So-net無料ブログ作成

葉山長者ヶ崎大海荘 カサゴ・アオリ・一つテンヤ 6月17日 [ボート釣行記]

前回の西伊豆遠征で、持ち帰ったアオリがなにやら臭かった。腐敗させてしまったか?

いつも葉山で釣ったアオリは、絞めてから新聞紙などで氷と境をして直接冷やさないよう持ち帰る。そうすると、身は透明のまま、まな板の上で包丁を入れるとこちらがビックリするほど身がビクビクして生きています。

それを遠距離の西伊豆でやったからでしょうか。幸いアオリが食ったものが腐敗し始めただけのようで、身のほうは何の問題もありませんでした。

そんなこともあり、これからの季節を考えるとなおさら釣った魚の鮮度保持は重要だなあと考えていたところ、ボート仲間のにしさんがブログでいいクーラーをポチしたとのこと・・・

即座に私もにし先生と同じダイワのプロバイザーで検索し、中サイズのZSS-2100X をポチしてしまいました。
NCM_0024.JPG

これを買ったからにはまずサバで試したい。ということで今日の釣りの狙いにサバは外せない。

釣行前日、いつものように近くのスーパーを見回ると、小アジではなく豆アジが売ってる。
NCM_0025.JPG

以前、豆アジでカサゴやデカメバルがよく釣れたことがある。久しぶりの豆アジ入手ということで、もうひとつの狙いをカサゴに設定。一つテンヤ用の甘エビも買っておく。

アオリは前回9杯でキロ級5杯の持ち帰りなので、私自身が食い渋り気味。でも天気予報では雨が降りそうな曇り。アオリばかり食べているので性格もアオリに似てきて、雨・曇天なら、とやる気が出る。

しかし当日は、雨なし、少々雲の切れ間がある明るめの曇天でした。少し期待外れ。

潮どまりが7時なので朝一はアオリから開始。

某ポイントでやっていると、他に船外機ボート2艘と西のアオリ乗合船1艘が続々と集結。

どこもアオリを乗せていない中、位置を潮裏に移動させて流してみると、ガツ~ンとかなりでかいイカパンチ。しかし瞬時に抵抗がなくなる。普通ならそのまま粘ればもう一度アタックしてくるのだが、沈黙。

エギを変えたりしながら何度も同じラインを流すがダメ。

他のボートは反応無いのか佐島方面へ移動してゆきましたが、乗合船はそのままこの地区で粘っている。

その後、アオリの反応がないのと、この乗合船とポイント・流しラインがバッティングするので、アオリ中断。現在ほとんどのアオリ乗合船が中止になった中、最後に残ったこの凄腕船長とたくさんの乗船客では、アオリも少なくなってしまうと判断。

1日遠くから見ていたが、当たり前というか、さすがというか、西方の遠方乗合船ながら、私のA級ポイントをほとんど攻め込んでいる。

私もかつてこちらの乗合船に1回だけ乗船させてもらったことがありますがいろいろ学ばせてもらいました。そのときは竿頭でしたよ!

一つテンヤを開始してみる。

エサは未だ甘い考えか、甘エビで。1日経つと色も悪くなり、もともとヘナヘナなのがさらにヘナヘナになっている。。。

まず第一号ワニゴチGET、赤ちゃんゴチなのでリリース。続いて赤ちゃんソコイトヨリ。リリース。死なずに元気に潜ってゆきました!

どんどん深場に流され、あまりいい感触もないので、一つテンヤに豆アジをつけてみる。

グイ~ン・コンコンというような変なアタリがある。何?

そのアタリがなくなったのでテンヤを巻き上げる途中、グンと重くなる。42,3cmの細長いゴマサバでした。細長いながら丸々としていますので早速、血抜きから神経締めまで丁寧に処理。待望の獲物を新クーラーへ仕舞う。嬉しい!

途中、魚探にイワシの大群がおもしろい形状で反応してました。さっそくエギング竿で耐えられる20gジグを落としますがダメ。インチクに変えるもダメ。
今後、ジグとロッドはしっかり揃えておく必要がありますね。今年は青物が有望という噂を聞きます。

ただ今日も、鳥山もないし、ナブラもほとんどない。少しさびしい海ですね。梅雨明けくらいからでしょうか。

沖合にいると、海面が潮どまりのナギ状態とは違う鏡状態。この潮面が気になる。

水深60mポイントから、一目散、一直線に浅場のアオリポイントへ戻る。アオリ再開。

アオリが釣れる気がするも最初の数流しでは反応なし。ポイントを大きく移動しようと思った移動中、近くで釣っていたアオリ乗合船を少し通り過ぎたあたりに気になる潮目。

通常、そんなのがあっても責めないポイントなのだが、あえて止まって攻めてみる。

結果、この潮目でアオリ3連荘GET。800g、600、600gでした。

これも西伊豆修行の賜物か! 

