So-net無料ブログ作成
検索選択

釣果変わり映えなし・葉山沖 2013/06/29 [ボート釣行記]

6月29日(土)に葉山大海荘から出船しました。

いつものように朝一でアオリ占い。8時ジャストの潮止まりまで。

いつものことですが、朝一から反応ありません。

今回も、そろそろ終了しようとした間際、クックーと竿先が入る。

600gメスでした。小吉とでました。

風がないのでその場で留まっている。オスがいるだろうと同じ場所へキャスト。

即、クックーと穂先が入り、同サイズの600gオス。同じく小吉。

更につづけましたが反応なし。結局1ペアだけしかいませんでした。

この日、数日前までは雨予報だったのに晴れています。これでアオリを止め、沖にタイラバ、インチク出動です。

まずは浅場でキャストインチク。反応なし。

前回、ジギングロッド&リールを海に奉納してしまったので、新規で一式揃えました。

やはりインチクはスピニングのほうがよさそうということで、リールはスピニングにしました。

この日は、鳥山、イワシ反応なく、魚静かな海です。

それでも、ホロカラーのインチクを落としてみると、早速、着底前に何かに捕まる。

かなりの引き。「こりゃあサバどころではないな~」

サバでした(笑) 50cmくらいでいい型です。

いつものように鳥山無くても、魚探反応なくてもサバがかかってきます。

試しにスロージグに変えてみると、魚探反応がないせいか着底はさせられます。

早速、大き目のソコイトヨリ。続いて、100gジグを丸のみの大サバ。

タイラバも何度もやりましたが、こちらもサバ。

サバはもういいので、釣ったサバを切り身にして、オニを1回釣ったポイントでオニ参り。

何の反応もなし。。。個体数が少なすぎる。それか全然いないか。

葉山沖では、まだまだポイント探しが必要そうです。

ただ、ジギングロッド&スピニング手巻きでやっていたので、何度も上げ下ろしはきつく諦めます。

続いて、オキアミ餌にしてみますが、潮流れが悪く、こちらも反応が悪く外道の齧りアタリもなし。

ヒメコダイ1のみでした。

深場は諦め、岸に戻りながら、タイラバやインチクで攻めてゆきますが、時折、サバか?ガツンとくるものの魚がかかりません。

南風が徐々に吹いてきて、波も高くなってきました。魚の活性もなく終了。

【今日の釣果】
アオリ2(600g×2)
サバ? (大型ばかり)
ソコイトヨリ1
ヒメコダイ1

大き目のマサバは、圧力鍋で水煮にしてみましたら、缶詰と同じように骨までサクサク食べられるものができました。

ゴマサバでは、しめ鯖、炙りしめ鯖、最高においしいですね。

しかしさすがに食いすぎました。サバの匂いが鼻に着くようになってしまいました。

しばらくはサバは食えません(笑)

奉納釣行。。。2013/6/23 [ボート釣行記]

6月23日(日)に、葉山大海荘から出船しました。

今日は、やはりオニ退治、、、いえいえオニ参りしたく、海況可能であれば、100mから一気に落ち込む150mまでを初攻めしてみようと計画しています。

その前に朝一はいつものアオリ占い。45分だけトライしてみよう。

しばらくするとアオリ乗合船が2隻も来ました。ということは最近、よく釣れているということ。

しかし、私のほうもアオリ船のほうも音沙汰なし。

そろそろリミットの45分で、やめようかと思っていたときのキャストで、久しぶりのイカの水流気配。

ここで合わせてしまいました。やはり2度追い、さらなる水流気配はでません。

しかしここにイカがいるのは間違いないのと、風がないので移動せず、ピンポイントで同じ場所に再キャスト。

着底から緩めのポ~ンポ~ンシャクリ3回のステイで、今度は戻りアタリ&プルプル揺れアタリ。

乗りました。700gメスアオリでした。

吉とでました(笑)

その後、乗合がいるので、浅場側でSP釣法。

ボート近くに寄り回収するエギを見ると、小さな400gくらいのアオリが水面までチェイスしてきました。

しかし小さいのでスルー。

最後のキャストで、インチクタックルの準備をしながら、ラインをフリーにしてエギを底放置。

インチクの準備ができたとき、既にだいぶラインが出てしまってます。一応、軽いシャクリでステイ。

???何か、微妙に触ってる? 合わせても乗りません。ラインがかなり斜めだから海藻か?

