So-net無料ブログ作成
検索選択

葉山長者ヶ崎 モンスターイシダイ!を見た・・・。 2012/09/22 [ボート釣行記]

22日(土)はホームの葉山大海荘ボートで出船しました。

朝一はジギングポイントまでの行き道アオリ。でかいのがこないかと使ったエギ4号に早速300gが乗る。ボート際水中で手に触れず即リリース。

でもまずいね・・・。ブログ友の和さんのいう幼児虐待です。

リリースも、情報によると、手に直接触ったり、水から上げて空気を体内に入れるだけで弱って死んでゆくという。

まあ今回は水中で手に触れずうまくリリースしたつもりですが。。。

あと数ヶ月でキロ級が出るようになるはずですからここはガマンですね。


その後、主にインチクジギングで勝負。

待望のサバ1匹GET。キープ。

しかし食わないねえ~~。過去はカンパチやらイナダやらがなんとか来てたもんですが、まだ水温も高いのか、これからでしょうか?

一つテンヤに変更。

こちらは反応よくなっている気がします。今回サバフグは1匹だけでしたが、やはりエソ様が元気いいですね。

その他、小さいマハタ・カサゴをGET。ベビーマハタはリリースしましたが、なぜかベビーカサゴはイケスにキープしていました。ただ水深変化による浮き袋の影響かイケスで浮いてしまっていましたので持ち帰りです。

ポイントを転々としながら、昨年、このブログでも書いたマダイの魚影濃厚ポイントを流してみるとチャリコ連発2尾GET。3尾目はバラしてしまいましたが、前回の西伊豆よりは若干サイズアップ・・・。

最後、イトヨリを追加して終了。

浜へ帰ると大海荘のご主人が、ボートで出たN氏が60cm級のイシダイを釣って帰ったとのこと。N氏は釣り教則本なども寄稿しているボートイシダイで名が知れている人。アオリも相当な腕前です。

荷物をまとめ自分の車に戻ると、まだN氏がいましたので、早速、イシダイを見せてもらいました。

うああああああ!なんだこのイシダイは!という感じでした(笑)。実物を見ると愕然とする生き物でした・・・。

N氏は、その他にもカンダイを上げてたとのこと。その氏が私に「葉山はすごいところですね」。
イシダイは隣海域で上げたそうですが、そう、、、葉山はすごいところらしいです・・・。

「狙いをすまし確実に釣り上げる。」

アオリ・マダイ・カサゴ幼児虐待の私は、今日はその言葉で終わらせていただきます。
失礼します。
NCM_0001.JPG

西伊豆遠征 か~んぜんね~んしょ 2012/9/15 [ボート釣行記]

ジギング天国を夢見て3連休初日の15日に西伊豆へいってきました。

いちおう一つテンヤの準備もしておく。エビエサもしっかり準備。

前日から出発して、出航場の隣港で車中泊。

朝、エギのシャクリ音で目覚める。私の車の真前で暗いうちから誰かがエギングをしている。しばらく観察していたが何もかからず。

ボート置場に着き、ボート屋さんに近況を尋ねてみると、なにか最近はおかしいと・・・完全な2枚潮で、上層は水温がかなり高いが下層はやたら低く、ダイビングで潜るとみんな寒い寒いといって上がってくるそう。魚はシイラが上がったりするが、青物はまだ来てないとのこと。

6時30分に岸払い。

青物不在の情報だがジギングからスタート。

インチクからスロージグ、ライトジグまで取っ替え引っ替えトライも、アタリ1度だけで反応なし。

海面は凪状態でもナブラがない。この日2回だけナブラを見たが、小さく一瞬で消えてしまいました。

一つテンヤへ変更。

こちらも葉山のエサ取りよりは大きいアタリで期待するも、小さいベラやエソなどのやっぱり同じようなエサとりが釣れてくる。その他フエフキダイなど。

途中、あるポイントでチャリコが連発。その場で、少し手応えのあるマダイらしきものをかけたがバラシ。なんとかチャリコ3匹GET。その後、同じくらいの大きさのマハタ。

午後は潮が完全に止まり、エサ取りすらなくなってきてしまいました。

観念!終了! 完全燃焼! ジギング天国はありませんでした。
NCM_0001.JPG

帰りは土肥の貸別荘宿泊。途中、普段食べないラーメンそれもミソラーメンを食べてから宿に向かう。

宿ではまず温泉に入ってから、道具を洗い、魚の下処理だけをして、ナッツとビールで一杯。

翌朝は、朝6:45に宿を出たので、3連休ながら渋滞もなく快適で、ドライブ感覚で、9時には家に着きました。

遠征釣行のこの流れが気に入ってます。また来月に。
タグ:マダイ

葉山長者ヶ崎 こんなもんかな。 2012/9/9 [ボート釣行記]

7日金曜日から8日土曜日は、普段できないようなプランニング・事業企画的な仕事をしに箱根に籠ってました。

釣行は9日の日曜日、早朝3時、箱根から葉山へ直行です。

箱根にいたなら真鶴あたりでやりたいところですが、仕事でかなり疲弊していたので、帰りが楽なよう葉山にします。

問題は一つテンヤのエビエサ。

途中、24時間営業で大エビが売ってそうなところは平塚のかめや。途中、向かうには向いましたが、意外と遠く途中で断念。

エサなし決定。一日ジギング&タイラバでチャレンジ。

葉山にはいつもどおりの時間に着き、6時少し前に出航!

