐ西伊豆。お住まいの方々には心よりお見舞い申し上げます。

以前も西伊豆で車中泊しているときに、車を叩きつけるような大雨が降ったこともありましたが、これからは西伊豆だけでなく、また大雨だけでなく自然災害全般、そしてボートに乗る以前から十分警戒しなければいけませんね。


さて、20日(土)に、葉山大海荘から出船です。

いつものように朝一~潮どまりまで、アオリ狙いです。

1杯目は、プルプル揺れアタリ後、完全止まりアタリ、といっても不自然な止まりアタリではない自然な(笑)止まりだったので半信半疑で引っ張ると乗りました。300gと思われる弱い引きでしたが、800gメスアオリでした。

2杯目は、一瞬ガツンともっていかれるキロオーバーを思わせる衝撃アタリでしたが、400gオスアオリ。

天気もピーカンなので、アオリは予定通り潮止まりで終了。

沖へ出て、まずはインチク。

今日は全く鳥山は出ません。魚探でのイワシの群れも見当たらず。サバの入れ食いもありません。

時折、インチクでサバがかかりましたが、35cm前後の小さいものがポツポツ。

ならば電動リールインチクをやるべく水深100m超えポイントを目指す。

その途中、ナブラを発見。ジグをキャストすると、即ヒット!エラ洗いジャンプ。80cmくらいのシイラです。

シイラの刺身が食べたいが、これを持ち帰るためには大型クーラーのある車まで戻らなければならないので、今回はその気もなく、魚をボート近くに寄せてグダグダしていたら・・・

魚探ステーにラインを絡められる。さすがのパワー、ステーを支点にどんどんラインを巻き込まれる。

そしてロッドの穂先までステーに巻き込まれてきました。。。ラインのようにステーに穂先が巻きついているので、やられた、、、と思いましたが、さすがにダイワのジギングロッド、持ちこたえてます。

急いでドラグを緩め、ステーをリフトアップし、なんとかラインと穂先を外して事なきを得る。シイラも取込み、即リリース。

再度、ナブラにジグをキャストすると、即ヒット!シイラ入れ食い。しかしその後は、40~50cmのペンペン級。小型でも掛けてしまうと、ボート内でかなり暴れ、かなり面倒。楽しいが、、、ストップ。

水深150m超えに到着。電動リールインチク開始。

しかし無反応。事前に抱いた希望イメージも崩れてくる。

それでも粘っていると、アタリはガツンときたかこないか? 魚が掛かっているのかもわからず上げてみると、25cmのシロムツ。

その後は無反応なので、前日スーパーで買った豆アジをオニ仕掛けで投入。

アタリらしきものがあったような違うような、、、結局何もGETできず。

水深75m近辺へ戻ってインチクとデュアルトライも、何も食わず。

途中、またナブラを発見。ジグをキャストするとやはりペンペンシイラ入れ食い。

シイラしかいないと見切り、終了。

【本日の釣果】
アオリ2(800g、400g)
サバ
シイラ 入れ食い
シロムツ

西伊豆のスロープで受けたケガ、まだ右肩を上げると痛みがあります。。。



タグ:アオリ

2連荘釣行 今回ははっきり認めましょう散々でした。 2013/7/13・14 [ボート釣行記]

3連休なので7月13日、14日は西伊豆2連荘を計画しました。

この暑い中、車中泊は大丈夫だろうか? 今後のこともあり初日だけやってみることに。

事前にGoogleのストリートビューで、途中、標高高いところで、車中泊できそうなところを探してみる。

適当なところがあるにはあるのですが、そのあたりは真っ暗なところ。いつも夜、そこを通るとき時々ヘッドライトを消して試すと本当に何も見えなくなるとろころです。

こういうところはお化けがでるのでやはりやめときます。(笑)

常宿である西伊豆B港駐車場へ。

しかし、ゲートが閉まってました。海水浴シーズンの関係でしょうか。

素直に出航地のA港で車中泊。

窓を開け、ムシ除けのスプレー、そして天然ハッカ油スプレーを身体に付けて寝ると寒いくらいの感覚。

4時間の集中短眠で、なんとか苦もなく1泊。

朝起きると、湾内はいつもどおり凪。しかし、遠く見える外海は白波が岩に打ち付けられて数m上がっている状態。やはり完全なシケですね。今日は外海は無理。

5時30分くらいに出航。

釣っていると海面に茶色い背びれ。どうも湾内、1m~1.5mのサメが徘徊している。

よくは見えなかったが、トンカチ頭?