アオリを3連釣したので、急にカサゴを思い出す。

今日はカサゴがメインターゲットだった!カサゴ狙いを開始。

しかし豆アジをつけてトライするも全然ダメ。特餌の豆アジでもダメとは・・・潮が悪いのか?カサゴも機嫌が悪いとかなりむずかしいですね。


カサゴを続け、そろそろ上がり時間でラストアオリへ。

北のポイントへ行ってみる。すると先客でアンカリングの手漕ボートがエギング中。見たことある顔・・・。森戸からこんなとこまで来てるんだ。。。

この人が入っているのでポイントを流せないし、今日は釣られきっているな・・・ということで、近くの実績ポイントへ移動。ここで1杯追加、400gでした。


しかし、この一色海域では、朝からとたんに騒がしくなってくる。

水上バイクだ。

こちらはシャクリの音もしないよう静かに静かにシャクっているのに、アオリ各Aポイントの真上を爆音で容赦なく突っ走る。これではさすがにデカアオリは釣れなくなるでしょ???

まあ彼らには関係ないこと。。。ただメーカーももう少し音を小さくしてくれないかな。あれでは海の○走族ですよ。


【今日の釣果】

アオリ4(800、600×2、400) 800gのみ持ち帰り。

ワニゴチ 1、ソコイトヨリ1 赤ちゃんサイズでリリース。

サバ1

【今日の反省】

最近、無風微風が多かったのであまり意識していなかったが、今日はシーアンカーをつけるべきだったのではないだろうか。朝ボートが集結していたとき、小型だからなのか特性なのか私のボートだけがかなり速く流されていた。秋冬のティップランならベストな速度だったが既に春終盤(夏)アオリ。たしかにボートが流れ、今日釣った全アオリ明確な前・本アタリが出たが、サイズが小さいのはその影響があるかも? ましてや一つテンヤは潮が速かったこともありテンヤがすぐに吹き上がっていた。自分ながらまるで釣る気ないね・・・。

これはシーアンカーを使わなければ帰って洗わなくてすむという横着心です。こんな調子ですからマイボートは無理だろうな・・・。

新しいクーラーは満足ゆく機能で、サバもしっかりと冷蔵保存されていました。あまり冷やしたくないアオリがあるし、神経締めしてあるのと当日食べるので、海水氷ではなく、ビニール袋で保管し持って帰りました。

やはりこの時期のゴマサバということもあるが、これまでにない美味なしめ鯖&皮側の炙りしめ鯖が味わえました。

これで今後の釣りも少なくともサバが釣れれば成功とできます。これもクーラーをポチっとさせてくれたにし先生のおかげです。ありがとうございました。

いつもアオリの刺身はミミの刺身はやりますが、ゲソの刺身を今回初めてやってみました。アオリのゲソだから柔らかく、旨みがあって最高でした。これからは必ずゲソは刺身にすることでしょう。

刺身なので吸盤を取り除き、細かく包丁を入れておけば、皮は剥かずにいけます。それを好みで1~2cm角で刻めば食べやすいでしょう。


今週は木曜から大阪出張、週末は京都でマッタリする予定。たぶん釣りはないかな。
タグ:アオリ

西伊豆遠征 アオリ・一つテンヤ 6月16日 [ボート釣行記]

16日は葉山は潮神楽でボート屋さんは船止め。そこで西伊豆行を決断しました。

西伊豆での釣りは初めてではないが、ボート釣りは全くの初体験です。事前調査はしておくが、頼りの海底地形図が不完全・・・。当てにならない。

ならば魚探と現地見た目での陸地の形状、そして潮の当たり方で判断しましょう!これはこれまでやってきた葉山芝崎~久留和沖で、集中してポイント開拓してきたので応用できることでしょう。

そしてなによりも新天地では、誰しも勘がよく働いてくるものです。


釣行前夜より出発し、仮眠ポイントの足柄SAを目指す。

以前、PAで仮眠したことがあるが、やはりSAのほうが広く静かな場所を選べるし、最近は24H営業のコンビニがあるからありがたい。

約4時間睡眠をとりAM2:15に起床。朝飯には、やけに腹が減っていたのでうどん屋できつねうどんを。そしてコンビニで氷と1日の食事を用意して3:30にSAを出発。

道中、予報どおり雨がポツリポツリ降ってきて、気持ちがブルーになってくる。「おいおいちょっと待てよ、はしけ君、何を釣りに行くんだよ?アオリだよ、前日に大雨も無いし」と自答すると、急に気分ハイになってきた(笑) ボート屋さんも前日の確認電話では雨でも出すといってくれてましたし。

