So-net無料ブログ作成

葉山長者ヶ崎大海荘 アオリ・鯛ラバ・カワハギ 5月26日 [ボート釣行記]

今回の釣行、土曜日にするか日曜日にするか。天気予報をみながら大いに悩む。

下手な活性分析はアオリ様には効かないので、26日と27日と書いた2つの紙をシャッフル。

目をつぶって選んだ紙の日付で。

こんなん出ましたけど~(多少古いかな~)・・・26日(土曜)。

大海荘に即予約の電話。


釣行当日、朝からピーカンほどでもないけどいい天気・・・アオリ様の機嫌悪そうだなあ~
いつものとおり、朝から手応えなし。

なんとか10時頃?SP釣法(ボートの流れる方向へのキャスト)で、800g級1杯GET。

今回はアタリが取れました。しかしティップランと違い100%の確信ではなかったですが・・・。

この釣法だと根掛かり必至の浅場でもいけますが、今回は10m前後でのヒットでした。

それ以降反応もなく、このピーカン天気で粘ってもきついだろうということで鯛ラバへ変更。
1~2回でしたが、ゴツンゴツン、グ~っともっていく手応えがありましたが掛けられず。

水深50mくらいでインチクに変更。前回サバが入れ食いだったポイントでも何の反応もなし・・・

浅場に戻りカワハギチャレンジ。エサはオニカサゴ用にストックしていたホタテの耳。

私のカワハギ「代用」竿は先日折ってしまってる。新しい「安い代用」竿は手許にあったが今回は持参しなかったためエギング竿でトライ。

やはりエギング竿ではなかなかかけられません。かかってもベラばかり。

私の知人がベラを刺身で食べたらうまかったとのことで、持ち帰ろうか・・・却下(笑)

皮肉なことに置き竿にしておいたら、なんとか持ち帰り最少サイズ20cm弱のカワハギがかかる。

そして上がり時間も差し迫り、ラストアオリスパート1時間。

南風が強くなり波も高くなり、かなり釣り辛くなる。そして反応なし。終了。

【本日の釣果】
アオリ1(800g)
カワハギ 1 リリース 

引き続き貧果ですが、かなり貧果耐性がついてきましたので、まだまだ楽しんで♪頑張ってゆきますよ。

タグ:アオリ

アオリ全力投球! 葉山長者ヶ崎大海荘 5月20日 [ボート釣行記]

風弱く、波静か、曇り空、そして潮も濁りがあり、エギングには最高の日!!!


しかし、、、朝からまったく生体反応なし、、、でもまあ今日は釣れる日、あせらずやろう。。。

キタ~!!!

ドラグをずるずる出す恐ろしくアグレッシブな引き!

こりゃあ今までのアオリと違うぞ!

ちょっと待て。。。これ泳いでる。。。彼か?いや彼女か?

40cmくらいのサバ男?サバ子?でした。。。まあ場所が合えばエギで釣れても不思議でなく。

その後はサバすら反応なく。

なんとか事前に目星をつけた超浅場の新ポイントで700gアオリGET。
海が静かだから、一瞬だけ竿先がフルフルするイカの水流アタリがはっきりわかりました。これで活性が高ければおもしろかった日でしょうね。

それでも最後の最後まで今日は釣れる日と疑わず、ありとあらゆるシャクリ手、エギカラー、北から南までのほぼ全実績ポイント+新ポイント2ヶ所。

並んでエギングをしていたボートも一艘減りまた一艘減りで、広い海にポツンとやりたい放題(笑) 釣りたい放題であれば・・・いいんですが。

今回GETしたアオリがかなりの浅場だったため、浅場を多めに攻めるも、反応がないからあれやこれやもがいて、根掛かりライン高切れで2エギロス。最後の高切れで終了、1時間早上がりしました。

アジ・甘エビ餌も持参していましたが、結局甘エビはロシア産でうまそうだったので自分のエサに。

今日は大海荘のベテランM氏もいつもジギングでほんの1時間くらいでクーラー山盛りのサバを釣ってくるのにゼロ、キス釣りに出た人も数不調で昼前に上がり、他のカワハギ釣り師も数匹だけだったよう。

単に渋い日だけだったというならいいのだが、昨年のようにこの地区のアオリが早い時期に釣れなくなるというのでないか心配です。

【今日の釣果】
アオリ 1(700g)
サバ 1
全リリース。
タグ:アオリ

乗船ゲスト・葉山長者ヶ崎大海荘 5月12日 [ボート釣行記]

今日は、昨年乗せたオカピパパさんを乗せ、昨年果たせなかったアオリGETを今回こそキローオーバーで迎えてもらいたくお誘いしました。なんとしてもアオリを釣らせたかったが、当人オカピパパさん、いろいろなタックルを準備してきてる(笑)

その期待に応えて、予定は、朝一アオリ→イワシ釣り→ヒラメ・マゴチ食わせ→大サバ釣り→カワハギとしました。

天気は曇り、そして潮の濁りもあり、アオリには、けっこういい条件に思える。
しかし、朝一から反応なし・・・。このいい条件で全く反応がないのは逆に何かおかしい。

それでも1杯目は私に来たが、7-800gのスミイカ。オカピパパさんへプレゼント。
あまりに反応ないのでオカピパパさんはもうカワハギ狙いへ転向。ベラ数匹のち小型カワハギ1匹GET。

ここでイワシの反応が見られたのでサビキを落とす。しかし食わず。そこで私は面倒なので竿先を海面に1/3程度出して置き竿にしていた。するとアンカリングしているにも関わらず、エギングしている隙に突然竿とリールが海に引き込まれる。