やはりイカだろうということで粘っていると、2~3度目のシャクリセットくらいで乗りました。生体反応はあれど異様に軽い。

小さいマルイカでした。

その後、乗合船も釣れていないので、アオリは11時前の潮どまり前後でまた戻るとして、インチクで沖に向かいます。

まずイワシの反応で落とすと、何かかかった!サバではない!

大き目のソコイトヨリでした。。。

その後は、またサバサバサバ。着底させることができません。

6匹だけキープ。しかし上層のサバなので、40cm前後の最近では小さ目のサバばかりでした。

その後、家から用意したサバ餌と電動リールでオニ参りです。

何かアタリはありますが、小さい魚の齧りだけ。水深150mまでいっても同じ。

時折、サバがかかります。底でかかるサバは比較的大きく45cmくらいなので、どうしてもキープ数が増えてゆきました。

そうこうしているうちに、潮どまりの45分前。

沖遠方から浅場に戻りアオリ再開。

朝のアオリ乗合船2隻がまだいる。ということは釣れているのか?

乗合船より浅場位置で、キャスト&ポ~ンポ~ンシャクリで、アオリ追加。しかし400g。。。

そのうち乗合船のうち1隻がいなくなりました。

帰ってから、この日のこの2隻のアオリ船の釣果を見てみると、残ってたほうはアオリ船中0、去ったほうは0~3でやはり午前中は厳しかったようです。ということは移動先で乗ったということでしょう。

乗合船が長居していようとイカが乗っているところを実際に見なければ、その日の活性は読めないですね。

天気はこの時点でピーカン。潮色もエメラルドグリーンのところがあり、アオリを中断、また沖に魚を狙いにゆきます。

沖で、あっちこっちで魚がボイル。サバか?

インチクを落としてみると、10mも落ちないうちにサバがかかります。

このボイルがサバだと断定して止めようとしたラスト一投、海面からほんの5~6mでインチクの重みがなくなります。

合わせるというよりロッドを少し上げたその瞬間、かかった魚がボート真下に強烈に走りだし・・・

そのとき私の手は、それまで釣り上げたサバを掴んだせいで大変ヌルヌルしています。

次に何が起こったか想像できるでしょうか?

簡単ですね。。。

手からロッドがヌルっと落ち、水深カウンター付きのリールとともに海中に引き込まれてゆきました。そしてインチクは新品のやつでした。。。

この強烈な魚がサバだったのか? なんていうのはもうどうでもよくて、、、ただただ空しく。。。

また海を汚してしまい懺悔します。

しかし起こったことは素直に受け止め、自分を攻めず。

ロッドが折れたなら捨てないかぎり現物が目の前にあり嫌な気分になりますが、丸ごと無くなってしまったのだから、今、そんなロッドやリールは跡形もありません。思い出写真もありませんし、持っていたこと自体が夢にも思われます。きっと夢だったんでしょう。

目を覚まし、アマダイ実績ポイントへいってオキアミ餌で狙うもヒメコダイばかり。そしてサバも釣れる。。。オキアミのサバは小さめでした。

昼過ぎからは南っ気が出てきて、海も荒れてきました。

ここで観念。終了。

【今日の釣果】
アオリ2(700g、400g)
マルイカ1
ソコイトヨリ1
ヒメコダイ 4
サバ ? (35~45cm)

しかしやはり「秋」アオリはおいしいですね~(笑)

ところで、相変わらずの私の秋アオリぶりですが、、、

この日、西のアオリ乗合では、、、

なんと、4.85kgが上がったそうです。もう一つの西のアオリ乗合船でも3kgオーバーらしいです。

やはり昨年秋からのアオリ異常事態はただでは済みそうもないですね。

そろそろ私も衣替えをしたい。と思います。

タグ:アオリ

シケ後期待せず。しかし台風後は? 2013/6/15 [ボート釣行記]

今週は台風が発生するも、早くから週間風予報では土曜日は問題なく出船できそうな予報。

それでということでもないが西伊豆へ。

しかし数日前から豪雨が降りすぎ。前日の雨ならまだ表層だけの影響だが、数日前からの豪雨だと・・・。

小さい湾内水質はしばらく引きずるので湾内アオリは厳しいでしょう。マダイも水潮では厳しいながら外洋、水深100mではどうか?