現地には5時に到着。想像よりかなり小さな湾港でした。

海を見ると風もなく完全凪。しかし愕然とする。潮が透明・・・。葉山でこんな色だとまず釣れない。でもここは西伊豆。大丈夫でしょう、きっと・・・。

その後、ボート屋に行くと、ご主人が店の前で待っていてくれ、荷物をボートまで運んでくれる。

ふと私の道具を見て「えっ?アオリやるの~?」と、私「ええ」。

ご主人「今年は全然ダメだよ~みんなダメで帰ってくるんだよ」

そんな・・・、ここまで遠征してきて出航前から夢も希望もなくなることを(泣) まあご主人は私のことを考えてくれて忠告してくれたんでしょう。

でももし電話予約のときにアオリ釣況を尋ねていたら、はたして私は今回ここまで来ただろうか・・・。何故か聞いていませんでした。

逆に、今、調子のいいのは?と聞くと、カサゴとのこと。なら土産はカサゴにしよう。

あと、ここにはアオリ禁漁ポイントがあるとのことでそれを聞いておく。アオリ禁漁区がある!そこで釣るわけでないがなにか釣れそうじゃないか。


出航は6:00ジャスト。

事前に本やネットで調べたポイントを狙ってみる。しかし葉山森戸~久留和の範囲で新規ポイント開拓の経験上、今ここにはいないと感じる。

そこで期待のアオリ禁漁区に近づいてみる。もちろんここで釣りはしてはいけない。目印のブイの外側を狙うとうことになりますが、ダメ! 期待外れ。

湾を出ると外海に沿って陸地側見た目アオリがいそうなポイントが続いている。海底もやはり水深10m~かけ下がりが多い。すくなくとも秋のティップランでは爆釣しそう。しかし今日はどの水深も音沙汰なし。

南に探りながら下る。

ふと先を見やると沖に小島。おや?ここはもう隣の湾に近いのでは?

この湾というのは20年前、当時の会社のメンバーでたまに釣りに来ていたところで雰囲気はよく知っている。その時はまだアオリをやっていなかったが、今思い出すとアオリ臭がするところ。

湾に入ると、まず懐かしい~!(笑)
そうそうあの防波堤で釣りした!おっこの雨の中で釣りしてる人がいるよ。よくやるよ~(笑)

一応ここも事前調査していたが、わりと距離があるので今日はパスしようかと考えていました。湾に入ったら先客はボート一艘。それもそのはず雨は本降り。

身体も冷えてきた。早々にギブアップか・・・。

少しトライしてみる。風はなくベタ凪。風景からして湖でブラックバスでもやっている感覚。

ボートはほとんど動かず潮でゆっくりボートが流れる程度。その進行方向へエギをキャストするSP釣法(Sフォール釣法)や、逆へのティップラン的キャスト。横方向へのドリフトキャスト。スラックジャークでの底置き釣法などいろいろトライしてみる。これだけで楽しい(笑)。一つ気を付けたのは水深10m未満では底や小魚が泳いでいるのが見えるくらいの透明度なので、ボート影が影響しない場所へキャストをする。

SP釣法では底を取らない。水深半分くらいで一発軽くシャクル。その後も底につかないようにシャクってゆく。だから新天地で底質を把握していなくても根掛かりはまずなし。結果を言えば本日、新天地ながらエギのロストなし!

そのSPででした。一発目のシャクリでガシンと止められる。根掛かり?でも水深半分だぞ? 竿先を見ると生体反応! 急にドラグがギュルギュル唸りだす。慎重にあげ第一号、1.4Kアオリでした。水深半分とはいえ水深が10m未満なので別にアオリが浮いていたというわけでもないでしょう。もしかしたら底から1~2mくらいまで落ちていたかもしれませんし。いずれにせよどんな釣法でも最初のフォールは要注意ですね。そして2~3シャクリ以上反応なければ入れ直す。ここでエギを変えれば同じポイントでもアオリにスイッチを入れられることもあると聞きますが、同じエギのままでの入替効果も高いとも思います。逆に入替しないのであれば、底に数分間置いてみる。今回はそれはやりませんでした。

一応、水深20m前後も探っていたので釣れた10m以浅に集中させる。

その後、少しずつ移動しながらこの湾で、SPだけでなくティップラン的キャストなどでポツポツとさらに5杯追加。AM10時まででアオリ6杯GET。サイズは800g~1.4kとまあまあのサイズ揃い。2杯はキロいかないメスアオリで胴が膨らんでいたので海面で丁重にリリース。

