So-net無料ブログ作成

西へ遠征・庄三郎丸LTオニカサゴ 2012/1/28 [船釣]

土曜日(2012/1/28)どこに行こうか? 迷う・・・。
とはいえ、釣りにいかないという選択肢は全くありませんでした(笑)

天気予報は北風強く厳しい。葉山の潮の澄み具合も前日の情報では透明度11~15m。澄みすぎ。

これでボートは候補から外すことに。

では乗合で興味あるのは?

ヒラメ、アマダイ、オニカサゴ etc.

やっぱりオニカサゴでしょ!

えいあん丸さんはすでにたくさん予約が入っているようだし、また風の影響の少なそうな西の船宿で、さらにLTオニカサゴをやっている平塚の庄三郎丸さんへ決定。私にしては遠征だ!

LTオニカサゴとは、通常オモリ120号のところを80号でやるオニとしてはライトタックル。おもしろそうだ。

朝4:30に家を出て、5:20頃に船宿に到着。

船は7時に出港。船長のアナウンスではどうもカメギ根へ向かうよう・・・なんかわざわざ平塚まで来て、ホームの葉山方面に戻りさらに向こうへ進むようで、少しがっかり。しかし物事に悪い進行はありえない。

釣りのほうは開始からダメ! 朝から外道のアタリもなし・・・。

しかしすぐ隣のおじいさんは700gくらいを上げてました。この方は2匹上げたと思ったが、一匹はオニではなかったよう。

このまま昼が過ぎ、今日はボウズか・・・。いやいやそんなわけがない。

2~3回アタリは感じたが、送って食わせてもしっかり食いつかず針掛かりしないような感じ。

13時頃、流し変えで、水深160mのアナウンス。ずいぶん深いな~。

着底させ、アタリを待つと・・・コンコンと竿先がおじぎ。

よし! 送り込みを慎重にかつ比較的長めに。

合わせを入れると、手応え!

けっこう重い!

ドラグを緩めておく。

上げてくるときにオニ特有のゴツゴツと引き込む。

が!? ゴツゴツ回数が多すぎる。底から上までずっとその調子。

オニではないのか? まあサメではなさそうだし、手応えもあるしワクワクドキドキ。

魚が水面に現れる。オレンジだ!でも想像より小さい。

あれ?もう一匹ついている。一荷だ!!!

32cmと35cmの嬉しいオニダブルでした。

道理で下から上まで暴れるはず。重量は2匹分で、交代で暴れてたのでしょう(笑)

その後は音沙汰なし。しかしオニだからおみやげはこれで十分。

前回宣言の「次は大きい」のでは?との突っ込みがあるかもしれません。一度に上げたのですから32cm+35cm=67cm。大きいですね(笑)

当日の船宿発表は、船中釣果は0~2匹でした。(8~10人乗船)
もう一人2匹の人がいて、帰りの船宿で写真をとってもらったが、ホームページ上では私の写真はボツになっていました。

一荷を釣ったということで、当日同船していたスポニチの人に写真と取材を受けました。多少気分が良かったので「そうですね、ボクの場合は、オニの誘いもアオリ感覚でやってしまってるんですよ」なんて適当なことを話してましたっけ(笑)

庄三郎丸さんでは帰りにカニ汁を出してくれました。店の人は積極的にお客さんに声をかけ感じのいい船宿だったです。そういえばカニ汁をいただきながら聞いたんですが、大きな地震があったそうで。海上では元々揺れているので誰一人気付くわけはないですよね。

オニは、早速しゃぶしゃぶと、内臓(肝・胃・腸)の湯がきポン酢を、前回釣ったオニのヒレ酒でいただぎました。これはたまらない美味さです。明日は、薄づくり刺身と、唐揚げです! オニはとにかくうまい!