しかし逆にイワシがシケでまとまって入っていれば、ワラサの群れも期待できる。

どうでしょう? やらなきゃあわかりません。

朝、海を見るとベタ凪。天気も曇りがちの晴れで涼しく、気持ちは最高にいいですね。

しかし湾内、水質はやはり濁ってしまっている。水潮の濁り。

いつものように、占い程度に近場からアオリをやってみる。

A1ポイント・・・ダメ。
A2ポイント・・・ダメ。
Bポイント・・・ダメ。

Cポイント=マイベストポイントに来ると、ここは澄んでいる。

キャストして、ポ~ンポ~ンと軽く3回シャクリで、即アタリ。

しかし400gアオリ。

占いは、小吉とでました(笑)

そこから少し流された場所では、濁り潮に変わる。

やはり普段はわからないが、ここに潮がぶつかる境目がありいいポイントになっているんでしょう。

湾内がダメなら外洋をラン&ガン。当然新規ポイントばかり、観光船が船めぐりをする景観で気分は最高!

しかしアオリの反応なし。外洋はどこの海域も余程の”仕切り”がない限りアオリは厳しいですね。

インチクへ変更。

アオリランガンした新規ポイントの沖くらいが、ジギング天国となるうる新ポイントで事前にプロットしてあります。

しかし流石にものすごい根で、普通に攻めていると根掛かりしてしまいます。

早速、自作度の高い一番自信のインチクをロスト。

根を少し外し水深60mくらいに移すと、今度は、風はないが潮がかなり速かったので、着底までに水深の1.5倍くらいラインが出てしまいます。着底2度目以降でさらにラインが出てゆきます。

今期、初めて、PE1.5&リーダー6号でしたので、前回までと同じように、PE0.8&リーダー2.5号で、インチクを120gにしてみます。

これでなんとか釣りできるようになりますが、やはり潮が速すぎか、魚の反応ありません。

それでも一度、そこそこの手応えの魚がかかりましたが数秒でバレました。

前回のマダイポイント100mに移し、タイラバで攻めてみますが、やはり速潮で流されラインがかなり出てしまいます。

すぐに200mくらい出てしまいますのでやはりインチクに変更。それでもかなり流されます。

隣港まで流され到達。ここのマダイポイント水深30mで攻めますが、今日は全く魚探反応なし。留守のようです。

潮流れも南方向への下り潮。食わない潮です。

一度、湾内に戻り、小吉だったアオリをやってみますが、とうとう朝釣れたポイントまで濁りが来ています。

まったく反応ないので、事態は悪化してると判断。まったりと流されながら、その場を楽しみながらまったりエギング。

釣れなくても気持ちがいい景観です。またシーアンカーなしでも岸に平行し、ゆっくりしか流されないので気持ちもリラックス。

まだまだ時間があったので、潮の流れの変化を期待して、もう一丁ジギング戦に臨むか!という闘志が湧いてくる。

念のため、燃料タンクを確認。

Emptyに近い。。。だめ。今日は走りすぎました。そのまま湾内滞在決定。

魚探反応があるところで、サビキをやってみると、小カマスがちょこちょこかかってきます。

それにしてもアタリのわりには掛かりが悪いな~。当たり前、サビキにはモンスター仕様とありますから(笑)

小カサゴ、小カマス数匹で観念。終了。

【今日の釣果】
アオリ1 (400g)
カサゴ1
カマス?

