So-net無料ブログ作成

葉山で待望の手巻き赤 Part3 2013/2/10 [ボート釣行記]

10日、日曜日に大海荘から出船しました。

えっ!何か?

前回釣行から数週間、土日を徹して仕事をしておりましたが、そういうプロジェクト管理をしなければいけない状況では、得てして予想以上に時間がかかるし、日曜日に仕事を充てても、頭が働かずそれほど進行できない。

そこでこのままでは期限までに完成は無理と判断、また逆に部分部分で委譲しやすい案件でもあったので、信頼するパートナーに相談。まあ空いているということなので、総量の約30%を依頼。

そんなわけで、まだまだ一息つけるところではありませんが、10日の日曜だけ釣行させてもらいました。

まず、往き道アオリ。
めずらしく朝のうちに乗った!のっそりしたティップへの反応に合わせると、かなり重くドラグが出る。竿先はグイングインしていたからまずアオリだと思いますが、、、途中でフッと軽くなる。

バレる。。。

次に、スミイカ600gをGET。イケスに入れておくと墨だらけになるので即リリース。

ここのところ水温がかなり低いので、アオリに嵌りこむと本命のアマダイが釣れなくなるのでこのスミイカで終了。沖へ向かう。

まずは実績ポイントへ。
チビキダイにヒメコダイばかり。しかし外道でも釣れるのはまあおもしろいもんです。ワクワクしますしね。

潮が動いていないので、前夜、机上で海底地形図を見てGPSプロットしておいた北のポイントへ移す。約5kmの移動。

途中途中でも魚探の地形を見て試釣するもダメ。結局、事前にプロットしたそのポイントに着いたジャストで、アマダイ35cmがきました。

今回は、手持ちの誘いで手巻きで上げましたので、十分おもしろくこれだけでも満足です。

ただ・・・数としては、同じクラス以上もう一匹か、30cm前後クラスで、もう2匹は欲しいところですね。粘りましたがダメでした。。。

朝、大海荘スタッフさんにもアドバイスされていましたが、最初から北でやりなさいと・・・。しかし、北といっても広大だし・・・南の自分の実績ポイントにどうしても引っ張られてしまいます。

まあ、この日も潮がほとんど動かなかったので、動けばその場の魚探地形判断だけで”もう少し”簡単でしょう。あとは、実績ポイントを増やすだけでしょうか。

そのかわり、息抜きの海上としては、凪の上、寒くもなくこの日は最高のプレゼントでした。

帰り支度、ボート内を海上で片づけ、一度マッタリとしたところで(笑)、戻り航路でアオリポイントを通るので、1ポイント1投入のつもりで帰り道アオリを。

するとキロオーバーモンゴウGET。

午前のバラしアオリも、スミイカ、このモンゴウもそうですが、・・・3ショートジャーク→3秒~5秒ステイ(またはステイなし)→ロッド戻しスローフォール→サミング着底の流れの中でのGETでした。

【今日の釣果】
アマダイ×1: 35cm
ヒメコダイ×7~8
キダイ×1
スミイカ×1: 600g ※リリース
モンゴウ×1: 1.1kg
NCM_0003.JPG

ヒメコダイは嬉しい外道ですね。
モンゴウは塩辛が楽しみということと、キロを超えるとかなりうまい”気がします”。

さて、来週日曜日は行けるか???(仕事、天気などなど)

それは、すべて今にかかっている!
タグ:アマダイ
メッセージを送る