【今日の釣果】
オニカサゴ2(32cm、35cm)

次回は、ボートがダメならアマダイ乗合かな?
タグ:オニカサゴ

葉山長者ヶ崎 大海荘ボート ティップラン・一つテンヤ(甘エビ・サバ餌)・ヒラメ狙い 2012/1/15 [ボート釣行記]

北風弱風の予報で、日曜日に釣行決定。

まず往き道ティップランアオリ。

30分くらいして、アオリ500gGET。

その後、前回、マダイ気配濃厚のポイントへ向かい、その近くでアオリ船が探っていたポイントでティップラン。

ダメ!数回で根掛かりエギロスト。。。ここはバーチカルでしか攻められない。

一つテンヤに変更。

エサは甘エビ。これがよければ、なにも高価な冷凍ウタセエビを買う必要がない。人間の目から見れば甘エビのほうがおいしそうだし。

う~ん、やはり甘エビがウタセより劣るのか?単に食いが渋いのか、魚の反応なし。

しかししばらくして、コクンという静かなアタリ。即合わせで、ワニゴチ40cm級GET。
ワニゴチはかなり美味い。これで今日のおみやげは確保。
(後から調べると、どうもワニではなくイネゴチのよう。でも刺身でかなり美味かったです。)

9時の潮どまり直前に、再度ティップラン。アオリ300gGET。即リリース。

続いて、底取りでシャクリで600g級スミイカGET。実績ポイントをもう1,2ヶ所探るも反応ないので、今度は、ヒラメ狙いの一つテンヤ&サバ餌に変更。

全然、反応なし! 昨年、2匹ヒラメを連釣したこの成功体験はどうやら捨て去る必要があるようだ。

そのまま沖に流れ、水深50~70mに。

ここでオニカサゴ仕掛けを降ろす。このあたりは、大海荘のMさんがアマダイそしてオニカサゴも釣ったことがあるポイントのはずだ。

サバ餌では何のアタリもない。

そのうち魚探にイワシのかなりデカイ反応。よしっ!ヒラメの活餌確保とばかりにサビキを降ろすが、喰わない?!

こんな巨大な群れで、なんとかイワシ2匹だけ(笑)確保。

オニもあきらめ、このイワシでヒラメ狙いで浅場へ大きく移動。

まず根際の砂地を狙う。イワシ付けた仕掛けを降ろし、あれ?ここならアオリも狙えるな?と、ヒラメ竿を置き竿にティップラン。

まずティップランで、非常に小さなコクンコクンといったアタリ。揺れアタリほど竿先は小刻みに動かないがアタリと確信できるアタリ。

合わせると乗った!かなり重い。いちおうグイングインする。

上げると、白い。。。ふくらんだフグ? いや違う、モンゴウ800g級でした。

ポイントを少し根に近づけ続けると、さっきと全く同じアタリ。合わせると乗った! 今度はアオリ400gでした。

さらに連釣で、また重い。またモンゴウ800g級でした。

ここでティップランは終了。

前回、イワシ餌で即アタリのあった場所へ移動。

イワシも死んでいたのでラストの2匹目に変える。かなり元気がいい。

仕掛けを降ろすと! また前回と同様、即ガツガツガツといったアタリ。

今回は、丁寧に丁寧に。ゆっくり聞き合わせしながらも慎重にやり取りするが掛からない。

魚がイワシをかかえている感触がありながら、根が険しいところ、痛恨の根掛かり・・・。ラインブレイク。またダメでした。

根が厳しいところでシーアンカーもつけず流していたので当然でしょうか。

ヒラメ終了。

あと1時間くらい時間があったので、また一つテンヤ&甘エビへ

すると、コクン、スーっと竿先がおじぎするアタリ。合わせる乗った。頭を振るかなり強い引きにマダイの期待も、ジャンボホウボウ40cmでした。ホウボウの引きもいろいろですね。

今日はこれで終了。

地元釣り師のK氏の話では、別の日にスーパーで買った小アジをつけて流していたらヒラメが釣れたとのこと。
 
大海荘のM氏は、甘ダイ35cmくらい×2、ユメカサゴ無数、イトヨリ1を釣っていました。

【今日の釣果】
アオリ3(500、400、300g)
スミイカ1(600g)
モンゴウ2(800g、800g)
イネゴチ1(40cm)
ホウボウ1(40cm)
イワシ2(笑)
タグ:アオリ

2012年 初釣り2連荘 [ボート釣行記]

3連休で、初釣りということで、7日(土)8日(日)の2連荘釣行へ。

既に月2回釣行制限はクリア?!