あ~あ・・・プラスティックのサビキカゴがス~ッと泳いでいるのが見える・・・。

前回ロッドを折ったのに引き続き、今日は新品PEを巻き直したリールごと失う。。。それもちゃんとロッドホルダーを持参してきているのに面倒だから使わずの結果・・・。

こういうときは落胆以外ないのだが・・・、まあ、面倒だから、というような心理状態が、釣りはもとよりそれ以外でも痛い目にあうよ、という何かのメッセージと喜んで受け入れましょう。(泣

カワハギは後半予定しているので、最近乗合ルアーでも好調の大サバ狙いへ。昨年実績の水深50mポイントへ。

魚探反応は群れを捉えられなかったが、多少ボイルしているところで試してみる。

インチクで落とすと40cmオーバーのサバが入れ食い。時に50cm弱がかかる。まあ何で釣ってもこんな感じでしょう。

私はもうエギングロッド&PE0.4か、PE0.8のタックルしか残っていなかったのであまり無理しないよう楽しむ。

いくらでも釣れるのだが、捌き時間も考えると意外と時間がかかるので適当なところで終了。ここで私は初の神経締めをトライ。

おっ!意外にスムーズにいくな、と思ってると下腹からワイヤが飛び出していたり。。。でもだいぶコツがつかめました。まあサバの場合は、一度クビを折ってから差し込んだほうがラクでしたが(笑)

肝心の味の違いは? 

わかりませんでした!(笑)

その後はイワシを求めて航行。浅場(30m以浅)に大群が多く、あっという間に15匹以上は確保。

いよいよ食わせ釣りへ。

しかし既に潮が止まっており反応なし。今度は私が飽きてきた。まあ2人乗っていると一人が釣りしていると何か自分もやっているような感があるもので。暇つぶしに砂地でもエギを投げてみたりする。

この間オカピパパさんはカサゴのいい型を上げました。しかし本命は出ず。一度、竿が引き込まれたところで上げたイワシには確かに鋭い切り傷ができていました。これはヒラメでしょう。

最後にカワハギへ。しかし私はカワハギはやらずにキャスティングアオリへ。手持ちでのほっとけメソッド(エギ底置き)をトライ。やはり無反応。

結局、オカピパパさんがベラ数匹とカワハギ小型、同時に出していたイワシ食わせで、いい型の金メバル(水面バラシ)、大サバをGET。大サバはこの日浅場にもいましたね。

これでTheEnd。

結局、食わせ釣りは私にはあまり面白みを感じないということが自分でよくわかりました(笑)
でも、今後やらないということでなく、やるなら朝一から一本勝負でしょうね。

今日は、いつものボートと違うのもありいろいろ調子ハズレでした。。。ここのところエギのロストはゼロなのに、今日はベールの戻し忘れキャストでぶっち切ったり、ロッド&カウンターリール&新品PEのロストしたりと。。。

まさかの完ボウ・・・マゴチ乗合 2012/05/05 [船釣]

5日に今季大好調のマゴチ乗合船に行ってきました。これまでワニ・イネゴチはボートで釣ったことがありますがマゴチ自体初ターゲットです。

最近大好調なので、2匹でも釣ったら止めて昼寝でもするかとか、ワームに変更して遊ぶか、とかいろいろ妄想してました。。。

今日は初めての船宿へ。車で20分くらい。朝5時の開店直後くらいに到着しましたが既に四隅どころか各四隅から2~3座が埋まってる・・・

まあそれでも好調だし2匹くらいは釣れるだろうと楽観。右舷前から3人目くらいに座を取る。

しかしその後どんどん乗船者が増え、後から来る人の座るところがないので間に入り込まれ、結局、右舷前から数えて6人目、後ろから7人目のド真ん中に。船が小さめなので隣との間隔は1mちょい。超満船状態。

まあいいでしょう。かつて初の満船オニカサゴ船の完全胴の間位置でも、船中3匹の状況下、私だけ40cm弱のオニを上げたことを思い出し、自分を奮い立たせる。

でもね、これだけ乗ってるんだから2本竿出し完全制限しろよ!四隅だけはOKとは。ただでさえこれだけ人数が多いと釣れるはずの魚も回ってこないでしょう。さらに人数が多いからエサのサイマキが足りないかもしれないとのことで途中、メゴチ釣りをするという。。。

最初は左ミヨシから連釣。しかし特にこちら右舷胴の間には音沙汰なし。

そして途中、潮どまりにメゴチ釣り。ここで私は、メゴチに加え、運よく私だけイワシGET、さらにイイダコも!

これが吉と出るか?

あっ、既に題名でお気づきですね。。。

イワシをもってしてもアタリなし!イイダコもだめ。
何をやってもアタリのないところで、午後は大ドモで連釣。

そして私は、まさかの完全ボウズでした。
まあメゴチ、イワシ、イイダコ、ヒイラギは釣りましたが。。。

1日やって、マゴチらしきアタリは1回だけ。前アタリ後、最後にエビを食わえむしりとっていったようなアタリでした。四隅では「あ~ダメだった~」「乗った!」などの歓声がちょこちょこ聞こえましたので、別世界だったようです。

船中釣果は0-6匹でした。

それでも一昨日の豪雨の真水が入っていたようで潮がかなり悪く、特に真水が押して上げがなかなか効かなかったようです。いい潮であれば満船、胴の間でもボウズはないくらい今季は好調でしょう。さらに家に近い金沢八景の乗合もマゴチ船を開始しますからまた気楽に再挑戦です。

今回はこれでマゴチ釣りのノウハウ程度はマスターできたと思いますので、次はこれをボートで活かしたいと思います。胴の間ではアタリがなかったのでわかりませんがメゴチでけっこう釣れたみたいです。でもメゴチは葉山とくに一色で簡単に釣れるのだろうか? ヒット三浦海岸だといけそうですね。

メッセージを送る