久しぶりに朝一からナブラが出ている。ナブラ撃ちから開始。

食わん・・・。

シラスや小さい魚をエサにしてるのかと、サビキをつけてキャストしてみると、なんの手応えもなくピンギスやネンブツがかかる。

でも何度かやっているうちに、ようやくヒット!!!

というほどもない・・・超小型ソウダ。。。

こんな小さいソウダは初めて見たというのばかり3匹GET&リリース。

その後、タイラバ、インチクで攻めるがダメ・・・。

サビキでようやくマルアジ30cm級3匹。3匹なので今回は持ち帰り。

その他、エソ数匹。

途中、釣ったアジ3匹を海上で処理し、一息ついたところでふと見ると、大型ヨットがまっすぐこちらに向かってくる。操船者を見たけどこちらからは見えない。ということはあちらからも見えないということ。ご丁寧にまっすぐ向かってくる。

あと数メートルのところで、エンジンをかけ脱出。

当然、こちらにも回避義務があるが、浮かんでいるだけのボートにそのまま突っ込んでくる操船者。最初から近くにいればボートは見えなくなるのは理解できるけど、ずいぶん遠くから近寄ってきているはず。前方認識力がないんならヨットの操船など止めたほうがいいじゃない?

見ていると、その他のヨットも、オオモリボートさんの沖ブイで集まっている手漕ぎボートの集団のど真ん中を通りぬけていく・・・。さらにはその近くで訓練か、いきなりの方向転換の練習。。。

この日はヨットだらけで、こういうのがいるとわかると怖くて沖合でのんびり釣りもしてられなく・・・。もちろんヨットといえば海の男の象徴みたいなもので尊敬できる人ばかりだとは思いますが。


午後に入り南風がやや強まり、手漕ぎボートは全部撤収。
船外機ではまだまだ続けられそうな状況だったが、まったく反応ないのと仕事疲れで早上がり。

今年は水温がかなり高いようで、まだこれからルアー系だけでガツンといける日があるはず。ダメな日であきらめ、チャンスを逃さないよう!

葉山長者ヶ崎 ふか~んぜんね~んしょ~ 2012/9/1

今回のテーマは、フルキャストジギング。
縦横無尽にインチクやジグを思いっきりキャストして探ってゆこうと。

一つテンヤも、これまでスーパーでのアマエビやら貧弱な冷凍エビしか用意できなかったが、今回はサイマキの冷凍を入手。

天気予報では、突然の雷雨に注意となっていたので、荷物なども急な豪雨でも大丈夫なように装備しておく。

朝6時少し前に出船。

みやげ確保の確立高い一つテンヤから開始したいところだか、ジグは朝方勝負の可能性高いのでこちらから開始。

まず20gジグで開始で何かかかる。根掛かりのようでありながら竿先を見るとわずかに揺れている。ジワジワと上がってくるので巻いてくると、エイでした。どうしようかと水面でステイさせておいたらそのまま外れました。

その後、ショットガン的にサビキを付けマルアジ30cm超。イケスへキープ。

インチクにしてフルキャスト、何か頭を振るいい手応えのものがかかるがバレる。

続いて30cm前後のホウボウ。イケスへキープ。

その後、またホウボウ1匹追加(リリース)も反応乏しく、一つテンヤへ変更。

またまたホウボウ35cmくらい。リリース。
その他、ソコイトヨリ数匹、エソ数匹。小型ベラ(笑)リリース。

ソコイトヨリは干物で大変旨い魚ですが、最近あまり食べたいと思わないので、この魚がかかったと思えば、かなりゆっくり上げてきます。そうすると浮き袋膨張しないのでリリースできます。

11時前の潮どまり近くで、何やらようやく期待できるようなアタリと頭かじり。

しかし急に冷たい風とともに空が暗くなる。

雨がポツポツそしてドシャ~ンと。

普通なら豪雨でも釣りを続けるところですが、風も急に強くなり波も立ち、最近は雷を伴うことも多いので撤収。

撤収前、イケスのアジもマルアジ1匹だし、ホウボウもアクアパッツァにするのも暑いので、大雨に打たれながら思わずリリースしてしまいました・・・。

浜へ帰ると他のボートも避難していて、イナダやカワハギ、アジなどを釣ってました。海上では手漕ぎボートの人がマダイ(おそらく小型)を釣っていたと思います。またソウダが入れ食いだったとのこと。

こちらはソウダも歓迎なのですがその気配すらありませんでした。やはりコマセについた魚をルアーで釣るのは難しいですね。でもジグも秋深くなるとかなり厳しくなるので今のうちですね。

それにしても、いいエビエサも準備できている中での途中撤収で不完全燃焼でした。
みんな口々にいよいよ当りだしたところなのに・・・と。。。
メッセージを送る