7日土曜日は、三崎えいあん丸さんオニカサゴへ。

10人乗船。

開始から渋い!!!私のいる右舷では、ムシガレイ、サバ、カナガシラしか上がっていない。

ようやく私にも、大サバ。

これはうまそう。しかし、釣りたてのサバを餌にするとよく釣れると言われています。
シメサバを断念し、ここはオニ狙いで切り身エサに。

それでもオニは顔を出さず、なんとか30cm沖メバルGET。

重いオモリを担ぎながら、ようやく13時頃に私に船中1号? しかし小さい25cm級。

その後、反対舷(左舷)の人がやって来て、左舷側はオニはゼロとのこと。齧りもなし

私のいる右舷も、私の小オニ以外上がっているのは見えなかったが・・・電動リールの巻き上げ音ごとに確認できるので・・・。

ただ、当日の船宿釣果は0~2匹。ほとんどゼロだった中、なんとか1匹でも上げられたので御の字です。

しかしオニも悩ましいですね、この翌日(8日)の船中釣果は0~5匹でした。

まあ今回、小さいとはいえ、1匹でもGETできれば満足です。
あと、沖メバルも最高の獲物、かなり旨かったです。
エサにしてしまったサバは・・・仕方なし。

にしても乗合は楽でいいですね!!!


翌日の8日、日曜日は、いつもの葉山長ヶ崎、大海荘へ。

アオリは沖への往き道トライ30分、反応なし。澄潮続きの情報なので、一つテンヤへ変更。

エサは、昨年の残りエビエサ1パックだけ。

サバフグもエソも来ない上、生体反応なし・・・。

北風が意外に強く、そのまま沖に流され、水深60m近辺で魚探にイワシの群れ。

イワシ群れの中、一つテンヤではアタリがないので、急いで、サビキを用意して落とすと、カタクチと小さなマイワシGET。総計で5匹程度GET。

あっという間に群れは移動。もう少し欲しいので群れを追おうとしたが、沖はかなり波が高く・・・。

怖くなり岸側に戻ろうとしたが、高い波でスピードを出せない。予報では問題なかったはず。。。

やはりボートでの深場は慎重にいこう・・・、甘くみてるといつか大変なことになる。あまり泳げない(関係ないか・・・)私は心に命じました。

なんとか浅場に戻り、ヒラメのいそうなポイントでイワシの泳がせを開始。

仕掛けを着底させると、イワシがプルプルプルと泳ぐ感触。

直後ガツガツとアタリ。なんと1投目で早速アタリ。

ここは焦らず、そのまま置いておくと、竿先がグッと引き込まれた。

ここで上げたが、軽くなる。。。

イワシを見ると、ナイフで切られたような傷跡。まさしくヒラメだ。

今回、泳がせをやるつもりはなかったので、竿が固めの1.8m船竿。

ヒラメが齧ったのはいいけど、違和感から吐き出したのでしょう。

でもその時は、今日はヒラメ楽勝だなと続けるも音沙汰なくなる。

もう1回だけアタリと引き込みあるも、上げると軽く、イワシも無くなっていたので、正体見当つかず。

イワシもなくなり、エビエサが5~6尾残っていたので一つテンヤを再開。

海底地形図で見当つけたブレイクポイントからスタート。

すると即反応あり。

まずチャリコ1GET。

その後続いて、マダイらしき掛かり。チャリコではないそこそこの引き、ただ1kgはまずいかないくらいの感触。

2回続けて掛けたが、やはり食いが渋いのかかかりも甘く、バラシ。

その後、チャリコを1匹追加。

朝、私のマダイ実績のところであれだけ渋かった日に、落とすごとに反応あるこのポイントは正解か?

サバフグ、エソが非常におとなしい中、今後、期待が持てる。

このポイントの若干岸寄りでは、西のアオリ乗合船が丹念に攻めている。当日の釣果は「東でポツポツ上がる」とあったのでそこそこ釣果があったのでしょう。

おまけに、少し外した地点ではヒラメ船が攻めている。先日私がヒラメを掛けたポイントの岸側への延長ラインだ。

しかし、私のほうは一つテンヤでいい感触ながらもエビエサが尽きる。一つテンヤまだまだいけますね。

その後、サバ餌、アジ餌、イワシ餌、ワームに変更すれども反応なし。

今回は、チャリコ2匹だけでしたが、情報入手としてはいい結果でした。
ボート釣りでは、このプロセスがどうしても一つ必要です。

【2連荘釣果】
(7日)
大サバ40cm1
沖メバル30cm1
オニカサゴ25cm1
(8日)
チャリコマダイ2

今回、オニもチャリコもリリースサイズでしたが・・・貧果なので、持ち帰り。

オニは、やはり旨い。旨みの濃いタラバ蟹のよう! 次回はデカイです。

メッセージを送る