ティップラン的キャストでは着底させポ~ン、ポ~ン、ポ~ンと軽くシャクリステイ、このステイもボートが流れていないのでそのままだとカーブフォール気味で、手で引けば平行ステイと、コントロールできます。

ただこの日のアタリは非常に微妙。竿先が1、2cmくらいでゆっくりゆらゆらしているだけ・・・。よく竿先を見ていれば確かに怪しいのですが、コクンとかガツンとくるのはありませんでした。これは海が無風完全凪だったからわかるアタリでしょう。

逆に波があっても風でボートが流される状況のティップランでは、イカがエギに有効タッチすればコクンとかガツンとかボートの流れがアタリを出したりかけてくれます。

6杯釣ったところで先客のボートが寄ってきて「イカですか?」と尋ねられ、「6杯!今日は好調ですね!」と答えると「えええ?全然釣れませんよ」と。 それでキャストする水深、ポイントを伝授。その一つが、やはり潮目ですね。

雨も降りしきり、防水もしっかりしているのだが首や手などから入る雨水でかなり冷えてくる。ひとまずアオリは止めて一つテンヤへ、湾口を出る。

湾口近くの水深30mくらいにマダイポイントがあるという事前情報で、魚探で探っていると何かの反応を見つける。

早速降ろすと、ガツガツとアタリなにかかかる。重い!カサゴ30cmでした。続いてキジハタ連釣!実はキジハタと思ったのですがアカハタでした。まあハタが不味いわけがないのでOK。

NCM_0020.JPG
朝10時までのアオリ釣果(メス2杯リリースしています)、下の白くなったアオリはイケスで死んでしまっており、測ったらこれで1kジャストありました。他のも1k前後揃いです。

さらにおみやげサイズのカサゴを追加したところで、なにやら急に風と波が強くなってきた。

そういえばボート屋さんでは私の携帯番号を聞かれることも無かった・・・ということは、大海荘のように天候が急変しても誰も連絡してくれないということ???

新天地ということもあり波に煽られながら慎重に元の港湾に戻る。

ここで一度アオリをやってみるとSP釣法でメスアオリ800g1。リリース。

一つテンヤを再開するが、魚探でもいい反応なし。湾口から北へ移す。

ここでも何かアタるのだがかからない。すると近くで魚のボイル。エギ竿に20gのジグを付けて投げてみると、数投後に何かかかる!

エギングタックルだからかなりの手応え。ドラグをギュルギュル引きだす。アオリのキロオーバーどころではない(笑) イナワラ級か?それにしては重量感はないし強い引きの中にプルプルした泳ぎを感じる。ヤツか・・・。暴れるので船底にPE0.6を擦れさせるのは避ける。

やはりソウダでした。40cm弱ですからかなりの引き。ヒラにも見えるが、何度見直してもマル。私はマルは持ち帰るのだが今日は既にイカが多いのでリリース。

ラスト1時間。出航元の湾で勝負をかける。ティップラン的キャストでアオリ800g1GET。このアタリはコツンときました。さらに朝見て、ここにはいないと感じた事前情報ポイントで300gアオリGET、リリース。

納竿。

帰ってボート屋のご主人に釣果を尋ねられ「アオリ9杯でした!」と伝えると、本当にビックリした顔で「えええ?どんなのが釣れた?見せてよ」と疑っている(笑)

なにやら今年春の水温低下で藻などがつかなくなって、昨年まで好調だったのが今年からアオリ狙いの人はどんな日もほとんど釣れなくなったとのこと。

まあ私も次に行っても・・・今回と同じような調子ではいかないでしょう。

【今日の釣果】
NCM_0022.JPG
アオリ9杯(300g-1.4kg) 4杯リリース
カサゴ2(30cm、26cm)
アカハタ2(30cm、27cm)
マルソウダ1(38cm)
他、フエフキダイ、エソ

私の場合、葉山に固執しピンポイントでかなり開拓してきましたが、その分、過去実績が邪魔して勘の働きがかなり鈍くなっているを感じていました。新鮮味というかワクワク感が無くなってしまったというか。。。1杯釣れても2キロ超えないならばそんなに嬉しくないというか。。。前回ブログの「釣りに飽きたぜ~」が正直なところです(笑)

だから今回ちょうど葉山船止めの機会に、新天地で期待と不安を渦巻かせ、ワクワク感と勘を働かせようと。今回はそれが狙いでトライしてみました。

まあ今回も2キロオーバーならずでしたが、まだまだチャンスを感じれば葉山での2kアオリにこだわりますよ。でもこれでは元の木阿弥ですから釣りのメインディッシュはシフトしましょう(笑) 