アオリは朝からやるも反応なし。

インチクに変えても、魚もほとんど反応ないので、サビキで子カマス、エソ。ジグでカサゴ。

極暑のピーカンの中、昼過ぎくらいに用意した飲み物も500ml×3を全て飲み干してしまいフラフラに。熱射病ほどではないので続行。

そのせいか、年のせいか・・・

釣りを終え、ボートから荷物を降ろすのに、スロープにつけようとしたとき干潮で潮位が最下位でした。それで、スロープにボートがうまく乗らず戻されてしまったので、船首から牛若丸よろしく(笑)スロープに飛び移りました。

すると、当然スロープは滑りやすく。。。かなりの勢いで滑ってひっくり返り、右半身をスロープで打ち付け半身海中へ。

一瞬、「右大腿骨が折れた!」というような激痛。しかしボートが流されるのですぐ気を取り直して急いでボートのロープを引き寄せる。

かなりの激痛ながら、立ち上がっているのだから骨折はないだろうと、自分に言い聞かせ。

私は主に30台で格闘系の○真空手をやっていて、一応、選手練習クラスにも出ていました。そのときに全日本や世界選手権に出場するような10台、20台の選手の練習台で(笑)、アバラを折られたり、少なくとも下段で足腰が立たないよう徹底的にやられました。

そのときの1稽古でうける下段ダメージをその一瞬でうけたような感覚でした。。。

あと右腕は、付着貝殻のせいででしょう血が出て傷だらけ。まあ歯とか折らなくてよかったですよ。

幸いにもそのカッコの悪いところを人に見られていませんでしたが、もし自力で立てないようなダメージでしたら、逆に人がいないことが恐ろしいことになっていたかもしれません。

翌日以降、右半身の打撲通で、特に右大腿の痛みは和式の便器ではかなりの苦痛。右肩も痛みで上がりません。

また年寄の思い出話ですが(笑)、この打撲痛も、20台の頃、筑波サーキットのバイクレース(SP-II、F-III)で、転倒した翌日の全身打撲痛なみです。

その日はリゾートホテル予約でしたので、温泉でゆっくり療養しました。こういうアクシデントの功名か心理的にはずいぶん安らぎましたね。

【1日目釣果】
カマス 5
カサゴ1
エソ3


2日目

朝のうちにアオリ300g1・・・。

どうも今年は、アオリはいない?。。。昨年は同じポイントで、悪くてもキロオーバーは必ず来てました。潮も昨年はむしろやる気無くすくらいの澄み潮でしたが、今年は濁っています。アオリにはいいはずですが、濁る原因が問題なのか、単純に個体数が少ないのか。

海況は昨日より多少よくなったが、やはりうねりはまだまだきつい。

湾口ちかく湾内でインチク。

イワシのナブラで大サバがちょくちょくかかる。

いままでで一番のデカサバを上げたと思ったが、実際は50cmいかず。よくみるとゴマサバだったので大きく感じたのかもしれません。

サバがまあまあ食ってくるが、葉山の入れ食い感があるので、あまり釣れるようには感じず。

すると今日もサメが徘徊している。サバを捌いてイケスで血抜きをしたせいだろうか、その匂いでサメがこちらに向かってきた。

彼と(彼女?)目が合った!はっきり見えた。やはりハンマーヘッドシャークでした。

こいつのせいなのか分かりませんが、湾内でインチク、スロジグやるも反応ないので、まだまだうねりがきついが湾口近くの外海に出てみる。

時折高い波がくるので怖く、また他の釣り船が皆無なので、かなり用心して釣りをしてみる。

それでも流されて徐々に水深100mに近づき、電動リールでのインチクをテスト。

ダメ・・・海が悪く、小さい外道系の魚以外釣れず。

タイラバ、一つテンヤに変更しても、ほとんどアタリなし。

ただタイラバで、以前、オヤッと思ったことがあって今回も試してみると、今回もやはりウンと確認できることがありました。ただこれで魚をかけるにはタイラバの改造が必要そうです。