全リリースで清々しく、いつものように帰りの道中、温泉、食事、芦ノ湖泊、早朝、箱根神社参拝で、日曜朝には帰宅しました。


鳥山避けるべし 2013/6/9 [ボート釣行記]

6月9日葉山一色、大海荘から出船です。

朝一は、いつもどおり様子見アオリ。45分くらい。

これで1日のアオリの活性が測れるわけはないが、1杯でも釣れれば続けるつもりです。
占いみたいなもんです。

が、、、反応なし。凶と出ました(笑)

今日は、前回葉山のアマダイ40cmで少しアマダイ熱が冷めたので、オニの決着をつけてやろうと意気込んでます。

行き道の水深24~30mを、これまた嵌っているインチクで。

反応なし。

オニ実績ポイントへ向う。

途中、鳥山が出ていたのでサバの土産をインチクで狙います。

入れ食い、着底前にかかってきます。でも1~2匹の確保でOK。その分丁寧に処理しておきます。

オニ実績ポイントに着き、電動リールと120号オモリのサバ餌で仕掛けを垂らします。

アタリはほとんどありませんでしたが、ようやく穂先がゴツゴツと魚の反応。

嫌な予感の・・・強い引き、上げると、共食い・・・大サバのトリプル。

その後も、底でのアタリではエサ取りの齧りだけ。やっかいなのは、仕掛けを上げるときに、必ずサバに見つかり、ダブル、トリプルでかかってきます。インチク、タイラバをやれば、またサバ、サバ、サバ。

あるときオニの仕掛けを上げるときです。パタパタパタと当たり、またサバかあ・・・。

しかしかなり大きなサバ? 感触は同じですが手応えが違います。

これを上げている途中、近くでデカいシイラが跳ねる。

おお、シイラが出没するようになったか~季節やね~。と思うやいなや、私の120号オモリと天秤が海面に見え、ドラグ音とともにそれが一気に沖へ走り出します。

あのシイラが掛かってるのか!

大ダイと違って重量感はないが物凄い走り。

なんとか近づけると、ボートの回りをグルグル泳ぎ回ります。船外機や魚探ステーに絡むとやっかいです。

ロッドで操作して、それらからなんとか遠ざけます。120号オモリ付きなのでけっこう重いです(笑)

時間をかけ、そろそろ網で取り込むか、と網が見えるとまた強烈に走る。

このシイラを取り込むには、やはり120号オモリの天秤をつかまなければならない。しかしつかむと、ボート間近でエラ洗いジャンプ。これではバレる。さらに弱らせてからにしなくては。。。

さらに時間をかけ粘り、弱ってはくるけど、ボートに近づくにつれ、魚の重みと走りに加え120号オモリの重さまで負担になってくる。。。

慎重に時間をとり、かなり弱ってから、天秤を掴み、なんとかネットイン。

90cmオスシイラでした。。。

正直、シイラは旨いとは聞いたことがないので、写真を撮ってリリースするつもりでしたが、、、スマホの画面が太陽の光で全然見えない。それにシイラを見ると息も絶え絶え。仕方ない持って帰るか。。。

イケスでは間違いなく死ぬので、一度締めてから、葉山の水深110mから一度、浜へ帰り、シイラを車にある大型クーラーへ保管。氷は大海荘さんにあるので助かります。
NCM_0042.JPG5月の大ダイに続き、また「車の整理箱」が本来のクーラーの役目を果たしました!

再度、出陣で、インチク、タイラバをやれども、サバ、サバ、サバ・・・。

鳥山を避けよ!

しかし鳥山がなくても、魚探反応無くてもサバは掛かってきます。

こりゃ、参った!で、早上がり。

【今日の釣果】
シイラ1 (90cm)
サバ ? (30cm~45cm)入れ食い
NCM_0044.JPG
大海荘、他のボート釣果では、手漕ぎボートの人がアオリの800g前後を2杯だったそうです。

アオリ海域遠征グループの方々は本日はお休み。昨日、土曜日に出て、4人で40杯くらいだったそうで。。。2kもいくつか混じっていたそうです。

個人的にやる気を無くすので、昨年の彼らの2.6k以来、それからの型を聞いていませんでしたが、大海荘さんによると、このグループではもう今期、既に3k級を7杯くらい上げているそうです・・・。