今回で私の通算アオリが189杯。あと11杯で200杯。しかし何より大切なのは1杯1杯は大切に食することだとは思います。これまでも本当に欲しい人以外にむやみに人に上げたりしてませんし、皮からゲソまで極力捨てるところなしでいただいてきました。

最後に、ここのボート屋ご主人は本当にいい人でした。帰り際に「気を付けて帰ってね」と何度も言ってくれたので、その言葉が何故か帰りの運転中何度も聞こえ無事帰ることができました。人に気遣いの言葉をかけるのは形式だけでなく、こんな力があるんだなあとしみじみと感じました。ありがとうございました。

さて、今後も遠征は土曜日ならいいですね。まだまだ葉山にこだわりながらも、次なる遠征は「手漕ぎでオニカサゴ」「ビジネス視察&新潟一つテンヤ」かな。
タグ:アオリ

葉山長者ヶ崎大海荘 アオリ・マダコ・カワハギ狙いだぜ~ 6月10日

すっかりプログ書く気無くしたぜ~。

アオリはダメだったぜ~。

天気が良かったのでアオリをあきらめマダコやったけど全然ダメだったぜ~。

それでマダコあきらめカワハギやったらチッコイのばかり8~9匹だったぜ~。

おまけに真っ赤なカワハギまで釣れたぜ~。ワイルドだろぉ~?

あまりに貧果だから神様がリリースサイズのカワハギに針を飲ませたぜ~。それで少し大きい(20cm弱)やつにおみやげが1匹加えられたぜ~。

家に帰って葉山で1日近くにいたアオリ乗合、マダコ乗合の釣果見たらちゃんと釣ってたぜ~

全然清々しくないぜ~。

釣りは飽きたぜ~。

清々しい一日:葉山長者ヶ崎大海荘 アオリ・サバ餌釣り 6月2日 [ボート釣行記]

いつものとおり天気予報を見ながら釣りのプランを立てる。

予報では1日曇天。ならば1日アオリに決定。予備としてサバ餌での釣りを。

エサはサバ餌と死にアジを用意。死にアジも魚の活性が上がっていればいけるはず。


さて当日・・・う~ん、、、晴天ではないけど、曇りほどでもなく明るい空。期待外れ。
朝、天気予報を見直すと晴れになってるし。調子ええのう!

甘エビくらいは用意すべきだったかな。まあいいでしょう。

朝一からアオリトライだが、産卵期でこの天気だからあまり粘ると痛い目に合いそう。
やはりこれといった手応えなし。

海は凪、風は無い。そしてサバ餌持参。。。

よしっ!水深100mポイントへGo!

早速サバ餌でチャレンジ。しかし潮が動いていないせいかまるで反応なし。

途中、中層より下で魚の反応があり、それにあわせ仕掛けを浮かせてみる。

クンクンと当たり始め、グ~ンと引き込まれる。乗った。

しかしあまり強い引きではない。サバっぽいがサバ餌でサバ?

魚体が見えた。やはりサバだ。。。それもあまり大きくない。落胆しながら天秤を持つとバラした。

しばらく粘るもそれ以降外道すらなく魚探反応もなし。

この場をあきらめ、浅場方面にもどりながらインチクトライも音沙汰なし。

かつてヒラメを釣った同じ方法、一つテンヤでサバ餌を付けて躍らすもダメ。ベラかなんかのアタリだけ。

浅場にはイワシがたくさんいたが、泳がせのエサを準備すること自体が面倒なのでどうも泳がせ釣りはなかなかやる気が起きない。。。

死にアジ置き竿釣法もダメ。

最後にアオリに戻すがダメ。

完全ボウズ宣言! 何か清々しい。


この日、大海荘の他のボートでは、イワシの泳がせでデカカサゴ、コマセでハナダイ35cmくらい、カワハギ、メジナ、カサゴ、メバルなどなかなかよく釣れていました。別のアオリ狙いのボートはいつものように佐島方面へプチ遠征も、私のほうが先に帰ったので結果は聞けず。

葉山のアオリ乗合船も終了し、今年乗合で2kオーバーを一番上げていると思われる茅ヶ崎の沖右衛門さんだけになったか。

ここ一色でのアオリ狙いも少なくともエンジン付きボートもいなくなり自由自在。
ボート空き空きながらアオリも空き空き(笑)

でも私はここ一色でのデカアオリにしか興味はなく、まだ粘ります。実に清々しい!
メッセージを送る