一つテンヤのほうは、やっていると、クインクインと明確な当たりながら、グ~ンと重くなりしばらくして巻いている途中にスグ軽くなる輩がいて、エビの脳だけを齧られています。

落とせば、必ずアタリが出るので、何者だ?と粘り、なんとか水面まで引っ張ってこれたやつを見るとマルイカでした。しかしこれも水面で逃げられる。

魚影濃そうなので、急ぎ、3.5号エギにナスオモリを付け一つスッテ形式でやるも即根掛かりで高切れロスト。

マルイカより、高切れライン、エギのロストに落胆しこれでマルイカは止め。一つテンヤに戻す。

ほとんど魚信なし。うねりがかなりきついので、アタリ取りもむずかしいながら、齧りもほとんどなし。用意したエビも半分以上残って終了。

【2日目の釣果】
アオリ1(300g)
サバ 10匹~
他外道系 2

今年の西伊豆、以前書いたように藻がすごかったので親イカがバンバン入ってくると確信していましたが、どうも見当はずれだったようですね。まあその見当はずれも別でいい釣果が出たので、よしとしましょう。

海水浴シーズンに入り、この大きくない湾内に、水上バイクが徘徊し始め、アオリポイント上に海上パーティか毎回大きなクルーザーが陣取り、もうまともにはアオリはできそうもありません。

この日は、ダイバー情報によると、沖にある根で、ヒラマサやらワラサがカマスを追い回しているそう。さすがにそこまではいける海況ではなく。なかなか攻めさせてくれませんね。今後、西伊豆は海況を見ながらこちらで期待しましょう。

帰りにボート屋のおにいさんと話込みましたが、今年はやはりアオリは全然ダメだそうです。イケスまわりのヒラスズキもダメだったそう。どうもイケス内のイワシが今年早々に撤去されたこともあるのではないかとのことです。今、大半のイケスは空だそうです。

帰りの車では、自分でも怖いくらいに底が抜けているようにいくらでも飲み物が飲めました。そのせいでしょうか、過酷な2日間ながら行くときより1.5kg体重が増えていました。

打撲痛はまだまだ続きそうです。いつまでも若い感覚ではダメですね。

今回はサバ2匹持ち帰りなので、迷いましたが、帰りの芦ノ湖、早朝箱根神社参りはなし。しかし西湘バイパスを降りたあたりで夜10時なのに渋滞。ならば芦ノ湖泊も意味があるんですね~。朝の空いた道路での帰宅は気分いいですから。

最後にはっきりいいましょう、この2日間は散々でした。しかし散々の中、帰りの道中で見えたデカイ水平線や、温泉、夜景は最高でした。

散々なることもそれは単なる状況、Yes!と言って抱きしめましょう!



散々な1日のようで、本当に散々だったのか? [ボート釣行記]

7月6・7日の週末、予報で、南西強風で完全にアウトなのが前週からわかってました。

しかし6日土曜日になって聞くだけ聞いてみようと、西伊豆A港のボート屋に電話してみる。

すると湾内なら大丈夫とのこと。

行く気はほとんどなかったのだが、予想外の返答に即答で「じゃあ行きます。」

あと天気予報では、強烈な暑さになるとのことと、日曜日の遠距離なので、疲れと寝不足で翌週の仕事に差し支えるとまずい。

それで車中泊は止め、夜遅い到着、早朝チェックアウトが可能なリゾート系ホテルを予約。

夜10時にホテルに着く。途中、西伊豆はかなりの雨が降った気配。。。

暑くて寝られないとまずいということでとったホテルだが、寝てる途中に冷房の効きすぎで何度も起きる。。。半分眠いのでエアコンを消す気が起きませんでした。

当夜は、車中泊でもいけそうな気温でした。。。

朝チェックアウトして外に出ると、風の音と波の音が物凄い。。。これはまずいでしょう。止めるか?

しかしホテルから車で5分くらいのA港につくと、これが風もないし海も静か。それに天気もガスがかかりモワ~としてアオリの雰囲気ありあり。

これはいい日に来たか!いざ出航!