このグループは若者グループではなく、釣りのかなりのベテランで、仕事でもそこそこの地位のある方々、お話しても尊敬のできる方々です。

ところで、シイラは大海荘のご主人によると、このサイズならけっこう旨いとのこと。皮の粘液に毒素があるのでしっかり削いで、刺身にするならまな板を変えてやったほうがいいとのこと。何にしてもかなり旨いとのことでした。

早速食べましたが、確かにシイラの刺身はトロブリのようでかなり旨かったです。残りは、ムニエルなど熱を加える料理が楽しみです。

しかし捌くの大変。。。
NCM_0045.JPG

夢うつつマダイ 2013/06/01 [ボート釣行記]

6月1日土曜日、今回も天気予報を見ていて葉山は厳しそうなので西伊豆へ。慣れたせいかもう遠征感覚がありません。

前日、19時くらいに出発。途中、コンビニで吟醸酒を買って、常宿の(笑)B港駐車場で飲むのが一つの楽しみになってしまいました。普段、日本酒はあまり飲まないので不思議なものです。

朝、起きるとB港としては少し風がある? しかし今回ボート借り先のA港に着くと完全凪。しかし東とはいえ強風予報なので沖の外海に出るのははむずかしいだろうなあと思ってました。

梅雨入り宣言され、予報でもこの日は雨か曇りだったはず。しかしピーカン。。。

まず本命アオリから開始。今日も第一投目から来るか?

来ません。。。

まあ、これは普通ですから。

しかし、実績ポイントを転々としますが一向に来ません。

潮色は、今までの西伊豆釣行で一番濁っています。どういう状況だったのか帰ってからダイビングサイトを見ると、「雨の影響か、海の中が全体的に白っぽかった」とありました。

自分的にはかなり期待した色だったんですが、単なる水潮だったんですね。やはり水潮ではきついでしょう。

それでも、ある藻のポイントでキャストし、藻の上をなぞるようにアクションをさせているとき、ようやくイカの水流的感触を感じました。

あまりエギを沈下させられないのと、水深が浅いので、濁っているとはいえエギがなんとか見えます。

そのエギをトゥイッチさせて見ていると、白い影が寄ってきます。ちょうどその白い影とエギに合わさった瞬間に合わせると乗りました!

アオリ300gが乗りました(笑)

これでは完全に秋アオリ、サイトエギングです・・・。ますます秋度を増してきました。。。

こりゃダメだと、外海を見ると、かつてないほど凪ているではないですか!

インチクを用意して、水深30m前後を攻めてみます。

早速、かなりの手応えのものがかかりましたがバレる。マダイではない感触でした。

今度は25m前後で、小さい魚が掛かる。上げると30cm弱のムツでした。

連続して小さいアカハタ。こちらはリリース。

おもしろくなってきて、魚に実績ある隣のB港まで巡るもダメ。時間のロスでした。

A港の外海に戻ります。

釣行前に、前回大ダイを釣ったポイントを海底地形図で確認したのですが、沖にある水深60mの根の近くの水深100mと判明。

この水深60mの根を事前にプロットしておいたので、ここを中心に攻めてみます。とはいえ、少し流されるとすぐ100mとなります。

しかし突然、普段の仕事の疲れと、車中泊での睡眠不足か、気を失いそうなほど眠く。。。このまま流されながら昼寝をするのは危険なので我慢。

ヘロヘロな状態で、波も静かなので、動的なインチクを静的なタイラバに替えて、上げ下げを寝ぼけながら行います。

ウツラウツラと気が遠くなりそうで、時々夢を見ながらも、機械的に10m前後の巻き上げと落とし込みだけはしっかりと繰り返します。

するとしばらくして、なにやら竿先が重く感じ目が覚めます。

それでも巻き上げはできるのでそのまま巻き続けます。

ゴツンゴツンとくるようになります。これはマダイですな。

まだまだそのまま巻き上げます。

時折、グ~ンと重くなります。まだよまだよ。以前、よくここで合わせて魚信がなくなったことがあります。

まだよまだよ。ゴツンゴツンゴツン、グ~ン。これが繰り返されます。

マダイはこのまま諦めてしまうのか、それとも、もしかして小さい魚がかかってるズッコケパターンか???