しかし雰囲気とは裏腹に、まったくアオリ反応なし。

ベストポイントへいくも、ここはさすがにウネリがかなりきつい。下手ににアタリ取りすると逆効果です。ステイは超短く即フォール。

水深浅いところは反応皆無だったので、水深20m弱でバーチカルエギング(中錘式シャクリ)。

とはいえタックルは、普通のエギングタックルで”中オモリなし”での実践です。

ボート近くでエギを着底させ、中オモリ式に縦にシャクリます。思いっきりシャクるとラインが絡みますので、頭上で一度止めます。

そしてステイさせずに即フォール。ラインを張らず弛ませずのゼロテンションで中錘がない分、エギのフォールに合わせてロッドを下げます。

エギの沈下速度にもよりますが、中錘式と同様、8秒くらい落とします。そこが大体底から約1~2mとして少しアタリ待ちのステイをさせます。ティップランと逆です。

すると何やら、イカの水流気配。バーチカル式ですからアタリの様子見をせず機械的にシャクリますがやはり乗りません。

水流気配と揺れアタリは違います。シャクれば近くにいるので事故的にかかることはあるはずでしょうけど、経験上まずかかりません。

これ絶対来てるだろ。。。うねりの間を見ながら底側でラインがはったときにステイさせると、

グンと抑え込みアタリ。合わせると乗りました。800gメスでした。

この時点で開始から1時間半くらい。さあこれからかな?

という期待も外れ、他にタイラバ、インチクも交互にやりましたが、、、魚のほうもほとんど反応なし、恐る恐る外洋にでるが魚の活性なし。危険なので即退散。

この日は、朝からアオリヤエン師が多かったが、もう昼前には誰もいなくなっていました。

結局、1日アオリをやる気にさせる天気ながらも海況・潮倒れでした。事後レポートとしてダイビングサイトで海況を調べてみると、どうも潮色も水温も3層になっていて、底はかなり冷たかったようです。

釣ったアオリは持ち帰りたかったが、メスで1杯なのと、帰りが夜遅くなるので結局リリース。清々しくしました。

【今日の釣果】
アオリ1(800g)

帰りは、温泉施設、恒例のラーメン屋。

ラーメン屋は日曜の夜なので混んでいる。つけ麺と餃子を頼んでも、先に餃子だけ。それを食い終わってからつけ麺が出るという始末。

まあ忙しいと外食の仕事も大変ですね。私も学生のころは、吉祥寺の料亭で京の板前さんたちの手伝いのバイトをしてましたからその地獄さはよくわかります。

そして自分の今の仕事を再認識するいい社会見学になりました。ああいうスピード感が大切だと。スピードがでれば直観が働いてくる。

食べ終わり店を出ると、この店の照明に集まった無数の羽アリ系の虫が、その近くに置いていた私の車を黒く覆い被さっています。まるでホラー映画のよう。。。

振り払ってもダメ。ササッとドアを開けて中に入るも、かなりの虫が車に入り込み、帰りはこれらの虫と格闘しながらの運転でした。

あと、そうそう、沼津、三島あたりの運転の特徴なんでしょうか?

店の駐車場や脇道から本線に出るとき、ありえないような危険なタイミングで入り込んできます。

本線を走っているこちらは、釣り帰り、温泉帰りでまったりしてスピードは出していませんが、これまで何度もヒヤッとさせられています。

案の定、この日も子供の飛び出しよろしく2回も衝突寸前で本線に入り込んできました。

これまで数度この地でそういう経験があったので、こちら側、反対側関わらず側道から本線に入ろうとしている車がいると注意MAXして事故回避しています。

少なくとも、東京、横浜ではまずありえないタイミングです。しかし何度もありましたから、この地のリズムなのでしょう。これからも最大限の注意を払います。

結局、ホテルの冷房から始まり、貧果など、散々な感がありましたが、帰ってからなにかこう気分的にスッキリ感が出てきました。

この釣行前、かなり根を詰め仕事し、その疲れ滞った感ある自分の生体リズムが、この釣行で具現化し即解放されたようなイメージでしょうか。

行ってよかった。ということですね。


メッセージを送る