いや、竿がグ~ンと持っていかれ、ドラグが鳴り始めました。

よしっ!一発合わせを入れる。もう一発入れておくか? いや、しっかり掛かっているだろうから大丈夫だろう。

そこそこの手応え。時折、頭を振り突っ込むからマダイを確信。水深100mだから上げるのが大変。

上がってきたのはやはりマダイです。今回は水面でもかなり元気に暴れています。

46cm、1.2kマダイでした。
NCM_0032.JPG

針掛かりを見ると、唇の皮一枚に一本のフックが掛かっているだけでした。もし念のための2度目の強い合わせを入れていたら・・・。

それにしてもタイラバはやはりおもしろい! 眠気が一気に覚めました。

その後、同じポイントで一つテンヤでやってみると、けっこうな引きのマダイらしきもの(キロ前後?)をかけましたが中層あたりでスッポ抜けました。

この時のロッドは、crj-782scの10cm短い(改)のほうで、やはり思うのは、掛けるまではいいのですが、頭を振られるとタメがないので抜けてしまうんでしょうね。しかし単に柔らかいだけだと今度はアワセのための張りが足りなく掛からない。一つテンヤはやはりロッドが重要ですね。

ちゃんと他に一つテンヤ専用ロッドを持っていますが、いつもなぜこれを使わないかというと、ボート底に無造作に置いてしまうと細く繊細な穂先が折れてしまうからです。このロッドは一つテンヤを中心にやるときに使うつもりです。

その後、水深50m前後に移し、一つテンヤやインチクで攻めて見ますが、何も反応がなくなりましたので終了。

帰り、空も曇ってきて、水潮とは知らず期待してアオリ再トライしましたが、全く反応なしで終了。

帰港すると、今日もう一人のお客さんと一緒になりいろいろ話をしました。彼は朝4時から出ていて帰りは私と同じ時間です(笑)

彼は真のジギンガー・ルアーマンで、餌の持参もなく、ジギング一本勝負です。
 
見せてもらった釣果も、イナダ数匹、ホウボウ2匹、ヒラメ1匹、マダイ2匹で、マダイは自作のタイラバで上げたそうです。

なんでも先週は90cmのブリを釣ったそうです。ブリは、ワラサ、イナダとは違うアクションでないと来ないそうで、いろいろタメになることを聞かせてもらいました。

今回は残念ながらブリ、ワラサは入って来ていなかったそうです。午前中は私のやっていた方面では全然食わず、昼から移動した某ポイントで食い始めたそうです。

彼は全て水深30~50mで釣ったそうなので、私がマダイを釣った水深100mを伝えると驚いていました。なにしろ100mを手巻きで誘い、上げ下げするのはかなりの負担です。

まじめな話、電動リールでのタイラバもありでしょうね。
  
これで私もインチクでのブリ、そしてそれ以上にカンパチ60cm以上を狙う夢が描けてきました。

モンスターアオリ? はい、もうこれはもう描き作業は完了しています。

帰りは、いつもの温泉施設、そして西伊豆の帰りだけ許されるラーメン。そして今年の西伊豆釣行で素通りしてしまっている箱根神社参拝のため、これも常宿の芦ノ湖駐車場で一泊。

朝、4:30に起きると、同じく駐車場宿泊者や朝から芦ノ湖に釣りにやってくる人がけっこういます。

早朝、箱根神社参拝し、6:30に出発。8:30には帰宅。マダイも旨いサイズで、1日寝かしたことでさらに旨くなっていることでしょう。
NCM_0035.JPG

【今日の釣果】
アオリ1(300g)リリース
ムツ 1(27cm)
アカハタ 1(20cm)リリース
マダイ 1 (46cm、1.2k)
NCM_0038.JPG
メッセージを送る